« 信約キングダム 290回 | トップページ | 信約キングダム 292回 »

信約キングダム 291回

キングダム 第291話

#「膠着コウチャク」
 合従軍の戦い二日目。燕軍が活気づくgood。王翦が天険を活かした要塞の第一段を徐々に燕兵が攻め寄せる。その様子を見たオルド燕国大将軍がにんまり顔になる。⇒ああ、ちゃんと仕事していたんだ。。。

ようやく二日目からここも盛り上がってきたなぁ王翦君とオルドが喜色満面で言い放つ。対する王翦は一段目だけでなく左側面や裏の尾根にも敵が入ってきていると不快な報告を受ける。 感情を殺したような目な王翦を見たかの如くオルドはそうにらむなよとからかうようにしゃべる。 王翦の要塞の見事さに目を見張るものの、オルドは北の山間民族を取り入れる俺の軍はこういう山城攻めが得意だと上機嫌に誇る。⇒smile手前味噌自慢状態。。。 その自慢の山間民族の兵たちが続々と攻め手を見つけてくる。しかし、大本陣からの伝令が新たな命令を伝え、作戦を切り替える。

主力を温存して単純な消耗戦を続けろ!

  • 趙軍にはカイネが使者に立つ。慶舎は期日を問うと、カイネは十日から二十日と答える。慶舎は公孫竜の軍の突撃を止めさせる。
  • 魏、韓軍も消耗戦に切り替える。
  • 楚軍は自分の提案が早速採用された媧燐がわかってんじゃねえか李牧とご機嫌よろしく、元・第一軍にまた死に兵に使う。⇒死に兵は北方謙三氏の三国志参照ね(笑)。

。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。消耗戦スタート+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。

戦力を削り合う戦いの日々が続く。         

☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*二日、三日目が過ぎる。*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*

気付く者が出始める。

麃公軍 大将の麃公が苛立ち始め、飛信隊では信が昨日から趙軍がおとなしげだと夜食をとりながら語る。それを聞いた尾平たちは傷だらけの体でこっちもすげえやられているだろうと反論する。被害がきちんとある仲間を見た信はどう思うかと軍師の貂に問う。問われた貂は頬を染めて返答に窮してしまう。 

catface遠くを見ているくせに身近の空気が読める主人公。信はこの色ガキがあのぐれぇで何意識してんだと貂の頭を小突く。それをみた仲間が俺らの軍師に何をする、ちゅーしたからといってお前のものじゃないぞと信に文句を言ったり、頭を叩いたりする。⇒ずいぶん隊長と仲間との距離が近い軍だな。。。

函谷関の歴戦組 外を見ながらひとりで酒を飲んでいた白老。そこへ、ちょっとよろしいですかと張唐がやってくる。二人とも昨日からの合従軍の動きが気になっていたのでそれが話題になって話し始める。

張唐が初日の結果から合従軍で作戦の変更があったように感じますと言えば、白老も合従軍全体が同じ動きをしている点から呼吸を合わせて戦うかもしれないと推測を述べる。考え過ぎかなと白老の言葉に、張唐は考え過ぎることはない、王騎を討った李牧が相手だからと楽観しない。

(゚m゚*)張唐さんが六将の一人だと思っていた記事(時期)が僕にも有りました。。。。不思議なものです、秦の命運を握る函谷関を六将でもない私たちが守ってると白老が語りだす。昭王黄金期で六将の陰から遂に表に出られなかったと白老が言う。張唐が私は奴らが大嫌いでしたと憮然と答えると、儂もじゃよと白老も頷く。⇒bookといっても張唐は昭王末期では名が出てたような記憶があるんだが…。 やがて二人は笑い出す。

長生きも才能の一つ、その点では儂らは奴らに勝ったと白老が言うと、張唐も同じ思いで酒を飲み乾す。

白老は老将には老将にしか務まらぬ役目があると高らかに語る。才能なら倅の武や王翦が六将にひけはとらないが、函谷関は守りきれないと断言する。それは…、

“重み”が足らないと一言で述べる。白老は国門を守るとはそういうこと、だから天才昌平君は儂らを函谷関に上げて、機転の利く桓騎をそえて守らせたと説く。歴戦の白老の言葉に戦場の場数を踏んできた張唐にも痛いほど分かる。⇒要するに武勲云々の名声ではなくどれだけみんなのために義務に奉仕して、信用を培ってきたかの重みということだと思う。業績よりみんなのためにをどれだけまじめに取り組んだのかが人の上からみんなを守る仕事を任せる人選の条件なのでは?

