« 早桜 | トップページ | ローゼンメイデンTALE56 そこで見るもの »

蛤御門の戦い

八重の桜 #12

故郷でも都でも正念場の戦い。

会津では八重が尚之助と縁談話、京都では蛤御門の戦い。

 

会津でも京都でも戦線は膠着状態(笑)。 兄として慕っていた尚之助との縁談に八重は戸惑いつつも、一線を超えないようにと断ろうとする。 そして、それは尚之助も同じことを考えていた。 じつはお互いに同じ気持ちだったと。。。catface

 京都では遂に長州勢が攻めてきた。会津が迎え撃つが長州の主力は別の場所だと気づいて蛤御門に移動する。 京の公家衆が今頃になって帝をお移し申し上げようと計る。⇒湊川でもそうだったが、こいつらっていつもこうなの?? 象山も大楠公もかわいそうにな。。。

 しかし、帝一途の容保様がやってきて動かないでくださいと懇願する。孝明天皇様もお気に入りの容保様ががんばると言うので、長州を討てとエールを送る。 御言葉を賜った容保様と会津が蛤御門で踏みとどまる。 

 それでも長州勢は負ければ明日が無いので死にもの狂い。押され気味になった会津の劣勢に、西郷隆盛率いる薩摩藩が新手に来た!

paper今回はいい戦いの回でしたな。。。

|

« 早桜 | トップページ | ローゼンメイデンTALE56 そこで見るもの »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504963/57024920

この記事へのトラックバック一覧です: 蛤御門の戦い:

» 八重の桜 第12回 「蛤御門の戦い」 [青いblog]
● 結婚を嫌がるというお約束 女主人公は親の決めたお見合いを嫌がる、否定的に描く…というのがデフォですが 別に決まり事にしなくてもいいと思うんだけどな。 女主人公モノで毎回だとちょっとな...... [続きを読む]

受信: 2013年3月24日 (日) 20時33分

» 八重の桜 第12回 蛤御門の戦い [レベル999のgoo部屋]
『蛤御門の戦い』 内容 元治元年。 京へと迫る長州軍を会津藩を中心とした幕府軍は、迎え撃つ準備を進めていた。 そのころ会津では、権八(松重豊)が、ある事に頭を悩ませていた。 父の奇妙な姿に、首をかしげる八重(綾瀬はるか)だったが、 うら(長谷川京子)によ...... [続きを読む]

受信: 2013年3月24日 (日) 20時47分

» 大河ドラマ「八重の桜」信念の人12八重に尚之助との縁談も八重は断り長州軍の京都攻撃に一時助勢になるも薩摩軍の加勢で盛り返し京都を死守した [オールマイティにコメンテート]
大河ドラマ「八重の桜」第12話は長州軍が京都御所を攻めてきた。これに幕府軍は対抗し京都御所を守るが見通しが甘く京都御所まで長州軍は迫り一時守りが手薄になるも覚馬の奮闘 ... [続きを読む]

受信: 2013年3月24日 (日) 21時06分

» 八重の桜 第12回「蛤御門の変」 [あしたまにあーな]
これまで幕末の動乱を描くドラマの中で蛤御門の変は、どちらかというと旧態依然とした幕府を打ち破って新しい世の中を作ろうという、どちらかというと長州よりの描写が多かったのですが、今回はその逆の立場で幕府や朝廷を守ろうとする立場から見ることができました。 同じ出来事でも立場が違うとここまで解釈が異なるんだと、新しい発見の連続でした。幕府は何となく小泉孝太郎さんが引いている関係上頼りなく移ってしまいますが、会津軍は勇猛果敢に戦っている様子を臨場感溢れる描写でみることができます。特に弾が飛び交う状況はこれまで... [続きを読む]

受信: 2013年3月24日 (日) 22時02分

» 『八重の桜』 第12話 「蛤御門の戦い」 [英の放電日記]
「西洋の学問しても、家焼かずに済む戦のやりようは、わからんもんでっしゃろか?  今回の最後を締めた大垣屋清八(松方弘樹)の言葉である。  歴史的には小事で、おそらく、ドラマの筋としても脇に位置する考え方であろう。しかし、今回の話では、この言葉を言いたく...... [続きを読む]

受信: 2013年3月24日 (日) 22時44分

» 『八重の桜』第12回 [悠雅的生活]
蛤御門の戦い [続きを読む]

受信: 2013年3月24日 (日) 23時38分

» 八重の桜 第12回「蛤御門の戦い」 [D☆エディション]
蛤御門の戦い! 薩摩の西郷(吉川晃司)も登場。 後の運命を考えると皮肉なめぐり合わせですね。 今回の戦いで威力を見せたのが大砲。 幕末の戦いというのが刀でなく銃や大砲に変わ ... [続きを読む]

受信: 2013年3月24日 (日) 23時52分

» 八重の桜 第12回「蛤御門の戦い」〜西洋学問をしても家を焼かずに済むいくさのやり方はわからない [平成エンタメ研究所]
 蛤御門の変〜会津VS長州。  作品はこの両者以外の第三の視点も描く。  それは庶民の視点だ。  焼け出された人たち  親を失った子供たち  食べ物を乞う人たち    このように、結局、ひどいめに遭うのは庶民なんですよね。  被害に遭った庶民の立場に立てば、西...... [続きを読む]

受信: 2013年3月25日 (月) 09時17分

» 八重の桜 第12回「蛤御門の戦い」  [昼寝の時間]
公式サイト 1864(元治元)年7月、長州が洛中へ向けて兵を進め、禁門の変(蛤御 [続きを読む]

受信: 2013年3月25日 (月) 20時45分

» 八重の桜~第十二話「蛤御門の戦い」 [事務職員へのこの1冊]
第十一話「守護職を討て!」はこちら。 前回の視聴率は14.3%。ふむ、WBC台風 [続きを読む]

受信: 2013年3月25日 (月) 21時21分

» 『八重の桜』第12回「蛤御門の戦い」★カッコイイ西郷(吉川晃司)が「ご加勢つかまつる」 [世事熟視〜コソダチP]
『八重の桜』第12回「蛤御門の戦い」 藩士・来島又兵衛(関戸将志)率いる長州勢と、蛤御門を警固する林権助(風間杜夫)や覚馬(西島秀俊)ら会津勢がついに対峙。 来島「鉄砲隊、前へ!」 覚馬「御所に銃を向ける気か!」 来島「蛮族を討ち取り、帝をお守りするためじゃ!!」 とうとう御所前で火蓋が切られ市街戦となりました。 長州兵が銃弾に倒れ、覚馬は自ら銃を手に馬上の来島又兵衛を狙いをつけますと、日ハム・大谷翔平の速球どころではないスピードで敵の銃弾が飛んできて覚馬をかすめます... [続きを読む]

受信: 2013年3月26日 (火) 12時16分

» 八重の桜 第12回「蛤御門の戦い」 薩摩の新式ライフル [風のうわさ]
八重さんに突然の縁談話が!覚馬さんの差し金です。たしかに、尚之助さんが婿になれば、いいことづくめに見えますね。 [続きを読む]

受信: 2013年3月26日 (火) 21時19分

» 大河ドラマ「八重の桜」 #12 蛤御門の戦い [雨ニモマケズ 風ニモマケズ]
ついに会津、薩摩と長州の激突です。 [続きを読む]

受信: 2013年3月27日 (水) 21時14分

» 八重の桜 - 2013年大河ドラマ 綾瀬はるか [新ドラマQ]
2013年大河ドラマ「八重の桜」 日曜 NHK 2013年1月6日 - 12月(予定)(50回) [キャスト] 綾瀬はるか 西島秀俊 長谷川博己 松重豊 風吹ジュン 長谷川京子 工藤阿須加 黒木メイサ 剛...... [続きを読む]

受信: 2013年3月29日 (金) 13時14分

» 八重の桜 - 2013年大河ドラマ 綾瀬はるか [新ドラマQ]
2013年大河ドラマ「八重の桜」 日曜 NHK 2013年1月6日 - 12月(予定)(50回) [キャスト] 綾瀬はるか 西島秀俊 長谷川博己 松重豊 風吹ジュン 長谷川京子 工藤阿須加 黒木メイサ 剛...... [続きを読む]

受信: 2013年3月29日 (金) 13時15分

» 八重の桜 第12回「蛤御門の変」 [あしたまにあーな]
これまで幕末の動乱を描くドラマの中で蛤御門の変は、どちらかというと旧態依然とした幕府を打ち破って新しい世の中を作ろうという、どちらかというと長州よりの描写が多かったのですが、今回はその逆の立場で幕府や朝廷を守ろうとする立場から見ることができました。 同じ出来事でも立場が違うとここまで解釈が異なるんだと、新しい発見の連続でした。幕府は何となく小泉孝太郎さんが引いている関係上頼りなく移ってしまいますが、会津軍は勇猛果敢に戦っている様子を臨場感溢れる描写でみることができます。特に弾が飛び交う状況はこれまで... [続きを読む]

受信: 2013年3月31日 (日) 21時55分

« 早桜 | トップページ | ローゼンメイデンTALE56 そこで見るもの »