« 最後の奇策が当たった | トップページ | 結局、パソコンを買いました。 »

「塚原卜伝」第五回_BS時代劇 

#「最強の敵」

新右衛門は京で有名な剣術使いになっていく。

しかし、新右衛門は平賀丹後守(風間杜夫)に京をたつと告げる。

その頃、強い剣術使いがいると耳にする。

奥津源三郎。 剣術使いながら辻斬りを重ねる。

       

奥津源三郎の剣技の高さを評価していた新右衛門は、やむなく立ち会う。奥津源三郎がお前は昔の私だというが、新右衛門は俺はあなたと違うと言い切り互角の斬り合いに終止符を打つ。

勝ち続ける新右衛門だが、自分の今後のことを考える。

( ̄ー+ ̄)ようやく伊勢宗瑞の言葉が実感できるレベルになってきたようです。。。

|

« 最後の奇策が当たった | トップページ | 結局、パソコンを買いました。 »

時代劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504963/53146501

この記事へのトラックバック一覧です: 「塚原卜伝」第五回_BS時代劇 :

» BS時代劇『塚原卜伝』 第五回 最強の敵 [レベル999のgoo部屋]
『最強の敵』 内容 相次ぐ御前試合の勝利に新右衛門(堺雅人)は、京に名を轟かせはじめる。 挑んでくる腕に覚えのある者たちを、軽く退けていく新右衛門。 その新右衛門の神妙な様子に、左門(平岳大)は違和感を感じていた。 やがて、平賀丹後守(風間杜夫)に京をたつ...... [続きを読む]

受信: 2011年11月 2日 (水) 21時20分

» BS時代劇「塚原卜伝」第5話 [またり、すばるくん。]
第五回「最強の敵」 [続きを読む]

受信: 2011年11月 3日 (木) 00時26分

« 最後の奇策が当たった | トップページ | 結局、パソコンを買いました。 »