« 雀 | トップページ | 大河ドラマとアニメと韓流 »

蹴散らして前へ

八重の桜 第3話

覚馬の回だった。。。

会津に帰ってきた覚馬。一緒に象山の蘭学塾で日本の未来を語り合った学友・尚之助も会津にやってきた。

江戸の英才達集う蘭学塾で学んだことを早速に藩の上役に意見書として提出する。その中には他藩の学友・尚之助を推挙するのもあった。⇒scissors自分の出世よりも異才を推挙するのは純臣の証。覚馬はえらいな。

黒船の脅威を見た覚馬はこれからは鉄砲が一番と吹聴するが、それは見ていない圧倒的多数の藩士たちには気に入られなかった。 この時代の常識によって、

∑(=゚ω゚=;)覚馬の意見はことごとく却下! 上役に武士の戦を説かれ、揚句には蘭学は間違ったとまでさんざん小言を叩かれる。 その前に鉄砲は足軽風情の弱虫が使う者とからかわれたので、遂にかんしゃくを起こす!

 黒船を見ている容保様がそんな判断を下すはずはない。藩主の御裁可をもう一度と言う。しまいにはあなた方は井の中の蛙だと暴言を吐いてしまう。 覚馬を庇いたい西郷は暴言に叱責を放つが、遅かった。。。

覚馬が禁足の処分が下る。 外出無期限禁止。。。。 ⇒象山、松陰とおんなじ化?

すっかりふてくされた覚馬。父も覚馬でなく下の弟に家業を仕込まねばと思い始めてしまう。 

(゚0゚)そんな理不尽な扱いに八重はたまらずに覚馬の前で実弾で鉄砲を試し打ちする! 初めて撃ったくせに的中した。驚いた覚馬は蹴散らして前に行くかと前向きに考えなおしたのだった。

その間にも日本は外国からの歴史を刻んでいた。⇒『篤姫』家定さんが懐かしかったなぁ(涙)。

 

|

« 雀 | トップページ | 大河ドラマとアニメと韓流 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504963/56586379

この記事へのトラックバック一覧です: 蹴散らして前へ:

» 『八重の桜』 第3話 「蹴散らして前へ」 [英の放電日記]
「何かを始めようとすれば、何もしない奴が必ず邪魔をする。  蹴散らして、前へ進め!」(象山)  確かにそうだ。  文化的、産業的には革新は必要である。  「変わらなければならない」  しかし、それが地球的となるとどうなのか?はなはだ疑問に感じてしまう今日こ...... [続きを読む]

受信: 2013年1月20日 (日) 20時38分

» 八重の桜 第3回 「蹴散らして前へ」 [青いblog]
今日はなんといっても覚馬ですわな。 よく俳優さんが上半身裸になるので撮影までに鍛えて来ることがありますけど 想像以上の鍛え方でびっくりました@@ 覚馬 「鉄砲は腰抜けの使う道具でねえ」 ...... [続きを読む]

受信: 2013年1月20日 (日) 20時38分

» 八重の桜 第3回 蹴散らして前へ [レベル999のgoo部屋]
『蹴散らして前へ』 内容 安政4年。帰国した兄・覚馬(西島秀俊)から、覚悟を決めるよう促され、 ついに八重(綾瀬はるか)は、砲術の勉強を本格的に始める。 ある日、八重が木の上で砲術の本を読んでいたところ、 毛虫に驚き、本を落としてしまう。 そこに偶然にも...... [続きを読む]

受信: 2013年1月20日 (日) 20時55分

» NHK大河ドラマ「八重の桜」 第3回「蹴散らして前へ」感想 [空色きゃんでぃ]
開国か否か!日本が揺れている! ぷるんぷるん! 八重もおにいちゃんに鉄砲を教わることに! かっちょいい(*´∀`*) 撃つとき目瞑っちゃう八重。わかる~撃ったことないけどw 目玉くりくり可愛いw 覚馬お兄様は失礼な侍と決闘! 鉄砲撃ちは下に見られてたんですね(´゚ω゚`;) ... [続きを読む]

受信: 2013年1月20日 (日) 21時08分

» 〔NHK大河ドラマ〕八重の桜 第3回「蹴散らして前へ」 徳川家定はインパルス板倉ではありません [しっとう?岩田亜矢那]
この時点で八重は12〜13歳。 綾瀬はるかは比較的童顔とは言え、さすがにちょっと無理がありますな。 これが大河ドラマの悩みどころ、 いったいどこまで子役で引っ張るかと。 まあ、それよりも今回の一番強烈な印象を残したのは 江戸幕府第13代将軍の徳川家定。 確...... [続きを読む]

