« ローゼンメイデンFINALTALE 奪うものから与えるものへ。それが最強の証 | トップページ | ◇第373戦◇ ともかく行こう 屯留へ »

薔薇乙女の義は果たし、王朝の義が再び動く

Gfu_03薔薇乙女ことローゼンメイデンの義は果たし申した。

              

          

                               

                                    

                               

                                           

                       

                                      

φ(・ω・ ) 思ったよりも厳しい最終回でなかったなぁ。。 最後の真紅の姿に長谷川先生の漫画を思い出した。 奪うものではなく与えるもの。それこそが最強の辿り着く境地なんだってね。 かっこよかったです真紅は。 weepでもそれだけに無念ですね。。。

(○`ε´○)こんな最終回にするなら尚更民放アニメ化は残念至極と思うわ!! なぜに今でも小成に甘んじて喜ぶものが多かったのかpout 重ねてしつこく言ったが、ローゼンメイデンの民放アニメ化にはあんまり喜ばなかった。 1クールでは足りなさすぎと不満だったから。。。 それなのに喜ぶのが多かったのは少々残念な光景だった。

 なぜに小成に甘んじるのか。それほど惚れ込むのであれば何故何故に!! と。 しかしながら、もう後の祭りである。劇場版はもとより五期は望み薄であろう。実写版がせめてと思うが…。とにかく民放のTVアニメはライトノベルとエロ萌優勢の御時世だからこの大波に抗しきれないと思われる。(だからNHKが良かったのになぁ…)

まあ、それでも薔薇は薔薇は気高く咲いたのでOKとすべきであろう。。。

(=゚ω゚)ノ o(_ _)oペコッ 長きにわたるゴスロリ元祖作品、お疲れ様でありました。

              

Gfu_02  

そして、遂に義風を継がんと、

祝!キングダム連載感想の再開であります。

                 

                   

                   

(≧m≦)未だ、義は絶えていない!!

pencilさあて、相互リンク募集をかけようっと。

|

« ローゼンメイデンFINALTALE 奪うものから与えるものへ。それが最強の証 | トップページ | ◇第373戦◇ ともかく行こう 屯留へ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ミーク殿、コメント万歳であります。
>テーマが暗めなだけに厳しい、陰鬱なラストの可能性も多少は危惧してましたけどローゼンらしい日の光が射し込んだ爽やかなラストだったと思います

 犠牲者はめぐたんだけでしたね。陰湿なラストをめぐたんだけで背負ったのかと思うと少しブルーになります。

>アニメは本当に口惜しやですよね

 今でも許していませんよ、私は。ODVでやってくれないかね。嗚呼…。

投稿: うしつぎ | 2014年1月30日 (木) 18時49分


テーマが暗めなだけに厳しい、陰鬱なラストの可能性も多少は危惧してましたけどローゼンらしい日の光が射し込んだ爽やかなラストだったと思います


アニメは本当に口惜しやですよね
でも今は全て受け入れて作者や今まで支えたファンみんなにありがとうとお疲れ様を伝えたいです

投稿: ミーク | 2014年1月28日 (火) 20時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504963/59008192

この記事へのトラックバック一覧です: 薔薇乙女の義は果たし、王朝の義が再び動く:

« ローゼンメイデンFINALTALE 奪うものから与えるものへ。それが最強の証 | トップページ | ◇第373戦◇ ともかく行こう 屯留へ »