« 信約キングダム 297回 | トップページ | 信約キングダム 299回 »

信約キングダム 298回

キングダム 第298話

#「窮地の大抜擢」

 Σ( ̄ロ ̄lll)媧燐の用兵で騰軍が包囲されてしまう。 各部隊からの報告を受けながら騰が目を閉じて考える。楚軍が波のように攻め始めた時、騰軍も陣形を変化させ対応する。

 守りの陣形。 敵の斜めの攻撃に向かって布陣する。隆国を中央軍として両翼を置き、本陣を釣鐘状に囲って予備隊を隠す強固な囲いの陣形になった。だが、先に出ている干央・録嗚未軍を救える軍がいなかった。 部下がそれを指摘するが、騰は本陣を維持することを最優先にとして二軍を見捨てる決断を下す。
 物見台から二軍に援軍を送らないと報告を受ける媧燐は悪くないと騰の判断をまず褒める。そして、遠慮なく二軍を握りつぶそうと前方の敵軍に包囲攻撃を始める。 本番はこれからと媧燐は自らの胸をさすりながら絶え間ない私の攻めにどこまで耐えられるかなといたぶる様に言う。⇒cryingでかい胸さすられても顔にしわがありそうな気がしてならないんだが。.色気も感じないしなぁ。。heart03

 隆国軍が第一波を受ける間に騰軍は他の布陣を整えた。敵の包囲が狭まりつつある中で、騰はまだ足りないと左右翼の指揮権を入れ替えると決断する。

 キタワァ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:*・゜゚・* 蒙恬、王賁の出番キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!!!! 幕僚たちが一体誰をと騰に視線を注ぐ。騰は左軍の5000の将に玉鳳隊・王賁に、右軍5000の将に楽華隊・蒙恬を抜擢する。敵が早速に左右の翼にやってくる。幕僚たちが騰の抜擢に若すぎるのではと気になるが、年は関係ないと大将は一蹴する。

 若き五千将(臨時)の初舞台。 右翼の蒙恬は歩兵で陣形を維持させつつ、陸仙に騎馬隊の準備をさせる。騎馬隊を揃えてきた陸仙は大抜擢ですがこの状況では軽く引き受けすぎたのではと不安まじりに言ってくる。だが、蒙恬は客観的に見て今の騰軍内ではまともに戦えるのは俺と王賁くらいだと自信を持って話す。 
 weep若大将の頼もしげな言葉に爺の目は潤む。蒙恬は爺に右翼を任せ、危うくなれば旗で知らせろと命じる。命じられた爺が死守しますと言うと、蒙恬は俺の子を抱くまで無茶はするなと緊張をほぐす。 
 蒙恬は歩兵が陣を守る主力で、騎馬隊が命運を担うと任務を与え、自ら騎馬隊を率いて出撃する。爺は頼もしくなった若大将に感慨に浸るも、更なる飛躍と無事を天に祈るのだった。同時に左翼からも王賁の騎馬隊が出撃していた。

horsehorse遊撃軍!!! 二人は陣の外は敵包囲の中だから、絶対に足を止めないこと。敵と正面からぶつからず、歩兵の陣を攻めている敵の背中を狙い撃ことを徹底させた。突撃はするが深入りはしない二人に、騰本陣からもっとやれるだろと文句が出る。
 それでも二人は騎馬隊が動き続けれるように敵の配置を頭に入れながら移動して、味方が劣勢にある場所の敵の背を再び打つことを繰り返していた。

 効果は徐々に表れ、歩兵が押し返すことで劣勢ながら守りの陣形を維持できた。

敵はこちらに息をつかせぬように各所を矢継ぎ早に攻め続けて崩壊させる気だ。それを防ぐために騎馬隊が起動し続け、背を討つ援護を続ければ歩兵が息をつける、そうして呼吸し続けさえすればこの陣形はそう簡単に崩れない!

 二人とも同じように騎馬隊で動き続け、自分たちこそがこの戦いの生命線であることを自覚していた。

両翼における若き二将の出現で思わぬ接戦に流れ込もうとしていた。。。

;:゙;`(゚∀゚)`;:゙遂に臨時ながら五千将の働きを任された! 信は一万だったかな?

