« 恤民の心もなく、国家戦略もない、民朱党マニフェスト全滅。 | トップページ | 何か読む方がためになる »

悪くはないが震えなかった。

輪るピングドラム最終回を視聴した。

wink予想したよりも楽しめなかったが、悪くはなかった。 ただ、高倉兄弟が消えて転生?したような事件解決後の展開には漫画で前にも見たので、そこに落ち着いたのかと思った。

愛には痛みを伴うとは素直にわかった。その点も良かった。

でもやはり仁(ドラマのではなく仁義の仁)の奥義にはたどり着いてない。

やはりアニメに道楽しく、血沸き、肉躍る物語を期待するのは無理なのかもしれない。

|

« 恤民の心もなく、国家戦略もない、民朱党マニフェスト全滅。 | トップページ | 何か読む方がためになる »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504963/53548255

この記事へのトラックバック一覧です: 悪くはないが震えなかった。:

« 恤民の心もなく、国家戦略もない、民朱党マニフェスト全滅。 | トップページ | 何か読む方がためになる »