« 動く | トップページ | 信と桓騎  »

覚悟

#20「騎士の素顔」

Als_83

エトワールと会う(三度目) coldsweats01互いに正体がわからない…。 偵察にペシャワール城に入れたエトワール。だが本来の女性の也のままに入ったせいで、祖国解放戦争でハイになっているパルス兵に絡まれる。 手を出されて怒ったエトワールは思わずそいつを分投げる。 偵察でありながらもめ事を起こしてしまい狼狽えるが、その顛末を見ていたアルスラーンに助けられる。 アルスラーンは素性の知らぬ少女に自分の悩みを語る。 その話を聞いたエトワールは憂国の心は誰であろうと変わらぬと檄を入れる。 パルスの民のために戦う。自らの戦う理由を手に入れたアルスラーンは遂に戦場に出る決意を固める。 少女は場外に出る幌馬車でせめて戦場で会わないことを祈るのだった。

Als_121

アルスラーン陣営の急激な拡大 檄文に応じた諸侯や武将がひっきりなしにアルスラーンの下に参内する。 アルスラーンは新旧に関係なく人事を行うが、元は無位無官の者たちに対する新参者たちの不満が起こった。 ザラーヴァントとジャスワントが争いに発展した事を憂いたアルスラーンはナルサスの意見を容れて、行政の権限を新参のルーシャンに任せることにした。⇒ (◎´∀`)ノ鮑叔が管仲に相を譲った先例よ。

Als_30

ヒルメス、ザーブル城を奪取する。 

_ノフ○ 原作サームの策がカットされた。。。 とにかくこれでヒルメスは初めて自分の拠点を確保できた。

 

 

King04_14Photoルーシャンが老体でなく渋いキャラで声とともに好感が持てましたわ。  

|

« 動く | トップページ | 信と桓騎  »

名作でかくアルスラーン戦記」カテゴリの記事

コメント

コメントの返礼を
>いずれアルスラーン・ヒルメス・ギスカールさんの三つ巴の争いになるのかな?

(´・ω・`)ショボーン あ~あ、ここから面白くなっていくのになぁ。。。(遠い目)

投稿: うしつぎ | 2015年10月11日 (日) 14時01分

こんばんは。

エトワールの言葉で王になる覚悟を固めたアルスラーン。
ヒルメスなんぞに王位を譲ってはならんよ。

ヒルメスはザーブル城を攻略。
ボダンは取り逃がしたか残念。

いずれアルスラーン・ヒルメス・ギスカールさんの
三つ巴の争いになるのかな?
それともヒルメスはアルスラーンを倒すまで
ギスカールと対立せず互いに利用する関係を続けるのか。

投稿: 諸葛鳳雛 | 2015年10月 9日 (金) 22時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504963/62142587

この記事へのトラックバック一覧です: 覚悟:

» (アニメ感想) アルスラーン戦記 第20話 「騎士の素顔」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
投稿者・ピッコロ ☆アニメを濃く熱く語りたい人は集まれ~!毎週水曜日22時と金曜日21時半より アニメ系ネットラジオ「ピッコロのらじお♪」を放送!一週間のアニメの感想を語り合っています。 掲示板も設置、アニメ交流してみない?初めての方も大歓迎だぜ~!! ↑ポチって押して頂けると励みになります。コメントを頂けるとコメントレスさせて頂きます! ... [続きを読む]

受信: 2015年8月26日 (水) 10時06分

» アルスラーン戦記 #20 [ぐ~たらにっき]
『騎士の素顔』 [続きを読む]

受信: 2015年8月26日 (水) 20時09分

» アルスラーン戦記 #20 [日々の記録]
アルスラーンが覚悟を決めるお話でした。 アルスラーンの出した檄文によって、多くの将兵がペシャワール城塞へと集まって来ました。ルシタニアと戦う戦力は多い方がありがたいですが、急に多くの将兵が集まったことで問題も発生していました。これまでアルスラーンに仕えてきたダリューンたちと、後から駆けつけた将兵の間に溝があったのです。それはシンドゥラ人であるジャスワントに、まず向けられました。キシュワ...... [続きを読む]

受信: 2015年8月30日 (日) 19時12分

» 無自覚な女神が導く [マイ・シークレット・ガーデン vol.2]
Gremzキーワード:地球温暖化! 更新遅れます^^; だるだるしてました++; 『アルスラーン戦記』 第二十章 騎士の素顔 奴隷解放令が諸侯たちの反発を買い、 多くの兵は集まらないのではないかと予想していたダリューン。 予想に反してたくさんの兵がペシャワール...... [続きを読む]

受信: 2015年8月30日 (日) 23時05分

« 動く | トップページ | 信と桓騎  »