« 雨と水田 | トップページ | ローゼンメイデンTALE57 全ては遅れてやってきた »

いけん

我のアニメ価値観

絵でもなければ、世界観でもない。それは、

台詞。 その台詞を支える人たちとの家族・村社会だ。

台詞が汚かったり、自己中の感情のみ暴露した台詞はみていて嫌悪感がよぎる。 台詞で白けるのは大抵、自分の都合と苦悩だけを吐露するものが大半だ。外国でも有名な日本アニメは家族や仲間同士の文化共有の社会観が理解できる国に受け入れられている。 

 故に村、家族関係を阻害する台詞は浮き上がる。日本語圏内なのに英語で掛かれと言って馬鹿らしいことに気づかない。そういうアニメは一時売れるだけで外国では通じない。外国は自分達と同じ世界観なら独善志向は戒める。日本独自のスタイルを通せば受け入れられる。

 外国に通じるグローバルだというならオリジナルを売り出すのが本当である。

|

« 雨と水田 | トップページ | ローゼンメイデンTALE57 全ては遅れてやってきた »

蔵草」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504963/57361576

この記事へのトラックバック一覧です: いけん:

« 雨と水田 | トップページ | ローゼンメイデンTALE57 全ては遅れてやってきた »