« 花粉症 | トップページ | 久々に »

守護職を討て!

八重の桜 #11

いきなり佐久間象山が斬られて死亡!! 死後、佐久間家断絶されてしまう。 覚馬は二回斬られたと激怒する。

 御所に屋敷を賜った容保様。会津で内義が松の葉で酒を作って容保さんの風邪を治そうと健気。
風邪を引いていた容保様は自分の典医を会津に戻す。その際に秋月のことを気にかかる。

長州派は真木が象山死んでよかったと言う。久坂玄瑞もいる。⇒annoyアンタの義兄は象山先生の高弟だったんじゃなかったか??

会津藩は焦る。一橋が動かないから。

長州派も焦る。毛利侯の上洛待ち。一撃必殺。狙うは奸賊・松平容保の首だと!

 

 会津では上洛しようとする官兵衛に稽古をつけてもらう山本三郎(八重の弟)。官兵衛の組に入りたい。稽古をつけてもらうがとても無理そう。。。

しかし、三郎は父親に無断で志願してしまう。激怒した父親はその日は夕食抜き。

尚之助と三郎。尚之助は三郎が山本家の新式銃を認めてもらいたくて、自分も家族のために何かしようと考えた。それが官兵衛の組に入って一人前になり、その発言権で新式銃を推薦しようと。

腕は未熟だが武士の覚悟は年長者よりも勝っていた。

見る人は見ていた。三郎を励ます尚之助。官兵衛さん。親父殿。立派に会津の男だと。

 

しかし、時間が会津に味方する。孝明天皇様は長州討伐の勅許を下した。

|

« 花粉症 | トップページ | 久々に »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504963/56974957

この記事へのトラックバック一覧です: 守護職を討て!:

» 大河ドラマ「八重の桜」信念の人11象山死す!三郎が部隊に志願も許しを得られず京都では勅命により長州軍との戦になった [オールマイティにコメンテート]
大河ドラマ「八重の桜」第11話は会津が長州軍の標的となり、それに加担した佐久間象山が尊皇攘夷派の不逞浪士に暗殺されてしまう。一方会津では三郎が都への部隊に志願するも権 ... [続きを読む]

受信: 2013年3月17日 (日) 20時05分

» 八重の桜 第11回 「守護職を討て!」 [青いblog]
象山先生いきなりかよ! すごい死に様だったな~~ 歌なんかうたってて、のんびりした、とても悪いことなんて起こりそうもないような風景で殺されるのが怖かったです。 暗殺とか…嫌ですねぇ。いくら時...... [続きを読む]

受信: 2013年3月17日 (日) 20時31分

» 『八重の桜』 第11話 「守護職を討て!」 [英の放電日記]
三郎の思い  八重の弟・三郎が京都行きを志願。父・権八に反対されても、全く揺るがない。  その思いの強さは、佐川官兵衛も感服するほどであった。  自分も会津のために働きたいという思いの他に、尚之助の鉄砲を登用を進言したい。そのためには、自分が佐川隊に入隊...... [続きを読む]

受信: 2013年3月17日 (日) 20時34分

» 大河ドラマ「八重の桜」 #11 守護職を討て! [雨ニモマケズ 風ニモマケズ]
京都はさらにきな臭くなってきました。 そして会津も。 [続きを読む]

受信: 2013年3月17日 (日) 20時53分

» 八重の桜 第11回 守護職を討て! [レベル999のgoo部屋]
『守護職を討て!』 内容 元治元年 朝廷への開国などの説得のため京に滞在していた佐久間象山(奥田瑛二)が、 尊王攘夷派の不逞浪士たちの襲撃を受け、暗殺された。 まさかの事態に驚愕する覚馬(西島秀俊) と同時に、会津藩も浪士たちの的になっていると知る事に。 ...... [続きを読む]

受信: 2013年3月17日 (日) 20時55分

» 八重の桜~第十一話「守護職を討て!」 [事務職員へのこの1冊]
第十話「池田屋事件」はこちら。 前回の視聴率はなんと12.6%。15はキープする [続きを読む]

受信: 2013年3月17日 (日) 21時20分

» 『八重の桜』第11回 [悠雅的生活]
守護職を討て! [続きを読む]

受信: 2013年3月17日 (日) 21時40分

» 八重の桜 第11回「守護職を討て!」  [昼寝の時間]
公式サイト 会津では、八重(綾瀬はるか)の弟・三郎(工藤阿須加)が、突然、都へ派 [続きを読む]

受信: 2013年3月17日 (日) 22時08分

» 八重の桜 第11回「守護職を討て!」 [D☆エディション]
八重の弟・三郎の成長が描かれる回。 長いスパンを描く大河だからこそのキャラの成長は見どころですね。 一方で京での緊張がしだいに高まっていくのも描かれる。 こちらは歴史的事 ... [続きを読む]

受信: 2013年3月18日 (月) 13時07分

» NHK大河ドラマ「八重の桜」第11回「守護職を討て」 [真田のよもやま話]
先週からまたスポットが当たってまいりました佐久間象山大先生!自信家で傲岸不遜と言われても当時の洋学第一人者!海舟先生も松陰先生も龍馬様をもワシが育てたとおっしゃる大立者ですよ~。横浜開港もこの方のお蔭、まっちっのあっかりが~とても綺麗な町も象山大先生あってこそ!それがいよいよ、たぶんおそらくきっと今宵・・・悲しい事にいいいっ!... [続きを読む]

受信: 2013年3月18日 (月) 19時08分

» 八重の桜 第11回「守護職を討て!」〜「にしはもう立派に会津の男だ」 [平成エンタメ研究所]
 自分のことが理解されるというのは心地よく、幸せなことである。  三郎(工藤阿須加)は多くの人に理解されている。  まずは尚之助(長谷川博己)。  三郎の佐川官兵衛(中村獅童)の部隊への志願。  この志願のもうひとつの理由を尚之助は理解した。  それは<隊...... [続きを読む]

受信: 2013年3月18日 (月) 19時11分

» 洋製に倣ひ船艦を造り、専ら水軍の駆引を習はせとの仰せだべし(綾瀬はるか) [キッドのブログinココログ]
佐久間象山(しょうざん)は松代藩士として藩主・真田幸貫に「海防八策」を献じている。 その五番目は「西洋の造船技術を学んで軍船を作り、海軍によって運用させること」という単純明快な作戦である。 もちろん、明治維新後、大日本帝国はこの路線を邁進するのだった。 前後を見てみよう。 その一は「沿岸における砲台... [続きを読む]

受信: 2013年3月18日 (月) 22時37分

« 花粉症 | トップページ | 久々に »