« キングダム 斜陣がけ第六話 | トップページ | ガンダムAGEの記事を初めて書いた。ええと。。。 »

キングダム 斜陣がけ第七話

#「恐ろしき山の民」

参照陣地

;:゙;`(゚∀゚)`;:゙殆ど上記参照のお話に忠実で、改編カットされた部分は全て信に焦点を当てるためのもの者だと分かる。 馬酒兵の話もあったし、昌文君が信に本気で大王を頼んだこと、漂のことを謝っていたこと等のメインな展開はばっちり描かれていた。

movieカットされた箇所: 政と貂の会話で山の王が商や周王みたいなものだと知的会話になった(16話) 政が修羅場をくぐっているのだと信が思う(17話) 挿入: 王騎将軍が昌文君の言葉を思い出し、政の器量が昭王に勝るのか思案する。 改編:山の王への道を信が訊ねる(原作#16では貂)。 追加:山の民が竭氏の兵を殺した。

o(*^▽^*)o満足だな、今回も。。

|

« キングダム 斜陣がけ第六話 | トップページ | ガンダムAGEの記事を初めて書いた。ええと。。。 »

一期一画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504963/55210585

この記事へのトラックバック一覧です: キングダム 斜陣がけ第七話:

» キングダム 第7話 「恐ろしき山の民」 [北十字星]
キングダム 6 [DVD](2012/11/30)森田成一、福山潤 他商品詳細を見る 信に襲い掛かる昌文君。 今の自分よりも信のほうが強いことを 証明するために襲い掛かったのだろう。 はたして、嬴...... [続きを読む]

受信: 2013年5月21日 (火) 05時54分

« キングダム 斜陣がけ第六話 | トップページ | ガンダムAGEの記事を初めて書いた。ええと。。。 »