« 信約キングダム 156回 | トップページ | 信約キングダム 158回  »

信約キングダム 157回

キングダム 第157話

「戦国○○○○●●」が跳梁跋扈しやがろうとも
この漫画を読む限り、人が戦いで背負うものの大きさに感動できる。

 趙と秦の戦いの火蓋が切られてから五日目、遂に両軍の総大将が相対する。秦軍は兵10,000、趙は12,000で、騎兵は両軍共に4,000だ。

 秦軍歩兵の中にあって半数以下となった飛信隊。それでも戦意は衰えず、隊長の信は最終決戦だと激を飛ばして隊士達の士気を上げる。

motorsports大天旗を掲げよ! そんな百将如きの士気などふっとばすほど、趙の軍師・趙荘は大天旗を掲げる。すると、趙全軍から凄まじい歓声が上がり、士気が燃え上がっていく。

ようやく知ったよ、三大天の一人があの化物(龐煖)さと。 趙から凄まじい士気が発せられて信が驚く。伍長のひとり、沛狼が大天旗を見て趙の三大天がいると気がつく。別の伍長のひとり、松左も三大天は最後の一人・廉頗大将軍が昨年に魏国に亡命してから費えたのになと新たな三大天出現に驚く。⇒ちなみに他の二名はとっくに病死していますね。三大天は趙最後の名君の下で揃っていました。 自分達を全滅まで追い詰めた化物が新たに復活した三大天と沛狼もようやく知ることになった。何のことかさっぱりと沛狼の言葉を聞いても分からない信でした

>> ~(°°;)))オロオロ(((;°°)~まさにあふれた才能を持っても経験が絶対的に足りない桜木花道状態の信です!!

 敵の士気が高まったのを見ていた秦軍。にわか三大天でも効果は絶大ですねと幕僚が口にする。それを聞いていた王騎は嘗てあの三人の華々しい戦歴は国内外に轟いていたからと、新たな復活を知れば兵士達の士気が跳ね上がると読む。

 ではこちらも六将旗をと騰が言うが、そんなものはないですよと王旗がツッコム。⇒wink騰のボケボケでした。 王騎があの軍と戦うとはと懐かしさがこみ上げるが、さっそくに気おされた味方の士気を跳ね上げようと久々にあれをと行動に出る。

 三大天が何かを知らなくとも戦場の空気に敏な信は味方が気圧されていると心配する。このままじゃ向こうに勢いがついたまま戦いが始まると不安は募るのでした。しかし、それも味方の大きな歓声で不安が止まる。

 大きな歓声が味方から出ていることに驚き、姜廆もその大きさに耳を両手でふさいでいる。⇒何気にそのしぐさが愛らしいheart04 歓声の原因は大将軍・王騎が自ら全兵士の前で閲兵をやっていた。初日に左軍に自らの姿を見せて士気を上げた様に、また大将軍自ら姿を見せて兵士の士気を高揚させたのでした。信の前で大将軍が颯爽と大刀をかざして走る姿に、全兵士は手を挙げて応えるのでした。>>大将軍の士気高揚は見事成功。兵士の士気はマックスハートでございます(≧∇≦)!!!

 姜廆の手が恥ずかしそうに手が半分だけ上がっている事も(*^ー゚)bグッジョブ!!

秦軍の士気が趙のそれを上回ったことに腹立ちを隠せない趙荘ですが、調子こいているのも今のうちだと王騎をのろっています。⇒shadow死亡フラグがたってしまうようなことをしています。。。 さてさっそく始めましょうか趙荘さんと王騎が信にも聞えるように口を開いた時に戦端が開く。

騰騎馬隊出陣! 騎馬隊全部を副官の騰が率いて敵陣へ突っ込みを駆ける。直ぐに趙荘が歩兵と弓兵を使って迎撃準備に入る。射程に入った秦軍騎馬隊に矢が飛んでくるが、巧みに騰が騎馬隊を右に転回させてかわす。右に右にと騎馬隊が逸れて行きながらも敵陣の懐に近付いた騰騎馬隊は難なく敵陣の中に入る。⇒騰の剣が何気に矛の刃を斬り飛ばしている。剣術うまいんだなぁ。sun。。

 敵陣に入ったけれどとんでもなく逸れて入って行ったぞと信が不安交じりに喋る。そこに王騎将軍はあれでいいのです、騰の狙い通りですよと信の不安に答える。さて、次は歩兵の番ですよと王騎将軍は、信に大仕事が待っていますと言うのだった。⇒百将なのに結構、大将軍と会話が多いな、こういうやり取りは本当に見ていて楽しいですねhappy01

 

おお、信の武功の臭いがするぜ。

info02quotation:義風捫虱堂「士気高揚」 090515

|

« 信約キングダム 156回 | トップページ | 信約キングダム 158回  »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504963/56083118

この記事へのトラックバック一覧です: 信約キングダム 157回:

« 信約キングダム 156回 | トップページ | 信約キングダム 158回  »