« 漫画は自由、アニメは不自由 | トップページ | φ(・ω・ ) カキカキメモ »

φ(・ω・ ) カキカキメモ

バトン

一、初心者三国志バトンをもらって回答してください。
一、回答は当記事のコメント欄か、バトン記事にでもしてください。
一、回答したら添削しに行きます。それで相互リンク契約の成立となります。         

 

    初心者三国志バトンより参照。真面目に回答するなら赤点でも許可いたします。

         問題

【壱】 次の中から三国志(「演義」も含む)登場人物が出典の格言、故事成語、言葉を見つけなさい。

ア-呉下の阿蒙  イ-衣食足りて礼節を知る  ウ-火牛の計

エ-苦肉の策  オ-藍田玉を生ず  カ-一騎当千 

キ-犬馬の労  ク-断金の交  ケ-持久の策

コ-三十六計逃げるにしかず  サ-万全の策  シ-出藍の誉れ

ス-蛍雪の功  セ-寝食を忘る  ソ-白眉

タ-三顧の礼  チ-論功行賞  ツ-竹馬の友

テ-泣いて馬謖を斬る  ト-刮目  ナ-絵に描いた餅

ニ-七歩の才  ヌ-八斗の才  ネ-推敲

ノ-乱世の姦雄(乱世の英雄)  ハ-雄飛  ヒ-雌伏

フ-月旦  ヘ-意に介せず  ホ-登竜門

マ-白眼  ミ-破竹の勢い  ム-後塵を拝す

メ-五十歩百歩  モ-断腸  ヤ-内助

ユ-水魚の交わり  ヨ-読書百編、義自ずから見わる  

 

【弐】 現代でも神様(商売)として崇められている三国時代の武将を答えなさい。

【参】 三国時代の三国を答えなさい。

 

|

« 漫画は自由、アニメは不自由 | トップページ | φ(・ω・ ) カキカキメモ »

趣味」カテゴリの記事

コメント

昇熱殿、さっそくのコメント有難し。
>曹丕
 ああ、思い出しましたわ。そうそう、確かにあった。蜀呉の戦いの後、火事場泥ぼうやらかして見事に失敗したんだった。
 軍人でも二種類あるからなぁ。

>今生きている我々が抱える問題に解決するために故事から習わなければ最も大切なことです。

 温故知新ですね。わかります。

>最後のはこの頃のセンゴクにおける秀吉と三好笑巌の会話で思い至った次第です。

 センゴクは私も読みます。センゴクの秀吉評価はまだまだ先ですが、私の秀吉評価は「信長先生が全ての秀吉」でしたね。残念ながら信長より開明的にはなれなかったなと考えます。師が信長しかいなかったのが彼の限界でした。

投稿: うしつぎ | 2014年7月28日 (月) 21時17分

>勇気百倍
>最後の逆質問の答えはううんと結構迷いました。年取ったので思い出せないのですが、たぶんは孫策かなぁ。

横山光輝氏の漫画の曹丕のお言葉です。
蜀呉同盟が復活した知らせを聞いて
慎重派の意見を退けて勢いが強い呉に対して
余自ら出陣すれば我が兵は勇気百倍となるわ!と
意気込んだシーンですね。

おとなしく慎重派の言うとおり戦が下手なんだから
10年間国力を高めておけば良かったんでしょうね。
そうすれば名君として高名もさらに増したでしょうに。
人間性に問題がある事に変わりはしませんが。

>この三国志の故事を知っている昭和の政治家軍人は一人もいなかったんでしょうかね?

時代、国、人物それが何時いかなる時、何であれ
知っていたとしても見習なければ意味ありませんからね。
冷酷な回答と思われても構いませんが、
私は故人がこうしていたらと…ifを考える事はあっても想いを馳せるのは止めにした次第です。

この1カ月大分心境の変化があったので。
今生きている我々が抱える問題に解決するために
故事から習わなければ最も大切なことです。

故事と言わずとも同時代の人間から見習う事の大切さを
三国時代、日本の戦国時代は教えてくれますね。

三国時代は曹操の後継者問題を諌めた賈詡
戦国時代は家康は信長・秀吉の失敗から学び続けましたが
秀吉は同時代の似た天下人三好長慶の失敗から学ばず
似通った衰退の道を辿りました。

最後のはこの頃のセンゴクにおける
秀吉と三好笑巌の会話で思い至った次第です。

投稿: 昇熱 | 2014年7月27日 (日) 20時38分

CIC担当殿、御返事が遅くなり申し訳ありませんでした。
さっそく【壱】の解説をします。だって弐、参は分からんはずないんだもん(笑)。

CIC担当さんが外した【壱】の解答
 キ-犬馬の労(出師の表)
 ケ-持久の策(法正):劉備の漢中侵攻作戦で言った言葉
 サ-万全の策(劉先):荊州の劉表に仕えていた人。華北の戦いの最中に曹操に従うべきだと言ったのですが斥けられて投獄の憂き目に。曹操の南征後に曹操に帰服。
 セ-寝食を忘る(譙周):蜀臣。劉禅に降伏を申し出たのは有名。
 ナ-絵に描いた餅(盧毓):曹丕に仕えた臣下。今でいう人事部長の重職でかわいがられた。有名人は名ばかりで使えないから目立たなくても君のような実直な人を必ず推挙してくれよと。
 ヌ-八斗の才(曹植):曹植の才能を誉めた言葉。この世の詩才の八割を曹植が持っていると謝霊運が言った。
 ハ-雄飛(趙温)ヒ-雌伏(趙温):後漢の人物。献帝に忠誠をつくしたが曹操に疎まれて罷免された。
 フ-月旦(許邵):曹操に人物鑑定をした人。
 ヘ-意に介せず(魯粛):孫権に仕えた名臣。孫権が老臣たちの嫉みを一向に気にせず重用したことから出た故事。
 マ-白眼(阮籍)
 ミ-破竹の勢い(杜預):呉を滅ぼした学者将軍
 モ-断腸(曹丕):これは桓温だとおもっていたが詳しく見ると曹丕の詩が出典で桓温がその後になっている。
 ヤ-内助(郭后):曹魏王朝二代皇帝・曹叡の后。女王の語源もこの人。
 
