« 翻弄の末に | トップページ | 一(はじめ)に失敗するのがキングダムの道のりである »

守るものは

#23「聖マヌエル城の攻防」

攻城戦からスタート。

 impactパルス軍、聖マヌエル城を攻撃する。迎撃するのは銀仮面卿ことヒルメス。 守城の指揮を執るのはサームで、びくともしない。むしろ、万騎長サームの姿を見たパルス兵から動揺が起こる。 だがアルスラーンはそれを知っても揺るがない。⇒think混成部隊でもほころびを見せないルシタニア軍。ヒルメスは流石と言うべきだな。

 ルシタニア兵のエトワールは異教徒の戦いに私も参戦させてくれと伯爵に頼むが、伯爵は賛成しない。業を煮やしたエトワールは遂に…。

 bomb城攻めに難渋するパルス軍。その兵の士気の停滞を見計らうかのようにルシタニア軍の騎馬隊が城から打って出るhorse。指揮官はザンデ。 ザンデの突破力でルシタニア軍はパルス軍の陣を突破していく。
 パルス軍も負けずに騎馬隊を繰り出す。率いるは勿論、アルスラーン軍最強の武将・ダリューン。副官はジャスワント。⇒ (゚m゚*)知勇兼備の名将に冷静沈着で難局に応変する副官か。タレントそろっとるのう。。 

ヘ(゚∀゚ヘ) 王騎と騰レベルまでいかないがね(笑)。

 従軍する武将は若手三人組。happy01出番がきちんとあった。 ザラーヴァントは危ういところをジャスワントに助けられる。⇒ (゚▽゚*)全体を見渡せる副官ジャスワント、思った以上に将軍級の能力があった。

 _| ̄|○ガーデーヴィーさんや、黒豹くんに一軍を率いさせていたら生き残れたんじゃねえ??

 ダリューンでも大丈夫なのに副官ジャスワントが有能なので安心して本陣で総参謀長に専念できるナルサス。 攻城戦、野戦だけでなくキシュワードを内部攪乱で城内に潜入を試みる。が、それはサームに見抜かれていた。キシュワードはサームと戦う羽目に。

 その間にザンデはアルスラーンがいる本陣めがけて突進し、飛び出したエトワールはパルス騎兵に蹴散らされ地面に叩き落とされる。幸いにも止めを刺されずに済んだ。戦場から離れて取り残されたエトワールは、その場所で丘の上にいるエラムを見つけ…。

 城内の水路ではキシュワードとサームが一騎打ちでパルス兵同士で戦闘中、野戦ではザンデがパルス軍本陣に突っ込むが偽本陣で逆に罠にはまって兵たちが殆ど射殺される。⇒ ( ^ω^ ) 偽本陣か。劇辛と李牧の戦いでもあったなぁ。。。ザンデ君には劇辛将軍にまだ及ばないか…。 退却するザンデだがダリューンが待ち構えていた。

 ∑(=゚ω゚=;)ダリューン、ザンデを討つも…、潜行術を使う男が影から現れてザンデを連れ去るっていく。 

 ∑(゚∇゚|||)まさかのエトワールが、寄りにもよって本当のアルスラーン本陣に踏み込んだ。 目の前にいた少年は二度も会ったことのあるあの坊ちゃんだった。だが、その坊ちゃんこそがパルス王子アルスラーンだった。

Photo

(。>0<。)録画失敗してしもうた。。。

なし崩し的に話が進むなぁ。これだと次回でヒルメス卿が退場してしまうんじゃなかろうか??? 

|

« 翻弄の末に | トップページ | 一(はじめ)に失敗するのがキングダムの道のりである »

名作でかくアルスラーン戦記」カテゴリの記事

コメント

諸葛鳳雛殿、コメント万歳であります。
>ザンデは勇はあっても知略がありませんね。

 ノウキンってことでしょうな。。。まあ、ダリューンみたいな知勇レベル高く揃っている将軍なんてポコポコいるわけじゃないですからね。

>ジャスワントは軍を率いさせてもいいようですね。

 本当にアルスラーン陣営はタレント揃っているわ。

投稿: うしつぎ | 2015年10月24日 (土) 19時37分

こんばんは。

ザンデは勇はあっても知略がありませんね。
まんまと罠にはまってしまった。
連れ去られたということはまた復活するんでしょうか?

キシュワードさんはサームさんと。
剣を落としてものの囲まれてしまった。
これは一旦退却ですか?

ジャスワントは軍を率いさせてもいいようですね。

投稿: 諸葛鳳雛 | 2015年10月22日 (木) 18時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504963/62274228

この記事へのトラックバック一覧です: 守るものは:

» アルスラーン戦記 #23 [日々の記録]
聖マヌエル城にて、アルスラーン軍とヒルメス軍が激突しました。そしてエトワールは、ついにアルスラーンの正体を知るのでした。 ついに戦いが始まりました。聖マヌエル城に籠城する敵に対して、アルスラーン軍は攻城を仕掛けます。しかし、聖マヌエル城の城壁には、パルス軍の一員であったサームの姿がありました。城の守りにかけては定評のあるサームが、ルシタニア側で戦っていることで、アルスラーン軍には動揺が...... [続きを読む]

受信: 2015年9月19日 (土) 16時08分

» 衝撃の再会 [マイ・シークレット・ガーデン vol.2]
Gremzキーワード:砂漠化! 明日、感想書きたいと思います^^; →遅くなりましたがさらっとね・・ 『アルスラーン戦記』 第二十三章 聖マヌエル城の攻防 聖マヌエル城を落とす戦いが始まりました。 ヒルメスはルシタニア軍の人間になりきっていますが、 こんなふう...... [続きを読む]

受信: 2015年9月19日 (土) 22時37分

« 翻弄の末に | トップページ | 一(はじめ)に失敗するのがキングダムの道のりである »