« ぼろぼろになるまで使い切る。 | トップページ | 聞くと見るとは大違い »

「塚原卜伝」第六回_BS時代劇 

#「一つの太刀」

モヒャ━━((゜Д゜Uu))━━山本勘助が弟子になったとなぁ。。。

自在の動きを目指している、一人稽古をする新右衛門。剣の型を覚えた以上は心の動きを目指している。

平賀の家を継いでもらうために鹿乃に父が深入りしないでとくぎを刺す。

鹿島では兄亡き後の弟が当主となったが、政治は兄と同じ武断政治だった。鹿島は依然として暗雲が晴れないでいた。

将軍の警護役になっていた新右衛門だが、白昼夢を見る。これまで殺してきた武者たちの亡霊が魔道に誘おうとしていた。新右衛門は魔道の中で刀を抜こうとするが物忌が誘われてはならぬと新右衛門の妹が姿を現す。そこで白昼夢から目を覚ます。

途端に後ろから斬ろうとする武者がいたが、振り向きざまに斬りかえす。後でその者は管領家の間者であった。なぜ斬りかかったのかは平賀が明かしてくれた。

 

(・_・)エッ....?勘合符を全部、義興に渡す将軍に管領・細川が激怒する。

鹿島に戻ろうと決めた新右衛門。神がそれを認めるかのように、大内家に将軍から勘合貿易を任せられることになった。喜ぶ大内義興はもう京に用はないと直ぐに周防に帰国することに決める。平賀には周防に戻って出迎え支度を命じられる。

神から遠く離れている。死の恐れにとらわれているのか、わからなくなった自分をもう一度見つめなおすと平賀殿に申し上げる。鹿乃とも別れる。

神託を真尋に託して物忌が亡くなる。

神のご加護をひたすら祈れと。物忌の遺言を真摯に受け止め、鹿島大神宮で俗世を断つ修行に入る

父、母も新右衛門の行為を無謀と思って不安に思うが、真尋、左門たちは新右衛門の志が高いことを信じて見守るのだった。

 

千日参籠が終わる前夜、新右衛門は鹿島の剣の祖霊と戦う。

オオ、剣の形が素敵だ━━ψ(`∇´)ψ━━!!!!!!

私を感じろと祖霊が語りかける。新右衛門が目をつぶると神託が下された。

畏れるな、心新しくして事に当たれ。
己は相手とともにある。

唯一無二の鹿島の剣を新右衛門はつかむのだった。

 

 (*^ω^*)ノ彡いい展開だなぁ。剣の形もすごく良かった。。。

|

« ぼろぼろになるまで使い切る。 | トップページ | 聞くと見るとは大違い »

時代劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504963/53178473

この記事へのトラックバック一覧です: 「塚原卜伝」第六回_BS時代劇 :

» 日本のお米には神様の御霊が込め入れてある [【 日々の感謝 】]
水田 前年実った種籾を潤いをもつて保存し、春に種を蒔き、田植えをし、水の管理や草取りなどの作業を通じて、秋に実りの稲米を収穫いたします。 水不足や、台風の襲来、じりじりと熱暑の日の草取り等、一年を通じてのお百姓さんの農作業が八十八の行程があるから、米の...... [続きを読む]

受信: 2011年11月 7日 (月) 11時33分

» BS時代劇『塚原卜伝』 第六回 一つの太刀 [レベル999のgoo部屋]
『一つの太刀』 内容 新右衛門(堺雅人)が回国修行に旅立ち10年が経っていた。 数多の戦いに勝ち抜き、門弟を多く抱えるようにまでなり、 自らは山で自分を見つめる修行の日々を送っていた。 しかし、血に濡れた手は死の恐怖を生みだし、剣に迷いが生じはじめていた。...... [続きを読む]

受信: 2011年11月 8日 (火) 17時24分

» BS時代劇「塚原卜伝」第6話 [またり、すばるくん。]
第六回「一つの太刀」 [続きを読む]

受信: 2011年11月 8日 (火) 17時52分

« ぼろぼろになるまで使い切る。 | トップページ | 聞くと見るとは大違い »