« 中国がやばい | トップページ | ピングドラムの嘘とガンダムXの真実 »

カダフィ大佐、休戦で済まず九泉にいったとな。

サヨーナラー(_´Д`)ノ~~リビアの最高権力者、さようなら。

リンク: カダフィ独裁政権崩壊で、日本が追求すべき「リアルな可能性」 - 速報:@niftyニュース.

(  ̄^ ̄)ゞリビアの人たちはご苦労様でした。

カダフィ大佐を董卓と同じくしないようにリビアの人たちはこれからもがんばってください。

独裁者は倒したので、リビアは未来の治世のために更に節を重んじて襟を正してがんばってね。

上のlink先のように董卓が死んでも子分達の混迷が続くとも限らんし、後の人たちが失政ではこれまた不味いのだから。

φ(・ω・ )メモメモ某名作小説の言葉が思い出される。うら覚えだけれど

名君の名君たりえるのは名君であり続けること。

|

« 中国がやばい | トップページ | ピングドラムの嘘とガンダムXの真実 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

諸葛鳳雛殿、コメント万歳です。
>カダフィ大佐が死んで一概によかったとは言えないと思います。

 ですよねえ。ブログの記事にもそのマイナスリビアのものがよくありました。古代から変わらんですね。人の統治の難しさは。

>他国へ軍を送る余裕がないからツイッターやフェースブックを操作し意図的に革命を起こして邪魔者を倒す方法に変えたそうです。

 ほおう、新手の情報戦術ですか。まるで伊達政宗を思い出すなぁ。。歴史を読むと似通ったパターンが思い出されるので面白いと言うか人はあまり思考パターンが変わらないのかとか色々考えさせられますね。

>リビアが東と西に分裂するかもしれないという話も聞きました。

 大いに有り得ますね。部族間同士が争うままなら起こりえますね。

>ムバラクの貯め込んだ財産はすべてアメリカが略奪したそうです。おそらくカダフィの資産も略奪されるのでしょう。

 coldsweats01アメリカより子分達や敵対していた部族たちが分捕りそう。。。やれやれ、敗者を辱めずの精神は今の世で誰も持ち合わせていないのですかね。

投稿: 五遷 | 2011年10月23日 (日) 20時36分

 カダフィ大佐が死んで一概によかったとは言えないと思います。
なぜならベンジャミン氏によると今回の革命はアメリカが仕組んだものだからそうです。
他国へ軍を送る余裕がないからツイッターやフェースブックを操作し
意図的に革命を起こして邪魔者を倒す方法に変えたそうです。
要するに欧米による石油狙いの大義なき戦争だったのです。
 それにこれからは欧米による石油利権の分捕り合戦がはじまります。
今まではカダフィが部族をまとめてきましたけど思いがなくなったので
これからはリビアが東と西に分裂するかもしれないという話も聞きました。
チュニジアやエジプトもそうですけどこれからの
リビアは混乱が待ち受けていると思います。

 それにカダフィは化石水という1万年前に地下に溜まっている水を使って
灌漑用水に使ったり砂漠を緑化するプロジェクトを進めていたそうです。
今回の革命でもちろん止まってしまいました。
でもカダフィは航空機爆破のテロだの民衆の弾圧など
やりすぎましたからねえ仕方なかったのかも。

エジプトのムバラクもアメリカの言うこと聞かなくなったから
アメリカがツイッターやフェースブック使って意図的に革命を起こして追い出したとか。
ムバラクはそんなに酷いやつではなかったんですって。
ちなみにムバラクの貯め込んだ財産はすべてアメリカが略奪したそうです。
おそらくカダフィの資産も略奪されるのでしょう。

アメリカの次の標的はシリアです民衆による暴動が起きていますが
アサド大統領の運命はどうなるか。
最終的にアメリカはサウジの王家を革命で失脚させて石油を分捕る計画のようです。

投稿: 諸葛鳳雛 | 2011年10月22日 (土) 17時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504963/53055496

この記事へのトラックバック一覧です: カダフィ大佐、休戦で済まず九泉にいったとな。:

» 遅れてきた民主化の波によって狂犬が死んだ [閑話ノート]
リビアのカダフィ大佐が潜伏先の出身地シルト近郊で拘束され死亡した。拘束されたのになぜ死んだのか?狂犬病が怖いのか?情報が錯綜していまだ分からない。いずれにしても狂犬の死をもって、カダフィ時代が名実ともに終焉したのである。 中東・アラブ諸国の独裁政権は民...... [続きを読む]

受信: 2011年10月22日 (土) 17時07分

» リビア国民評議会、カダフィ大佐死亡を発表 全土解放宣言 [ネット社会、その光と影を追うー]
42年間の独裁を敷いたリビア元最高指導者カダフィ大佐の死やカ [続きを読む]

