« 信約キングダム 265回 | トップページ | 信約キングダム 267回 »

信約キングダム 266回

キングダム 第266話

#「因縁の子」
 魏の大軍に麃公ヒョウコウ将軍が雷原で激突した。丘陵の上から見ていた飛信隊の中からでたらめな強さだと言わせるほどに、魏の大軍を奥深くまで斬り込んでいた。

 魏将はあんな単純な突撃で本隊までこれるものかと言うが、侮るなと声がかかる。

( ̄▽ ̄)隈取り役者のパパにはやはりイケメンな子供というわけか、呉鳳明(呉慶の子)登場! あ奴こそ我が父・呉慶を討ちし男だと巣車から秦軍を見る。

( ^ω^ )父譲りのポーズですりつぶせ(笑)。攻撃に工夫がないと見てすばやく父譲りの指揮で麃公ヒョウコウ将軍の軍を両脇から削り取っていく。秦軍の勢いを弱めていった。。。

が、ここで秦に援軍が来る。勿論、怪鳥のように崖の上からはまだ無理なので、丘陵から飛信隊が援護に来た!

信が珍しく命令を出す。戦車の車輪を狙わせて、着実に魏軍の戦車隊を削る。これに気づいた麃公ヒョウコウ将軍が右側の魏軍を狙い、邪魔な魏兵を排除して軍の勢いを取り戻す。⇒懐かしい展開だなぁ。。。信の初陣の戦を思い出す。あの時は左だったと思うが、今度は右だった(笑)。

麃公ヒョウコウ軍の突破力が更に増し、飛信隊もこれに続く。魏軍で朱批⇒おいおい、朱鬼の子供か(笑)。。。 が総大将の鳳明に撤退しますかと聞くが、呉鳳明はもっと面白いことをやろうと本陣を動かす。

丘陵の上から貂が魏軍を見ると、本陣が退却せずに魏軍の中央に動こうとしていた。貂がそれは何を意味するか分からない。現場の信たちも分からないが本陣が下がっているので追いかけようとする。 

軍の精強は率いる将軍がもつ危険度センサーの高さも必須!しかし、麃公ヒョウコウ将軍はこれより先は臭くてかなわんと全軍を停止させる。そして、自軍本陣が危ないと取って返すのだった。 かわされた呉鳳明は流動力術はこれが始めてなのにと思いつつ、これを見抜ける者は李牧くらいだからなと自信満々に独語する。鳳明は陣形が崩れたため仕切りなおすと全軍を撤退させる。

night夜。幕舎に呼ばれた信は初めて直に麃公ヒョウコウ将軍を見た。若き千人将よと声をかける麃公ヒョウコウ将軍はまるで野獣のような目を持っていた。

 信は聞いていた連合、合従軍のあらましを話す。麃公ヒョウコウ将軍は信に下手をすれば秦という国が無くなるという。 驚く信。

 そんな信に麃公ヒョウコウ将軍は時間を稼ぐため、儂の軍に付き合えと連携を言われる。時間を稼ぐため我等だけで魏軍を止める、それが前線で戦う漢だと信を戦力と早くも認めるのだった。

info02quotation:義風捫虱堂「過ちは繰り返すな!」 110903

|

« 信約キングダム 265回 | トップページ | 信約キングダム 267回 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504963/56435968

この記事へのトラックバック一覧です: 信約キングダム 266回:

« 信約キングダム 265回 | トップページ | 信約キングダム 267回 »