« 信約キングダム 126回 | トップページ | 信約キングダム 128回 »

信約キングダム 127回

キングダム編 第127話

#「上手」
 飛信隊と馮忌本陣の精鋭たちの戦いが続く。 混戦模様で飛信隊が次々に敵戦列を突破していく。本陣から止めろと怒号が飛び交うが、全然効果ない。 遂に業を煮やした一人、強者の収という騎士が騎馬の信にめがけて突進してきた。

 嗚呼、趙左軍を串刺しにさせたハゥの防壁の隊長さんだぁbleah フォォオオと凄い掛け声で騎馬の信を大刀できりつける。何とか刀で抑えたものの信は落馬しかけるほどに吹っ飛ばされた。⇒後の姜廆が鞍にしがみついて座っていたから痛そうだナァ。。。gawk

 体勢を崩した信に止めをさそうと収が襲い掛かる。しかし、後の姜廆が信の顔を手でどかせて収を斬り殺した。 後から襲い掛かる騎馬兵も体勢を立て直した信が斬り殺す。 趙兵達が手強い二人乗り騎馬兵士二名に狙いを定める。それも他の伍長達の活躍で遮られてしまうのだった。とうとう本陣にも焦りが生じ、将軍馮忌は飛信隊を睨みつけながら黙考していた。

秦本陣の王騎将軍はきちんと戦局を見ていた。ってどれだけ視力高い?? 副官・騰は飛信隊の勢いを誉め、敵将の馮忌にこの混戦から打つ手はあるのでしょうかと大将軍に問う。王騎は騎馬部隊が密集地に留まっている不利も加えて混戦では打つ手は無いと答える。 特に馮忌にはと。

 王騎は続ける。こちらの左軍を倒した手腕は鮮やかだったが、その代償として飛信隊を懐深くまで侵入させてしまっている。軍師クラスの頭脳を誇る馮忌は遠・中距離の戦には強いが近距離は強くない。だからこそ飛信隊の見落としは馮忌には取り返しのつかない痛手だと。

 飛信隊が徐々に本陣の牙旗に迫る。⇒牙旗は将軍の旗のことです。牙旗が大きく見える距離にまで来た伍長達、隊長の信の騎馬が混戦を突破した。副官・騰はこのまま決着ですかと問うと、王騎は馮忌にもこの状況を挽回する方法が一つだけあると楽観はしない。

それは…、それは再び距離を作ること★

w(゚o゚)w鳥肌立つほどのこの展開!! 作者の演出センスにはコードギアス、マクロスフロンティア製作全スタッフですら太刀打ちできないだろう!!!(当時)

百五十人の本陣兵士が三十の部隊から距離をとって逃げる! 伍長の尾平以下、全ての飛信隊が呆然と佇む。⇒あの姜廆ですら表情を変えてしまうとは。。coldsweats02 

 まずいと姜廆は直ちに不利を悟る。たった一手で敵を死地に叩き落した馮忌の手並みに趙本陣から見ていた軍師・趙荘は流石の言葉しか浮かばなかった。 距離をとった馮忌はすぐさま騎馬隊を飛信隊に差し向ける。

 圧倒的に不利になった飛信隊に加速する騎馬隊が襲い掛かる。隊長の信はこのままでは他の部下たちは殺されると動けない。 戦友の尾平伍長が行け、ここを抜けろと死を覚悟して言葉が漏れる。⇒魂が抜けたような表情が尚も凄惨な状態であるとのムードが心を震わせる。。。 尾平が大将軍になるんだろうがぁああとやせ我慢フルモードで信に言っている。しかし、信は見捨てられず、留まってしまう。指揮官として致命的な行為に後ろにいる姜廆にすまねえと言葉をかける。姜廆は何も言わなかった。⇒まるで何かを思いやるかのようなC.Cみたいです。 チェックメイトをかけた馮忌がこれで終わりだネズミ共と手こずらせた飛信隊を睨みつける。

姜廆「あやまるな、まだ終わっていない。」 C.Cwinkのごとき表情で一緒に乗っている信に姜廆が囁く。

 モヒャ━━((゜Д゜Uu))━━!!!!!!そらから槍が降ってきたぁああ!!! 槍が趙の騎馬隊を殆ど刺し殺していく。絶望から救われた飛信隊の殆どが驚愕する。 驚きは趙本陣も同様。

 突如、正面から襲われた。その部隊を率いるのは血まみれた秦右軍の軍将・干央が率いる部隊であった。⇒おお、槍に刺されて倒されたのに生きていたのかぁ!!

 

info02quotation:義風捫虱堂「戦う者に道が2つある。勝利と、死と!」080920 

φ(・ω・ )2012年回顧メモメモ

アニメ化したいというのなら、姜廆の声役はゆかな氏にせよheart01!!

happy02当時はそう言っていたなぁ。でもアニメ化してから羌瘣の声はやはりプロであり、その声で良かったと思った。。。 

|

« 信約キングダム 126回 | トップページ | 信約キングダム 128回 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504963/56034479

この記事へのトラックバック一覧です: 信約キングダム 127回:

« 信約キングダム 126回 | トップページ | 信約キングダム 128回 »