« 信約キングダム 215回 | トップページ | キングダム雑記 戦術変更 »

信約キングダム 216回

キングダム 第216話

#「肉薄」
 楽華隊の奮戦、つぶれ役により、膳立ては整った。飛信隊、玉鳳隊は合図を受けて猛烈に輪虎目掛けて突撃する。⇒王ちゃん、作戦次第とか言ってきっちり突撃します。

 飛信隊紅一点副長・羌瘣が楚水副長に残していく歩兵達は大丈夫なのかと尋ねる。楚水は主旨は什長達にまで伝達してあると既に庶務は済ませていた。尾平たちは信たち騎兵組を応援している。⇒楚水副長、忠誠と事務レベルならキルヒアイズです。武力はベルゲングリューンまでかな。 楚水副長は楽華隊が崩れる前に輪虎に辿り着けるかを考えている。

 楽華隊がかなり損害を受けているが、輪虎隊も相当に減らした。輪虎も此処にいたって自分の隊が狙われていることに気づき、輪虎隊を集結させると同時に魏兵を前面に出す。

 突撃している飛信隊。楚水は敵の対応が遅れていることに気づき、信は蒙恬の作戦通りだと口にする。最初に楽華隊が突撃したら敵は他の隊の連携を考えたが、単独突撃なので楽華だけに集中したせいだと王賁は蒙恬の作戦を説き明かす。

 それ故に前線まで出てきた輪虎本陣の前に障害はなく、騎馬隊なら直ぐに肉薄できる。飛信隊、玉鳳隊が輪虎まで直ぐに近付いてきた。

 二隊が迫ってきたと報告で知った蒙恬は二人のために贈物をすると最後の行動に移る。楽華の左右の隊は一気に後退、自分の中央の隊だけはゆっくり後退する。すると、左右に後退した隊を敵が追撃しようと釣られて左右に分かれていく。そして、中央に隙間が開いていくのだった。⇒用兵の妙!

 それを目で確認した飛信、玉鳳隊はその穴に突撃する。蒙恬の用兵の才に番陽も舌を巻く。⇒輪虎に首を取られた将軍も若の代で蒙家は益々安泰だなと言っていましたな。蒙恬の若い頃のサブストーリーも見たいな。

 輪虎本陣についに突入した飛信、玉鳳隊。特に飛信隊は楚水を始めとする輪虎に隊長の郭備を殺された怒りで煮えたぎっていた。が、怒りで我を忘れれば戦争は危うい。

 勇者ダイのパーティーの大魔道師的な存在が飛信隊の副長・羌瘣。直ぐに隊が怒りでおかしくなっているのに気づいて、正面から敵が来るぞと忠告します。 輪虎兵が正面から襲い掛かって来て、飛信、玉鳳が止められた。

 輪虎が残した最後の輪虎兵で苦戦する。信は持ち前の武力で輪虎兵の壁を突破するのですが、楚水以下の他の隊が遅れてしまう。⇒ 。*((艸д・。`*)゜*。武力の差が哀しいほど開いていた――! 信が引き返そうとする。しかし、楚水副長はそのまま進んで輪虎の首を取ってくださいと叫ぶ。尚も迷う信に羌瘣がこの先、飛信隊にあの男は必要だから私が戻ると言って信を後押しする。

 信はそのまま前進、羌瘣が戻ります。⇒嬉しさ半分哀しさ半分。楚水副長、生存フラグ確定ですが羌瘣はこの戦いの後は一時離脱か。。。

 自分の精兵を倒された輪虎は明日の決戦について考える。しかし、それ以外はたいしたことではないと言いつつも、彼の左右から敵が迫る。最後の輪虎兵の壁を突破してきた信と王賁。二人を相手に輪虎は僕が討たれる事はないからねと言って双剣を抜く。

(* ̄ー ̄*)まるで信の初陣だった魏戦の大将同士の一騎打ちシーンだなぁ。。

info02quotation:義風捫虱堂「桃色の戦闘服を着る千人将が膳立て。」 100811

|

« 信約キングダム 215回 | トップページ | キングダム雑記 戦術変更 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504963/56427726

この記事へのトラックバック一覧です: 信約キングダム 216回:

« 信約キングダム 215回 | トップページ | キングダム雑記 戦術変更 »