« たつ | トップページ | 何もない »

たつ

#21「別れの詩(うた)」の感想

Als_93

ザンデ、クバートに刺客を放つ! ⇒wobbly当然、失敗した。 

ペシャワールに向かい、アルスラーン殿下に目通りしようとしたクバート。途中でザンデの刺客に囲まれる。 だが、ダリューンと五分の武を持つクバート相手に雑兵レベルでは何人いても駄目だった。 お前とは一緒の道に行けないとクバートは心の中でサームと言葉を交わす。

Pdvd_011

「ふっ愚か者よ。未練がましいわ。却って主君の狭量を念押しするだけよ」 

(◎´∀`)ノ と、さんざんラブコールした名将に振られても、彼の忠義を褒めて見送ったちょっとかわいそうな英雄さんが言っております(大笑い)。

Als_181Als_56

アルスラーン軍、遂にペシャワールから王都解放のため全軍出陣!!! 

今度はキシュワードも従軍し、万騎長は全員出陣する。留守は前回で一気に大出世を果たしたルーシャンに任せる。ルーシャンは蕭何、荀彧の如く兵站事務で能力を発揮していた。

Als_53Als_54

またしても古参新参の諍い。 ザラーヴァントはまだジャスワントに文句を垂れている。殿下の人選にまで不平を口にする。 今度はシャプールの異母弟イスファーンが兄の死に絡んでギーヴに激昂する。

 新参古参の諍いを鎮めるため、ナルサスは演出をする。アルスラーン自らギーヴを追放する演出だった。 ナルサスは憎まれ役の代価にギーヴにアルスラーンが王となるための必要なものを探してもらう別命を与える。⇒原作既読者には察しが付くな(笑)。

 ヽ(;´Д`ヽ)(ノ;´Д`)ノ さてひとまず不満を解消したものの確たる武勲を立てていない新参組はさっそく功を争い、抜け駆けフラグを立てた。

 ルシタニア兵の罠にはまってあっさり本隊と分断される。 アルスラーンは迷わずに救援部隊を出すと決める。しかし、エラムとアルフリードが探しても見つからない。そこに、音曲が流れてきた。ファランギースがジンを使ってザラーヴァントたちを探り当て、直ちにルシタニア兵たちはダリューンとキシュワード隊によって撃破され、新参組を救出する。

 彼らの処罰は今後の働きのために不問になった。アルスラーンが新参の三将に戦に犠牲はつきもの、だからこそ皆が生き残るために力を貸してくれと言葉をかける。無闇の勇気を諫める主君に三将は改めて忠誠を誓う。

Als_68Als_62ルシタニアも当然、迎撃準備。

宰相ギスカールは将軍たちにルシタニア兵を王都に召集させる。⇒coldsweats01さすがに各地に兵を散らす銀英伝の賊軍総大将の愚考はしない。 しかし、ザーブル城の銀仮面だけは来なかった。 

それでもギスカールは銀仮面がアルスラーンの首を欲しがっているのを察し、必ず王都に来ると読む。 使えるうちは使うと銀仮面の武力を利用する腹だった。

 だが、それは銀仮面ことヒルメスもわかってる。ザーブル城からアルスラーンの動きを知ったヒルメスが動き始める。アルスラーンを最もふさわしい場所で葬ると。

Photo

(*゚▽゚)ノ アニメオリジナル展開で動きました。

入り乱れての戦の裏表の動き。誰がどう動き、勝機をつかむのか楽しみです。

|

« たつ | トップページ | 何もない »

名作でかくアルスラーン戦記」カテゴリの記事

コメント

諸葛鳳雛殿、コメント万歳であります。
>ここでギーヴが戦線離脱ですか・・・ギーヴ好きだったのに。

 この点だけ二期決定は評価しました!

投稿: うしつぎ | 2015年10月22日 (木) 16時38分

こんばんは。

ここでギーヴが戦線離脱ですか・・・ギーヴ好きだったのに。
アルスラーンが王になるために必要な者とははて?
玉璽がなんかですか?

ギスカールさんはヒルメスを利用できるうちは
利用すると。この人も知略に優れ只者ではないようで。

投稿: 諸葛鳳雛 | 2015年10月20日 (火) 18時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504963/62186127

この記事へのトラックバック一覧です: たつ:

» 見送る背中 [マイ・シークレット・ガーデン vol.2]
Gremzキーワード:植林・植樹! 8月も終わるだなんてウソみたい++; 『アルスラーン戦記』 第二十一章 別れの詩(うた) ルーシャン卿が宰相を引き受けてくれたお陰でだいぶん落ち着いてきたものの、 苛立ち収まらぬ諸侯もまだいます。 ザラーヴァントはまたジャ...... [続きを読む]

受信: 2015年9月 1日 (火) 00時47分

» アルスラーン戦記 #21 [日々の記録]
ギーヴが軍から追放されるお話でした。(;_;) いよいよ出陣の時を迎えたアルスラーン軍。しかし、内部にはまだ問題を抱えていました。これまでアルスラーンを助けてくれた者たちと、後からはせ参じた名門貴族との間の対立が解消されていなかったのです。彼らの憎しみは、異国人であるジャスワントや武人ではないギーヴに向かいました。 そして、ついに決定的な対立が起きました。ギーヴとイスファーンの間...... [続きを読む]

受信: 2015年9月 2日 (水) 00時14分

« たつ | トップページ | 何もない »