« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月

忠武

#「シンドゥラの黒豹」感想

 ガーディーヴィ第一王子の宰相は信頼できる部下・ジャスワントをラジェンドラ軍に紛れ込ませる。そのラジェンドラはパルス軍を利用しようとする。 アルスラーン達はその思惑に気付くが、軍師ナルサスはその申し出をあえて受けるようにと進言し、殿下は採用する。
 クジャラート城に案内役としてジャスワントが選ばれる。 ナルサスは間者がいることも計算して和戦両面でクジャラート城から兵をおびき出してこれを撃つ。クジャラート城は陥落しパルス軍とラジェンドラ軍が抑える。 三日で要衝の城を抑えられたガーディーヴィ王子は焦るが、戦象部隊と兵の多さで尚も戦意を保った。 
 アルスラーンは自分が何者であるかと一人悩んでいたが、ダリューンの忠誠の言葉で自分を取り戻すのだった。

続きを読む "忠武"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

あと一つ

キングダム第439話

続きを読む "あと一つ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

兵は基を人に求む

#14「異国の王子」感想

Als_121

 隣国シンドゥラがペシャワールに侵攻するアルスラーン陣営は騎兵一万で迎撃する。 シンドゥラ第二王子ラジェンドラ率いる軍勢は五万だったが、軍師ナルサスは天の時、地の利、人の和の理からこれを撃破、ラジェンドラを生け捕る勝利を収める。

アルスラーンはラジェンドラと盟を結び、シンドゥラに遠征することになった。

続きを読む "兵は基を人に求む"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

キングダムで考える傅役ヴァフリーズ(#13)

#13「王子二人」感想

Als_130老将軍バフマン、殿下を庇い死亡。 ペシャワール城に入ったアルスラーン殿下一行様。 ゾッド族アルフリードを新たに味方に加える。 だが、銀仮面卿が城下に入り一人でいた殿下を襲う。 急をききつけた部下達が駆け付けるが銀仮面はそれらの攻撃を凌ぎつつ自らはパルス王子ヘルメスと素性を明かす。その隙を突き殿下を刺殺せんとするがバフマンが身を挺して救う。 そこから逃げるヘルメスをダリューンが追おうとするが、バフマンが正統な王家の血が絶えると言ってそれを止める。 その言葉に衝撃を受ける殿下を前にバフマンが良く王にと言い残してこと切れる。 老将が去った後、ペシャワールに隣国の若き王子が襲来するのだった。

続きを読む "キングダムで考える傅役ヴァフリーズ(#13)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

PENは光を描く。さっそく本屋に急がねば!

(◎´∀`)ノ キングダム愛読者一同の方々、本日7/15発売の雑誌『Pen』は目が覚めるほど素敵ですぞ。

続きを読む "PENは光を描く。さっそく本屋に急がねば!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雄飛の刻

キングダム第438話

 母を塔に幽閉した政。傷心の政は気を晴らそうといつもの城壁の場に足が向く。そこには…、

続きを読む "雄飛の刻"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

将の人望

#12「騎士の忠義」感想

( ´・ω・`) 賢者を招聘するのに何が求められるのであろうか

続きを読む "将の人望"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

終幕

キングダム第437話

続きを読む "終幕"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »