« 絶望した!今度こそ呂不韋の策に本気で絶望しました!! | トップページ | 智者の慮は必ず利害に雑う »

中途半端は悪(ワル)なんです

キングダム第414話

#「三方ゆずらず」

 黒き思惑に気いたのは太后が相国に叫んだのと凶報が式典に届くのと同時であった。

「毐国軍と思われる兵三万が函谷関をすり抜け北道より咸陽へ迫っていると急報です!」

 その北道では毐国軍が警護の兵の隊長たちに足止めされていた。樊於期らは偽玉璽の通行許可書を見せて、さっさと通せと促す。それでも隊長は北道を預かる身として咸陽に確認を取ってくるまで待機してもらうと役目を真面目に行う。 どのくらい待つのかと樊於期子がきくと、半日くらいと隊長は答える。 それにしてもいったいどこの兵か、旗も上げてない、これ程の数を一体どこからやってきたと重ねて聞く。

なっ━━Σ(゚д゚;)(゚0゚)(lll゚Д゚)きっ(た)━━!! 返ってきたのは斬撃だった。 遠くから見ていた兵達にもそれが分かり驚愕する。 子は返す刀でもうひとりの警護兵の首を刎ねる。 やれやれ、始まってしまったじゃないかと刀の血を振り落とすと、同時に毐国軍が残りの警護軍に襲い掛かった。まさかの急襲に動揺する警護の軍。樊於期子は早すぎましたかと父にきくが、樊於期は半日で往復というなら咸陽まで目と鼻の先だから前哨戦としてはちょうどよかったとほくそ笑む。 主の毐国軍の主・嫪毐は乱戦を懸念するが副官は大丈夫ですと答える。敵は三千でこちらは三万、多少は削られますがすぐに終わりますと。アレさえればすぐに軍は復活しますと余裕をみせる。言葉を失っている毐国主・嫪毐はこれが戦かと初めての戦場の凄まじさを知る。

 runmemo式典の最中にもたらされた毐国軍急襲の報は大王以下要職5名の知るところとなった。 三万の兵に昌文君は歯噛みしたが、相国は事前につかんだ情報では一万なのにと違いに疑問を抱く。 なぜ大軍になったのかとの両者の疑問に大王様は玉璽の複製と答える。無論、玉璽の複製にもっとも疑惑のあるのは太后であり、昌文君は太后に視線を移す。
 しかし、太后は昌文君をにらみつける。毐国の君主は嫪毐であり玉璽の複製も反乱も私の知るところではない、私が関与した証拠でもあるのか無礼者がと跳ね付ける。ぬけぬけとと相国は心中でつぶやいた。 玉璽複製の話が本当ならば時代は更に深刻ですと昌平君が話を進める。なぜならば偽の玉璽が効力を発するのなら毐国軍は咸陽を落して中枢を抑えれば秦国中から際限なく兵を興せるという。
 太后は実はその通りの作戦を取っていた。呂不韋の蒙武軍より兵数ではこちらが勝つ、ただで踊ると思ったら大間違いだと目の前の呂不韋を睨み付ける。呂不韋は呂不韋でそちらで準備してきたかとかつての愛人・美姫を一先ず褒める。本当の二人の総決算だと肆損得勘定の一大勝負にひそかに心躍る呂不韋は派手にやろうと奮い立つ。 その一方で相国は大王を見る。

 黙ったままで立っている大王。その姿を見る呂不韋。 帯剣し冠を得た矢先の実母による反乱、咸陽に抗う力なく王族もろとも死を迎える道に憐憫を覚える。同情する呂不韋は正直なところとこれまでの大王を懐古しはじめる。
 嫌いではなかった。遊び相手にすらならなかったのにいつのまにか私の想像以上の成長を遂げ、そちらの権勢争いがこれほど熱を帯びると思わなかった。好敵手として十分楽しませてくれましたぞと夏傘を込めて心中に思いを述べる。

 少々名残惜しくもあるがやはり最後は私が幕を下ろして差し上げようと呂不韋が動く。参列する群臣に向かい相国が毐国反乱が咸陽に迫っていると知らせる。 動揺する臣下達に国家存亡の危機であり一刻を争うをさらに危機感をあおる。それが式典を潰す口実でもあると大王派が即座に反応する。加冠の儀はここまでであると告げる相国。

 だが、勝手に中断するな呂不韋と声が即座に出る。声の主は式典の主役である大王様。加冠の儀は最後までやると宣言するのだった。

||Φ|(|゚|∀|゚|)|Φ|| さすが大王様!! 式典を遂行することで正式の大王としての権限を確立させて偽玉璽をはねのける。ついで黒い思惑の首謀者たちを質にとることもできるぜ。

|

« 絶望した!今度こそ呂不韋の策に本気で絶望しました!! | トップページ | 智者の慮は必ず利害に雑う »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504963/60919264

この記事へのトラックバック一覧です: 中途半端は悪(ワル)なんです:

« 絶望した!今度こそ呂不韋の策に本気で絶望しました!! | トップページ | 智者の慮は必ず利害に雑う »