天の計らいだ、この老将にまだこんな大舞台を設けてくれたと白老は月夜に向かって盃を挙げる。張唐に共に史に名を刻みましょうぞと声をかけ、張唐も望むところですと快く応じる。⇒栄光に生きよですか。。。 漂もそうだったなぁ。

☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*四日、五、六日目が過ぎる。*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*

七日目の朝に突如動いた軍があった!そろそろだなと二回目のセリフのその男は…、

韓将・成恢キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! 韓軍全兵士に口に布を任せた成恢。魏軍に道を開けろ、巻き添えを食っても知らぬとなと伝え、韓軍を動かし始めるのだった。

(;´▽`A``  成恢の手は毒か疫病かと思われる。。。なんか殷周伝説を思い出した。。。

Caocao1あの時に来た勇者たちよ

HNをきちんと書き、辺境のブログであろうと

言葉を選んでコメントに来たことは此処でも忘れない。

  1. 感想お疲れ様です。張唐とは秦将で比較的武勲が多い将軍なのでしょうか?探しても見つけられないんですよね。私の知っている範囲で評価となると
     昭王時代
    一位:白起 二位:王コツ 三位:司馬~
     始皇帝時代
    一位:王セン 二位:李信 三位:王賁
     何ですけど知識不足ですかねこの秦将の方が武勲が多いよというのがいたら教えてほしいですね。
    ではまた次回の感想楽しみにしております。^。 【紅蓮さん】    
  2. ここ2話張唐・白老両老将軍の株が上がりまくりで胸にジンと来ます。六将時代では目立たず堅実な手腕で長生きしてそれぞれにしか為せない役割を果たそうとする。そして秦では異端と言ってもいい桓騎の実力をしっかり認めているとかもう・・・・ 自分がこれぐらいの年になってこのような人達みたいになれるか今を騒がす罪に問われるか不明の巨大詐欺者の老害になるか考えるだけで憂鬱になります。これから1年はすごく楽しみですが。  
    要するに武勲云々の名声ではなくどれだけみんなのために義務に奉仕して、信用を培ってきたかの重みということだと思う
     業績よりみんなのためにをどれだけまじめに取り組んだのかが人の上からみんなを守る仕事を任せる人選の条件なのでは?  三国志だと孔明ですかな? 
     だけどこの二人の将軍を見てしまうと北伐の頃、なぜ蜀には二人の様な将軍、丞相である孔明に内政を任せ、外征を一任する将軍がいなかったのかと思ってしまいます。
     孔明の出師の表からも読み取れる忠誠の念や能力の高さは非のつけどころはありません。  だけど一人で背負いすぎた。蜀が孔明一人に頼りすぎだとの念が絶えないんですよね。それだけ人材が不足していたかもしれませんが、孔明ももっと誰かを頼って欲しかった。孔明の死には横山三国志にもあるように過労も一因だと考えるんです。英雄と言っても一人の人間なんです。共に辛苦を分かち合う理解者が必要なはずです。
     孔明死後だと張唐・白老に近いのは王平や張嶷かなと思うのですが。五遷さんはどう思います。    【 橋本蛟竜さん】 

返答①紅蓮さん、コメント ありがとうございます。
   
>武勲
 武勲で数えたらそれぞれの時代で二位と三位が入れ替わるかもしれませんね。張唐は昭王後半で名が挙がっていますが、赫々たる武勲では王騎の妻予定の方よりも無いはずです。 自分としては昌文君タイプで前線に居続けた将軍と捉えています。

>教えてほしいですね。
 六将の胡傷は王騎より先に三大天に負けました。

返答②:橋本蛟竜さん、コメントありがとうございます。
>張唐・白老両老将軍の株が上がりまくりで胸にジンと来ます。

 老人、中年のかっこいい姿と苦労をきちんと描ける作品って大好きです!!! 頑張れ中年!気張れ老いたるプロ!! かっこいいとは顔ではなく精神さ!!!

>三国志だと孔明ですかな?

 まあ孔明だけでなく曹操だって孫策だって劉備義兄弟だってふさわしいですよ。

 義務を果たすのは自分だけでなく皆の世の中のために勝利することですからね。キングダムで義務を果たすとか重みを語らせるならば、なんといってもレンパが出てきたストーリーと台詞全部を見るのが一番ですね。義務を果たすこと、そのために自分と周りに何が必要な如実に描かれてますからね。

>孔明死後だと張唐・白老に近いのは王平や張嶷かなと思うのですが。五遷さんはどう思います。

 賛成票を投じますね。孔明はやはり政治家であって軍人じゃないのでしょうね。魏延と衝突している話は歴史でも政治家と軍人の衝突があるのは当然ですから。軍師という言葉をなんでも知将と考えるのは危ないですね。

info02quotation:義風捫虱堂「この色ガキ何を意識している!」 1203025

|

« 信約キングダム 290回 | トップページ | 信約キングダム 292回 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504963/56445882

この記事へのトラックバック一覧です: 信約キングダム 291回:

« 信約キングダム 290回 | トップページ | 信約キングダム 292回 »