★ 断金の交は孫策出典ではないです。後漢の孔崇〈水経注〉や易経が出典。キだけは抜かりましたね。
こうしてみると三国志、三国時代の故事成語って有名どころが結構あります。

 集団的自衛権についてはいずれ避けて通れない道でしょう。ただ、基地ネットワークがあまりに無整備なのが一番心配です。なんで対馬ほっといたままなのかとがっかりしてます。あそこを基地にしておけば周辺国家がおかしくなろうともどうにでも対処できます。銀英伝のイゼルローン級の軍事価値なのに安倍さん分かってんのかな?


投稿: うしつぎ | 2014年7月27日 (日) 18時35分

昇熱殿、御返事が遅くなり申し訳ありませんでした。
弐、参は当然正解ですので壱の解説をします。

昇熱さんが外した壱の解答
 ケ-持久の策(法正):劉備の漢中侵攻作戦で述べたのが出典。
 サ-万全の策(劉先):荊州の劉表に仕えていた人。華北の戦いの最中に曹操に従うべきだと言ったのですが斥けられて投獄の憂き目に。曹操の南征後に曹操に帰服。
 セ-寝食を忘る(譙周):蜀臣。劉禅に降伏を申し出たのは有名。
 ヌ-八斗の才(曹植):曹植の才能を誉めた言葉。この世の詩才の八割を曹植が持っていると謝霊運が言った。
 ハ-雄飛(趙温)ヒ-雌伏(趙温):後漢の人物。献帝に忠誠をつくしたが曹操に疎まれて罷免された。
 ヘ-意に介せず(魯粛):孫権に仕えた名臣。孫権が老臣たちの嫉みを一向に気にせず重用したことから出た故事。
 モ-断腸(曹丕):これは桓温だとおもっていたが詳しく見ると曹丕の詩が出典で桓温がその後になっている。
 ヤ-内助(郭后):曹魏王朝二代皇帝・曹叡の后。女王の語源もこの人。

 最後の逆質問の答えはううんと結構迷いました。年取ったので思い出せないのですが、たぶんは孫策かなぁ。

 関羽の悲劇は蜀の悲劇でした。蜀の北伐は賭けに近かったので呉の同盟を甘く見た蜀陣営の責任ですね。そろそろ終戦の日が近くなる季節ですが、この三国志の故事を知っている昭和の政治家軍人は一人もいなかったんでしょうかね?ソ連と不可侵条約結ぶなんて。。。

 

投稿: うしつぎ | 2014年7月27日 (日) 17時53分

お久しぶりです。
最近の集団的自衛権反対の世論に対して、いろいろ考えているCIC担当です。

【壱】
ア、エ、オ、ク、ソ、タ、チ、テ、ト、ニ、ノ、ユ、ヨ

足りない物が結構多そうな気がしますが、今自分に考えられるのはこれが限度
です。

【弐】
関羽雲長
横浜中華街の事を知っていれば行った事がなくても、これを答えるのは簡単で
すね。
逆に、行ったことがあるのに解らないとすれば理解に苦しみます。

【参】
魏、呉、蜀(若しくは蜀漢)

投稿: CIC担当 | 2014年7月 4日 (金) 22時55分

お久しぶりです。多少は気力も回復してきてます。
私の事を記事に書かれたみたいでそちらに挨拶するのが筋なのかと思いますが
これはまたマイタイムリー記事を( ̄ー ̄)ニヤリ
というわけで軸を定めるためにもこちらにコメントを
これもリハビリ リハビリなのです(o・ω・)ノ))

【壱】 次の中から三国志(「演義」も含む)登場人物が出典の格言、故事成語、言葉を見つけなさい。

ア・エ・オ・キ・ク・ソ・タ・チ・テ・ト・ナ・ニ・ノ・フ・ホ・マ・ミ・ユ・ヨ

トとマは略してます?
特にマは「視」がつく三文字の言葉では?
後漢や晋のも入っていて迷いますね。
間違っていたらご解説お願い致します。

【弐】 現代でも神様(商売)として崇められている三国時代の武将を答えなさい。

関羽 字は雲長 

彼に代わる荊州の司令官がいなかった事が
蜀にとっても三兄弟にも不幸でしたね。
同僚との仲が上手くいかない 
ならば張飛を補佐につければ兄弟だから上手くいった?
でもそうなると張郃を撃退できるかどうか…
ifを考えるのも難しいものです。

【参】 三国時代の三国を答えなさい。

魏・呉・蜀漢

最後に逆問題です(*^-^)
この三国の中の主君で「勇気百倍」と意気込み
他国に攻め込んだのは誰でしょう?
ヒントは【壱】に関連する人物です。
もう一つは貴方様が三国志関連で尊敬してやまない方の
漫画のセリフですo(*^▽^*)o

投稿: 昇熱 | 2014年6月29日 (日) 21時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504963/59898503

この記事へのトラックバック一覧です: φ(・ω・ ) カキカキメモ:

« 漫画は自由、アニメは不自由 | トップページ | φ(・ω・ ) カキカキメモ »