受信: 2011年10月22日 (土) 18時00分

» リビヤ カダフィ氏 死亡 ! [王様の耳はロバの耳]
カダフィ氏死亡、リビア暫定首相が発表 国づくり本格化(朝日新聞) - goo ニュース 今朝20日の読売新聞一面は「カダフィ氏死亡」と大きく見出しを掲げています。 早朝のTVニュースとあわせると: カダフィ氏は最後の根拠地中部のシルト攻撃から逃れる為車列を組んで逃...... [続きを読む]

受信: 2011年10月22日 (土) 18時03分

» カダフィが死んだらしい 動画あり [zara's voice recorder]
カダフィ大佐死亡、国民評議会が発表  リビアの国民評議会(NTC)は20日、最高指導者だったカダフィ大佐が死亡したと、中東の衛星テレビ、アルジャジーラを通じて伝えた。トリポリは祝賀ムードに包まれている。 しかし、カダフィ大佐は拘束されたとの情報もある。また…... [続きを読む]

受信: 2011年10月22日 (土) 18時51分

» リビアのカダフィ大佐死す [虎哲徒然日記]
リビア暫定統治機構の国民評議会(NTC)当局者は20日、元最高指導者のカダフィ大佐が、拘束時に受けた負傷によりシルト近郊で死亡したと明らかにした。(ロイター) これまで ... [続きを読む]

受信: 2011年10月22日 (土) 19時15分

» カダフィ大佐死亡〜国民評議会 [ぼけ〜〜〜っと人生充電記!]
 リビアの大部分を支配する「国民評議会」のホガ副議長は20日、元最高指導者・カダフィ大佐が死亡したと発表した。中東の衛星テレビ局「アルジャジーラ」は、カダフィ大佐とみられる映像を放送した。男性の遺体とみられ、衝撃的な部分も含まれている。 ホガ副議長は2...... [続きを読む]

受信: 2011年10月22日 (土) 19時53分

» カダフィ大佐、銃撃戦で死亡? [あれこれ随想記 ]
リビアの最高権力者であったカダフィ氏が、死亡しました。 カダフィ氏、銃撃戦で死亡?兵士が射殺?(読売新聞) - goo ニュース リビアの反カダフィ派組織「国民評議会」のジブリル暫定首相は20日、トリポリで記者会見し、最高指導者だったカダフィ氏の死亡時の状況につ...... [続きを読む]

受信: 2011年10月22日 (土) 22時54分

» カダフィ大佐死亡? [落ちこぼれのつぶやき]
当初の報道では彼の出身地付近で拘束されて両足を負傷しているとのことだったようですが、その後に死亡したということが確認されたとのようですね。もうすぐ発表されるとか。 リビアのひとつの時代が完全に終わったことになるのですかね。これでリビアの国民がよりよい暮...... [続きを読む]

受信: 2011年10月23日 (日) 13時37分

» リビア・カダフィ大佐死亡で42年の独裁に幕 [kintyres Diary 新館]
リビアの反カダフィ派「国民評議会」ナンバー2のジブリル氏は、最高指導者だったカダフィ大佐が死亡したと述べた。リビアでの大規模デモ開始から約8か月を経て、約42年間にわたった独裁体制は完全に幕を閉じることになる。全土制圧を受け評議会は近くリビア「解放」を...... [続きを読む]

受信: 2011年10月23日 (日) 20時17分

» カダフィ大佐、死亡? [いい加減社長の日記]
ついに、結末を迎えるんでしょうか・・・ AP通信によると、リビアの反カダフィ派「国民評議会」No・2のジブリル氏は20日、最高指導者だったカダフィ大佐が殺害されたと述べました。 同通信などによると、大佐の出身地の中部シル... [続きを読む]

受信: 2011年10月23日 (日) 22時14分

» ■カダフィ大佐「独裁者に復讐した」=カダフィ大佐を路上引き回し死亡・姿無残! [ 癒(IYASHI)]
中東の衛星テレビ局アルジャジーラなどのメディアは20日、死亡したリビアの元最高指導者カダフィ大佐が反カダフィ派連合体「国民評議会」の武装要員に拘束された際、生存していたことを示す映像を... [続きを読む]

受信: 2011年10月24日 (月) 16時17分

» カダフィ大佐、銃殺される [りゅうちゃん別館]
リビアの最高指導者カダフィ大佐が潜伏先のシルトで銃撃を受け、死亡した。     穴に隠れ「撃つな」絶叫 カダフィ氏の最期(asahi.com)   カダフィ大佐は頭部への銃弾で死亡、首相が検視結果を発表(ロイター) この報道、最初は私も半信半疑だった。 だがここま…... [続きを読む]

受信: 2011年10月24日 (月) 17時32分

» カダフィ大佐の始末書。 [プールサイドの人魚姫]
 「武力によって得た権力は武力によって奪われる」これはいつの時代も何処の国にも言える事であり、リビアに限った事ではないが、独裁者の末路はいつの世も同じ運命を辿るものである。  中東の暴君「カダフィ大佐」(ムアマル・アル・カダフィ)は、何故大佐と呼ばれ... [続きを読む]

受信: 2011年10月25日 (火) 08時43分

« 中国がやばい | トップページ | ピングドラムの嘘とガンダムXの真実 »