« 決定しました | トップページ | 漫画は自由、アニメは不自由 »

終わりと始まり

#406「別れ」

 趙都・邯鄲で出会った二人。 邯鄲の宝石、

美姫と呼ばれた歌姫と一人の大商人であった時は美しくも過ぎ去り…、

 毐国にて呂相国と太后が対面。 憎悪で煮えたぎる太后を呂相国は平然と見る。 人払いまでしたから率直に用件を言いなと太后が催促する。 なかなか口を開かぬのでさっさとと太后が焦れると、棘だらけだと呂不韋は一言で切る。

 棘が刺さり続けたその痛みで出会った二十一年前の光り輝く面影は消え去り、邯鄲の宝石は遥か昔だと辛辣に太后を批評した。どの口が言ってんだと憎々しげに太后は言い返すが、人のせいにするなと呂不韋は突っぱねた。

 弱き者 愚かな者は食われる時代だ、男であっても女であっても

 それでも呂相国はそなたが望むのであれば刺さった棘を抜いてやらんこともない、刺した張本人としてと温情をみせる。 しかし、太后は上から見ている呂不韋を笑わすな、いつまでも自惚れてんじゃねえと苛立ちをみせる。 
 いまさら頼みとする事なんか一つもない、毐国を建て好いた男と好き放題やって暮らすのだと吐き捨てる。政の顔、お前の顔も見るのはうんざりなんだと。 呂相国はロウアイが好いた男かときく。太后はそうだ、あんたの百倍は優しいしあっちもすごいからと笑って言う。が、呂不韋はそなたこそ笑わせるとまるでこたえない。

 燃え上ったかつての二人の大情炎に比べれば今の逃避行など孺子達の戯言にすぎぬと意に介さない。 自信満々の呂不韋に苛立ってきた太后は使者としての要件を言いなとせっつく。 だが、呂相国はそんなものはないと言う。

 政治的な話なら他の者を遣す、儂はもっと大切な話をしに来たのだと。 太后がきくと、恋人としての別れ話だと言う。 おそらくこれが本当の別れとなると真顔でしゃべる。 今更と口にする太后だが構わず呂不韋は話を続ける。

 そなたの心内はともかく儂の心はずっとそなたの所にあったのだと。荘襄王に献上した時も、趙に置き去り見殺しにした時も、変貌した醜悪さに眉をひそめた時も。舞台で花を贈ったあの時から… 

 儂は変わらずずっとそなたを愛している。 後にも先にもそなた一人、真に我が心を奪った女はと呂相国は出会ったからの愛を告げる。 震える太后にさらば我が美姫と言って背を向ける呂相国。 どうかここで静かに余生を過ごせと言い残して呂不韋は去っていく。引き止めようとする太后だが言葉が出ないで、去る呂不韋は扉を閉める。 何なんだあいつはと太后は男の信協が分からずに苛立つ。 それでも扉の向こうでかつての美姫の狼狽まで聞く呂不韋は別れではあるが最後まで愛している、たとえこれからさらにそなたに恨まれることになろうともなとこの先の悲劇までを心中で述べる。 見るのがうんざりと太后に言わしめたもう一人の男は咸陽で遠く空を見ている。

・‥…━━━☆・‥著雍では…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 北の毐国、南の楚で揺れる秦は中央戦線まで揺らぐわけにいかないと著雍にて官位的であるが、正式な論功式典が執り行われようとしていた 

 録嗚未と隆国が話し合いながらその場に急いでいた。急だと言うが、隆国はもっと早くても良かったと。咸陽でやるのだろうと録嗚未が言うが、そこは急いで内乱まがいの騒動にも総司令の目が鋭いのだと。 人手の減った山陽・著雍を守るには最良の手であるとその場に辿り着いた二人。 当人が引き受けた事の方が軽く驚きだと言うその場は…。

 軍兵ひしめくその場に騰と咸陽からの使者数人が台の上にいる。そして、使者から騰に向かって口上が高らかに述べられる。

それでは先の著雍の大勝利とその後の築城と防衛戦の功により騰将軍を 蒙武大将軍に続く秦国二人目の大将軍に任命する!!キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

 

 ぅぉぉぉーヽ(゚ω゚ )ノヽ( ゚ω゚)ノヽ(゚ω゚ )ノぅぉぉぉーヽ( ゚ω゚)ノヽ(゚ω゚ )ノ ぅぉぉぉーぅぉぉぉーヽ(゚ω゚ )ノヽ( ゚ω゚)ノヽ(゚ω゚ )ノぅぉぉぉーヽ( ゚ω゚)ノヽ(゚ω゚ )ノ ぅぉぉぉー軍兵達が沸く。跪き拝稽首する騰はありがたくと大将軍の任命を受ける。 新たな大将軍の登場を信も王賁も見たのだった。

 

 大将軍・騰キタワァ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:*・゜゚・* !!!!! これで方面軍最高指揮官の権限を与えられたことになり、中央軍の強化になるわけだ。権限強化するから徴兵もできるのかも。

|

« 決定しました | トップページ | 漫画は自由、アニメは不自由 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504963/60488343

この記事へのトラックバック一覧です: 終わりと始まり:

« 決定しました | トップページ | 漫画は自由、アニメは不自由 »