受信: 2013年1月20日 (日) 21時54分

» 『八重の桜』第3回 [悠雅的生活]
蹴散らして前へ [続きを読む]

受信: 2013年1月20日 (日) 22時00分

» 八重の桜 第3回「蹴散らして前へ」 [あしたまにあーな]
始まって3回目を迎え、ようやく物語としても落ち着いてきてストーリーの組み立て方が分かってきたように感じます。八重の周辺、会津藩の様子、そして世の中の動向という3部構成で成り立っていて、今はまだ大きな変化がない八重の周辺を他の2つの内容で補っているという構図を見て取ることができるでしょう。これは、過去にさかのぼってみると篤姫などと同じ手法であることがわかります。 まず八重の周辺ですが、いずれ重要な関係になる尚之助との出会いを果たします。思いっきりベタな状況ではありましたが、そのあたりは演出の方法という... [続きを読む]

受信: 2013年1月20日 (日) 22時01分

» 八重の桜 第3回「蹴散らして前へ」〜「古い。あなた方は世界を知らぬ。まるで井の中の蛙だ」 [平成エンタメ研究所]
 尚之助(長谷川博己)は言う。 「会津は頑固ですから」  頑固なうえに、会津は葵紋の使用を許された御親藩の保守。  東北の地にあり情報も入りづらい。  だから、江戸で新しい世界を見てきた覚馬(西島秀俊)と衝突するのは当然であろう。  新しいことをしようとす...... [続きを読む]

受信: 2013年1月21日 (月) 09時11分

» NHK大河ドラマ「八重の桜」第3回「蹴散らして前へ」 [真田のよもやま話]
蹴散らせ!蹴散らせ!立ちふさがるものは木端ミジンコにいい~!・・あ、でもほら、守旧派の権化ってのがレーズンビートルみたいな会津藩でひたすら改革開国派みたいな感じの覚馬兄様ですけど、大丈夫なんですかねええ。このままのキャラ設定で突っ走ってたら山本兄妹は藩を裏切って討幕派に寝返りそうな勢いですけど・・・(汗)... [続きを読む]

受信: 2013年1月21日 (月) 09時38分

» 「夜行観覧車」第1話★TBSがつくると「意地悪婆さん」がメインになる [世事熟視〜コソダチP]
「夜行観覧車」第1話 ”湊かなえ”テイストではありません。 初回を見た限りでは、原作の主題を外れて面白おかしい部分に焦点を持って行き、派手にデフォルメしたあざといドラマ。 角川映画の全盛期に「読んでから見るか、見てから読むか?」というコピーをよく耳にしましたが、『夜行観覧車 第1話』を見て思ったのは《読んだら観るな》ですわ。 期待していただけに、「ここまで原作の持ってる良い部分を破壊できるものか」と落胆。 良くできた心理劇『夜行観覧車』をTBSが映像化すると、セレブな意地悪... [続きを読む]

受信: 2013年1月21日 (月) 13時05分

» 八重の桜第3回 [虎哲徒然日記]
ちょっと追いかけてみようかと思う。 3回目にして、少し話が動き出した感じがある。 江戸の見聞を持ち帰り、会津に蘭学所を開いて最新技術を伝えようとする山本覚馬。その構想 ... [続きを読む]

受信: 2013年1月21日 (月) 18時42分

» 八重の桜 第3回「蹴散らして前へ」 [D☆エディション]
何かを始めようとすれば何もしないやつらが必ず邪魔をする。 蹴散らして、前へ進め――。 今回、象山が語った言葉です。 先を進む者は理解されず、それでも進まないといけない。 今 ... [続きを読む]

受信: 2013年1月21日 (月) 21時29分

» 大河ドラマ「八重の桜」 #03 蹴散らして前へ [雨ニモマケズ 風ニモマケズ]
鉄砲を学ぶことが決まった八重。 それを教える覚馬も緊張の面持ち。 [続きを読む]

受信: 2013年1月21日 (月) 22時28分

» 八重の桜 第3回「蹴散らして前へ」 [昼寝の時間]
公式サイト 落とした本を拾う・・・なんという少女マンガチックな出会い(笑)。 覚 [続きを読む]

受信: 2013年1月22日 (火) 21時17分

» 八重の桜~第三話「蹴散らして前へ」 [事務職員へのこの1冊]
第二話「やむにやまれぬ心」はこちら。 前回の視聴率は18.8%。ご祝儀相場の終焉 [続きを読む]

受信: 2013年1月22日 (火) 21時36分

« 雀 | トップページ | 大河ドラマとアニメと韓流 »