Caocao1あの時に来た勇者たちよ

HNをきちんと書き、辺境のブログであろうと

言葉を選んでコメントに来たことは此処でも忘れない。

  1. お久しぶりです。

    騰の判断はだいたい予想出来ましたね、それでも不安を一切あの2人から感じないのは先週のあのあまり動揺していなかった姿勢から来てるのかな?

    やっと蒙恬らも出世しましたね。となると衝突するのはあの楚千人将コンビなんでしょうね。でも名のある部隊長は楚で副官のバミュウ含めて3人、秦は5人だし、特に白麗なんか背後から干央か録鳴未に叩き斬られそうではありますがね(笑)別に若手は若手でないとだめなんて決まりは戦場にはないし、期待の新人を実力あるベテランが叩き潰すのも見てみたい

    とりあえず何処まで楚戦を流すか気になってきました。他の戦場も気になるから一層のことユキイを除いて総大将しか名つきがいない燕戦は次登場の際オルドが首だけになってていいよっ気がしました。燕軍瞬殺!底知れぬ王翦の実力(ちから)……!って感じで。まぁ有り得んと思いますがね(笑)

    最後に信はあの時こそ一万でしたが今は臨時二千人将です。まぁヒョウ公将軍が戦死したら全軍を信が指揮するかもしれませんね。そして盛り返す、なんてのも燃えますが。にしても趙軍は李牧がいるから三将全員討ち取っても戦線崩壊すると想像出来ないんですよね。それは楚にも言えることだけど李牧と違って春信君だと士気回復出来るか解りませんがcoldsweats02 管理人様はどう思います

    最後に臨時とはいえ蒙恬らに追い付き、追い抜いたのにあっさり抜かれて信マジcrying(笑)。ま、まぁ後将軍首を二、三人とればまた追い抜くかもだからマジ頑張れ。

    ではこの辺で失礼します。今後もキングダム感想楽しみにしてます。アニメ感想も期待しております(NHKは大嫌いだがキングダムだけは不眠不休してでも手抜かずやれと言いたい。) 【紅蓮さん】

返答①>紅蓮さん、準備のせいで御返事遅くなってすみません。6月から私の名前をクリックすれば新しい世界が見えますよとお知らせします。

>それでも不安を一切あの2人から感じない

 将軍級の実力と言われてますから大丈夫だと思えます。これで壮絶に討ち死になる方が驚きます。甘央さんなんて万極に軍ごと叩かれまくってたのに生き残ってたからね。信が万極討ち取ったと聞いて、喜んだんじゃないかな(笑)。

>。となると衝突するのはあの楚千人将コンビなんでしょうね。

 (;;;´Д`)ゝどうかなぁ。。。。 初日だとほとんど相手にならなかったじゃないですか?新キャラ使いそうな気もしてきますね(多分、やられ役だと)。まあ連携が得意な分だけ一騎打ちより用兵で戦うなら面白いと思えますが。でも蒙恬らは用兵に長じているけれども個の武では信ほど破壊力が足りないように見えるから、このあたりを補てんするのかなぁと気になります。

>何処まで楚戦を流すか気になってきました。

 来週でまず切り替わるでしょうね。

>趙軍は李牧がいるから三将全員討ち取っても戦線崩壊すると想像出来ないんですよね。

 武神は必ず出すでしょうからね。私も崩壊しないとふんでます。来年まで合従軍編は続くと思って読んでますので。

>蒙恬らに追い付き、追い抜いたのにあっさり抜かれて信マジ(笑)。

 主人公なのにドラゴンボールのベジータみたいに苦労しているから現実味を感じて却ってわくわくして読めます。道は遠く険しい、けれども追いかけ続ける信の戦いぶりには見ていて飽きないし心が癒されます。

>アニメ感想も期待しております(NHKは大嫌いだがキングダムだけは不眠不休してでも手抜かずやれと言いたい。)

 ここでは公開しません。ここでは!。

info02quotation:義風捫虱堂「窮地の時こそ出番!出番!!」 120524

|

« 信約キングダム 297回 | トップページ | 信約キングダム 299回 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504963/56445984

この記事へのトラックバック一覧です: 信約キングダム 298回:

« 信約キングダム 297回 | トップページ | 信約キングダム 299回 »