« キングダム 栄光の2景色  猛攻第三十弐話 | トップページ | キングダム 栄光の2景色  猛攻第三十肆話 »

キングダム 栄光の2景色  猛攻第三十参話

参拾三「勝利・・・そして」

 

event原作話感想陣地

 (≧∇≦)また継承。 信が自分たちの路を歩もうとする者と認めた廉頗が、新たな伝説の道を指し示す。 それはなんと中華の統一だった。⇒wrench中華統一は確かに始皇帝が為した偉業であるけれど、始皇帝が最初の発案者だったかどうかね。新たな創造は最前線で戦うものが発想しやすいからな。
 政が自分の道だと言い切っていた中華統一が自分らの道にもなると教えられた信は廉頗にその路を歩むと告げる。 自分たちの戦いと熱さを継ごうとする、自分たちの時代は生き続けると察した廉頗は信に精進せいとエールを送り、自分は死ぬまで現役でいると猛って敗戦の戦場を後にしたのだった。

 

羌瘣たんサヨーナラー(_´Д`)ノ~~ 

 

 

自分の居場所。それは自分の憩いの場にして自分を知る人々の心の不滅の記憶。さようなら伝説の大将軍・廉頗、さようなら飛信隊副長・羌瘣。

|

« キングダム 栄光の2景色  猛攻第三十弐話 | トップページ | キングダム 栄光の2景色  猛攻第三十肆話 »

一期一画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504963/59049339

この記事へのトラックバック一覧です: キングダム 栄光の2景色  猛攻第三十参話:

« キングダム 栄光の2景色  猛攻第三十弐話 | トップページ | キングダム 栄光の2景色  猛攻第三十肆話 »