« 漫画は自由、アニメは不自由 | トップページ | 責任感 »

強者が囮に

#455「主攻なる助攻」

 河了貂が必死に考えた策で飛信隊が遂に動く。

 隊長の信の檄に兵士たちが喚声で呼応し、作戦に沿って配置につく。 後で会おうと信の言葉に貂が信に向こう岸でと返し、所定の場所に動きだす。 渕さんに声をかける信は渕さんに声をかける。俺たちの力を見せてやろうぜと拳を出して励ます。渕も少し緊張しながら拳を出して、存分にと信の檄に応じた。

 対岸の敵がうるさくなったのを聞いて、馬呈将軍は一人残らず沈めてやると息巻く。

 河了貂の渡河作戦

一、隊長の信が飛漂、郭備兵達を率いて渡河する。 

 岐鮑と川を探った貂は足が届く浅瀬があることを見つけていた。その一か所から信が屈強の兵達を率いて上陸作戦を行う。

 馬呈は浅瀬に気付こうが、そこは凹地だと気楽につぶやく。

 実際、その通りだった。sagittariussagittarius凹地なために周囲から矢の雨が降り注ぐ。危険極まりないが、信たちはそれでもひるまずに盾を構えて前進する。⇒happy01危険であるほど燃える、流石に主人公!

二、河了貂が飛信隊古参兵を率いてもう一つの浅瀬から渡河する。

 その浅瀬は凸地になっている。敵の応戦は遠くになるが、上陸するには大軍が渡れない。そのために少数だが飛信隊のベテランが配置された。凹地で隊長の信が囮になって、本命がこちらだった。しかし、馬呈は劉冬からその策を聞いていたので、隊長の信が攻め寄せる凹地を部下に任せ、自分は本命の凸地の秦軍に向かうのだった。

 だが、それも河了貂の予想範囲内だった。これだけでは作戦は成功しないと、三番目の渡河を考えていた。

三、渕さんの部隊が激流である上流から橋をかけて渡河する。

 浅瀬は二か所しかなかった。三番目の渡河は敵ですら配置していない激流の地点から橋を架けようというものだった。 いざ、その場所にきてみると想像以上の激流で渕さんたちも震える。

 だが、それでも先ずは岐鮑が縄を縛って激流を泳ぎ渡ろうとする。皆が見守る中、岐鮑はなんとか渡り切る。縄を対岸に縛り、岐鮑は皆を待つ。流れの速さに自分以外の者なら死んじまうかもと不安を抱く。

 縄を渡したものの渕さんたちはすぐに渡ろうとはしない。岐鮑ほどではないが水練達者な土南と言う者が名乗りを上げて、最初に渡ろうとする。しかし、土南は岸から十歩進んだだけで流されてしまうのだった。⇒ ⊂⌒~⊃。Д。)⊃ ふ、不吉すぎます。。ピクピク

 水練に長じている者でも渡れぬ速さ。渕さんたちに不安が広がる。どうすればいいのかと考える渕さん。 

 不安におびえる皆の目に川に異変が起きる。上流から川の水が血の色で染まっていく。川の血の色を見た渕さんは震える。信殿が戦っている、その血なのだと。

 我々のために皆が血を流している。命を懸けた仲間の期待に応える。渕さんたちは奮い立ち、激流の川に入るのだった。

Photo

作戦は基本で良かった。この漫画って結構、兵法の基本守ってんだよねぇ。 

渕さんは龐煖と会った恐怖を思い出せば、大丈夫だ。

次回はお休みだって。。。 

|

« 漫画は自由、アニメは不自由 | トップページ | 責任感 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504963/62755416

この記事へのトラックバック一覧です: 強者が囮に:

« 漫画は自由、アニメは不自由 | トップページ | 責任感 »