« 信約キングダム 296回 | トップページ | 信約キングダム 298回 »

信約キングダム 297回

キングダム 第297話

#「戦象の意味」

 ( Д) ゚ ゚ 象さんたち、破壊力のほか機動力有り過ぎだろ!! ラジャ・マハールからパンジャブの一族でも買ったのか?? 騰軍第一陣が初の戦象相手に大苦戦している。槍も刃も通らない、長い鼻で薙ぎ払われ、牙で刺し殺され、でかい足で踏みつぶされるわで録嗚未も歯ぎしりしていた。 

 本陣では騰が象について幾分か知っていた。象という楚より南方の生き物、刃も通さぬ堅い皮で気性も荒く、人を襲うように訓練された象だと分かる。部下たちが援軍かいったん後退してはと言うが、騰はどちらも必要ないと答える。

 獣ごときに遅れを取る二人ではない。 録嗚未は騎兵100に敵の後ろに回って背を討てと命じる。次に弓兵に一斉射撃を命じようとするが、戦象に側面を突かれる。録嗚未は獣が隊の動きをしているのを見て、指揮系統があるのかと探す。すると、奥の戦象隊にそれらしき将を見つけたので、騎兵10騎に盾を持たせて自ら動く。 狙いは敵将を殺すこと。
 騎兵10騎で突撃する録嗚未。親玉を見つけ、仕留めようとするが戦象が張った縄の罠に引っかかる。縄に足を取られた録嗚未が馬から投げ出され、

 イヤアァ━━Σ((oÅO艸*)━━そこに戦象の足が踏み下ろされてしまった!!!!!! 録嗚未さまあと絶叫する部下、上にいる異国語だが高笑いしている親玉。

 しかし、録嗚未は生きていた。いち早く動いて、まんまと親玉が乗る象の腹に上っていた。⇒矛をくわえた姿は生々しくていい。 気づいた射手も斬り、象の乗り場に乗り込んで親玉ごと全員を斬りたおす。指揮系統を潰した録嗚未だった。

 甘央の方は全弓兵に一斉掃射させる。獣ではなく上にいる敵兵を全員始末せよと命じる。象に乗っている敵兵の被害が増えていった。

 dashそして、象さんたちが下がっていく。 化物達を退却させたと騰軍の士気は高まった。けれども、大将の騰だけは今のは軽すぎると敵の攻撃の意図を組みかねていた。

 戦は人を魅了して何ぼだろ?本陣で座していた媧燐が戦象さんたちはいい仕事をした、大きさと物珍しさで敵ははしゃいでくれたからと言う。 戦象隊を退けた騰隊だったが、蒙恬、王賁は今までいなかった場所に敵影を見つける。

 はしゃぐことは戦場ではとても恐ろしい、おっかない奴ほど一緒にはしゃぎながら気づかれないうちに首に手を回すと言う媧燐。媧燐がバミュウの首を絞めあげた時に、次第に敵影を見つける兵が増え始める。

w(゚o゚)wΣ(・ω・ノ)ノ!騰軍が囲まれた。。。媧燐が華やかな戦象の最初の演目が風に消えた後で詰みの布陣を仕立てあげる。戦象は攻撃ではなく只の目くらましだったと蒙恬達が気付かされる。 騰は各方面の敵の数と兵糧を報告させる。攻め放題な陣形から畳み掛ける中で一つでも対処を誤れば、お前ら昼のお日様は拝めないぜと余裕しゃくしゃくの媧燐だった。

( ̄▽ ̄)先手は媧燐!

info02quotation:義風捫虱堂「俊敏すぎる戦象の意味は男塾から来たのか(大笑)?」 120517

|

« 信約キングダム 296回 | トップページ | 信約キングダム 298回 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504963/56445949

この記事へのトラックバック一覧です: 信約キングダム 297回:

« 信約キングダム 296回 | トップページ | 信約キングダム 298回 »