« 信約キングダム 259回 | トップページ | 信約キングダム 261回 »

信約キングダム 260回

キングダム 第260話

#「武人の肉体」

久方ぶりのカイネと貂の会話。軍師になったんだなとカイネが貂に言葉をかける。⇒coldsweats01目つきがどうたらと信にはきつい。ま、李牧を敵だと国家の要人達の前で言い放つ子ですから当然と言えば当然の反応か。貂は趙国宰相がどうしてこんなところにいるんだとカイネに聞き返す。カイネは言えるわけないだろと当然の反応をする。やはりと貂も追求しなかった。森の中を二人が前を進むと目の前に映ったのは…、

な━━Σ(゚□゚(゚□゚*) に━━主同士が一騎打ちモード突入だとおお!!(しかも先に仕掛けたのは智将の李牧)。 一騎打ちを仕掛けられた信。 信はふざけたことしやがってと戸惑いつつも、やるからには本気で行くぞと戦闘モードに入る。李牧は信の言葉に不適に笑い、私を殺せたら悪巧みもろとも潰せますよと謎めいた言葉まで投げかける。 森から二人を見ていたカイネと貂だったが、カイネが李牧様と一騎打ちの間に声をかける。 邪魔入ったぞと信が言うが、それが何かと李牧は意に介さない。 信は攻撃を仕掛ける。

上から本気の一刀を振る信に、李牧も横薙ぎの剣で応える。両者の剛剣に空気が震え、カイネや貂も耳をふさぐ。 しかし、弾かれたのは信の方だった。 軍師の李牧がと信じられない貂。カイネは軍師だけを思っているのは勝手な思い込み、李牧様は本来はと口を挟む。 貂は李牧の無数の古傷、鋼の腕にイメージとかけ離れている敵将を見る。

空気を読める、気配を察する者はのびしろ無限。 本気の一刀を弾かれた信だが悔しくは無かった。信は咸陽で初めて見た時からの勘が間違っていなかったことを確認できたからだった。李牧が戦場の場数をくぐった戦士でもあると。

戦うべき場所を知る主人公。o(;△;)o成長したなぁ。一騎打ちを収めようとする信に李牧は最初からそのつもりだったのかと聞く。信はこんな場所で倒そうとはしない、お前は俺が越える壁なんだからなと言い返す。 熱しやすいけれどそれに囚われない信を見て、李牧は伊達に輪虎を討ったわけではないですねと成長したことを認める。 その二人の場に兵士達が集まってきた。対決の場はそこで終わる。

coldsweats01信と貂が自分の部隊に戻れる。信と貂が戻ってきて、皆が安堵する。貂は李牧に楚趙同盟があったのかと問いただすと、李牧は否定しなかった。 しかし、李牧は同盟とはその先の目的のためだと信にも言ったことを繰り返す。 そして、君達は戦いの本当の恐ろしさがわかっていないと言い放つ。 並々ならぬ敵将の策に驚くも、信は正面からぶち破ってみせると李牧に敢然とやり返す。 ご武運をと李牧が信に挨拶すると、お前もなと信も挨拶して自分の隊に戻る。

 しかし、貂はカイネに呼び止められ、居場所が無くなったらいつでも私を頼って来いと言い残して別れるのだった。

( ̄Д ̄;;ううむ、これは後々の女副将復帰ネタに繋がるのか、あるいは李牧のせいでカイネが孤立しているのかどっちかも。。。 でも、カイネって李牧軍で飛信隊の貂のような環境下にいると思えないなぁ。同年輩の友達はいなさそうだし、年上の人たちも距離置いてそうに見える。 ある意味ではこの点だけは信は李牧に勝っているのかも。

飛信隊に戻った信と貂。東金城に向かいながら楚趙同盟について考える。

(@Д@;渕副長、隊長よりも鎧が随分と上等に見えるのですが。。。 渕副長が楚趙同盟について心配する。同じ副長の楚水は楚は昔から超大国だから腰が重い、利害関係にすんなり応じるとは思えないと意見を出す。⇒楚水さん、相変わらず出来る人です。 本営に楚趙同盟について早馬を送った貂は、対策として魏と同盟することを考える。

名将の長所は危機感知センサー。しかし、信は楚趙同盟ではないと確信を持って言う。あのときの李牧はどこか違うと感じていた信は、あいつはもっととんでもないことをしようとしていると言い切るのだった。 それを裏付けるかのように、李牧は軍を率いて魏の都・大梁に入るのでした。

( ´・ω・`)着々と戦略を固める李牧。でも信と一騎打ちしようとするあたりは、賭けをしようと持ちかけた王騎将軍のシーンを思い出したなぁ。。 

Caocao1あの時に来た勇者たちよ

HNをきちんと書き、辺境のブログであろうと

言葉を選んでコメントに来たことは此処でも忘れない。

  1. いつも貴公のレポートを読むのが漫画と同じくらい楽しみです。これからも更新楽しみにしています。 【けんたさん】

返答①:はじめまして、けんたさん。コメント感謝します。

>いつも貴公のレポートを読むのが漫画と同じくらい楽しみです。これからも更新楽しみにしています。

そんなささやかな人の声に余計に発奮して書いています。。

info02quotation:義風捫虱堂「迷宮(日本と中華)」 110714

|

« 信約キングダム 259回 | トップページ | 信約キングダム 261回 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504963/56435743

この記事へのトラックバック一覧です: 信約キングダム 260回:

« 信約キングダム 259回 | トップページ | 信約キングダム 261回 »