« キングダム 第九十話 | トップページ | キングダム 第九十二話 »

キングダム 第九十一話

信!中華一番!!

#「本領」

 羌瘣の剣舞が号馬6人を斬った!残り4人が一斉に四方に飛び距離をとった。考える前に体が危険に反応したのだった。それでも号馬の4人は羌瘣の剣の異常さに冷や汗が止まらない。 離れてみていた号馬2人が舞に意味があるのかと考えるが、逃げに徹し距離を保ち続けろと4人に命じる。

 剣舞は長続きしない、気づいた4人が待ちに出る。信も舌打ちするが、羌瘣の剣舞は逃げる号馬を捉えて斬っていく。焦る号馬と限界の羌瘣の戦いは3人も号馬が斬られ、羌瘣も力尽きて倒れてしまう。 燕呈と戦った号馬も突き殺された。

 刺客は3(号馬)と1(朱凶)でこちらは無力状態だと見た貂はどうしようもないと観念しかける。邪魔者はいないから王を獲れと号馬が仲間に命じる。 向と貂は近寄ってくる号馬に震える。

 それでも信はズタズタ状態で号馬の前に立ちはだかる。無茶だと貂は絶叫しかけ、号馬はふらふらの信を見て我らの勝ちだと喜びをあらわにする。命が終わるかもしれないのに、政は信に俺たちの粘り勝ちだと言ってきた。 訳が分からず何を言ってと信も号馬も言い返すと、クライマックスは突然やってきた!!

 ウソオ━━Σ(゚д゚;)首領格の号馬が投槍で刺し貫かれた━━!! 信、貂、向は驚愕したその光景の中で、その号馬が何者かぁと血を吐きながら叫ぶ。 黙れ下郎がぁあと吼えた男に号馬が真っ二つに斬り殺される。昌文君だった。

オワタ┗(^o^ )┓三 大王様の敵にもっとも怒る男がやってきた。。。。

|

« キングダム 第九十話 | トップページ | キングダム 第九十二話 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504963/54768091

この記事へのトラックバック一覧です: キングダム 第九十一話:

« キングダム 第九十話 | トップページ | キングダム 第九十二話 »