« ローゼンメイデンTALE42 五遷 EDIT. | トップページ | ローゼンメイデンTALE44 五遷 EDIT. »

ローゼンメイデンTALE43 五遷 EDIT.

第四十三編「平穏な日常」

  1. edition「常在戦場」 120126初記

 

∑(゚∇゚|||)あんた、だれよ?? 水銀燈と金糸雀にお姉サマと呼ぶ人形が鏡から見える。自分たちと作りがまるで違う人形に金糸雀がお父さまの隠し子と思うが、水銀燈は吹き出してしまう。 

こんなジャンクをお父さまは作らないと吐き捨てる水銀燈はようやく違和感の正体が見えてきたとつぶやく。それを聞いた金糸雀がすぐにみっちゃんの家にいたのはこの子なのと察する。 

その時に鏡が割れ、ジャンク人形が襲いかかる。撥ねつける水銀燈たちだったが、金糸雀があの人形はニセモノの世界の本物、まやかしの世界の正しい住人だと推測する。

きらきーが私たちを模して作った姉妹だとすれば、このまやかしの世界では自分たちがニセモノとして排除される可能性があると水銀燈に言う。

アワ((゚゚дд゚゚ ))ワワ金糸雀、目が据わっているな!! その金糸雀はそのジャンクの腕をつかみ、マスターのみっちゃんへの仕打ちにお仕置きする。ただし、水銀燈も一緒で。。。

 

「まかなかった世界=ローゼンメイデンの存在しない世界」

まかなかったジュンは大学生。巻いた世界から来た真紅達の影響で少し前向きに人生を送り始めている。

本屋のアルバイトは続いていた。あほ店長は自分が遅刻するわ、棚上げして説教垂れるわで初期ストーリーから進歩なしだった。

その店長から説教されたジュンは飲み物を買ってくるように言い渡される。買いに行くジュンに同じバイトのぶれない可愛さの斉藤さんが一緒に同行する。 ジュンは劇団の手伝いも続けていた。これからの人生設計に悩むがその度に真紅から教えられた言葉が思い出され、勇気の温床になっていた。

 

 消えずに残った薇と気の迷いで作った人形が真紅達が確かにいた証になっていた。ジュンは今でも真紅達を忘れずにいた。思い出しながらうとうとと。。。

部屋で寝込んでいた彼が目を覚ます。携帯には知らないテレビ通話の番号が着信してあった。知らないと言いつつも確信したジュン。 その番号から開いたものは…、

(◎´∀`)ノ懐かしい真紅、蒼星石、翠星石が見えた。 ジュン三ドールたちが久しぶりにまかなかったジュンを見て喜べば、ジュンも驚きつつも嬉しかった。その後で紹介された柏葉巴にドキマギしてから、まいたジュンの暴飲送りを聞かされ絶句してしまう。

巻いたジュンのピンチを救えるのは貴方しかいないのと真紅が真顔で頼む。その眼差しから相当に困っているのだと察したジュンは協力すると答える。喜ぶジュン三ドールだったが、ジュンはどうすればいいんだと聞き返す。 真紅は電波越しに人口精霊に従ってと言うのだが、携帯がなぜか圏外になってしまう。 呼びかけるジュン。だが、その後ろから…、

モヒャ━━((゜Д゜Uu))━━人形から出てくるツタが巻かなかったジュンに襲いかかろうとしていた!!!!!!

嗚呼(_´Д`)ノ~~まさに常在戦場よのう。。。

|

« ローゼンメイデンTALE42 五遷 EDIT. | トップページ | ローゼンメイデンTALE44 五遷 EDIT. »

薔薇乙女」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504963/55565417

この記事へのトラックバック一覧です: ローゼンメイデンTALE43 五遷 EDIT.:

« ローゼンメイデンTALE42 五遷 EDIT. | トップページ | ローゼンメイデンTALE44 五遷 EDIT. »