« 意地 | トップページ | 守るものは »

覚悟

#451「黒羊の夜」

night初日の遅れを挽回できぬまま夜を迎える飛信隊。夜襲に備える。
 
貂が陣中を回り、矢継ぎ早に命令を下す。 敵にとって俺たちがこの地に不慣れな闇が最も好機、つまりは初日の今夜に趙軍は必ず夜襲をかけてくると皆に警戒を促す。 見張りを倍、外輪の隊はいつでも戦える準備、茂みに入る哨戒隊は適時の報告を怠るな等々。月が雲に入る前に配備をすべて済ませろと。
 兵も密林地での敵陣野営が初めてで不安を抱くが、軍師の言葉を信じて動く。そして、見張りを広範囲に伏せ、明日の主力の兵たちがしっかり休む。

dangerしかし、羌瘣が戻ってきていない。
 東側の配備を終えた楚水が本陣にやってくる。楚水からの問いに信は斥候に出たきりで樹海の中に消えたままだと答える。
 斥候に羌瘣が出た後に手前の丘に戻ったせいで‟間”(自軍と羌瘣)が大きく開いた。そこに趙軍が押し寄せているのならばと羌瘣の行方を楚水は心配する。信も前線の趙軍側にいるかもしれないと楚水の判断と同じ考えだった。楚水はわずか数十騎しかないなら敵につかまっているのではと不安がる。それには信があいつに限ってそんなへまはないと最悪の可能性を切る。 それよりも心配なのは―。 信の声を読んだかのように渕さんが本軍の桓騎将軍から伝者が来たと報告しに来た。 冷や汗をかく楚水。こちらのヘマの事を思い、舌打ちして自分の陣に戻る信であった。

.。.:**:.。..。.:その頃、当の羌瘣たちは… **:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。

 騎兵達が隊長の周りで敵を見張る。しかし、暗くて奥は何も見えず、苦労していた。羌瘣はちょっと集まれと命じる。皆が副長の下に集まる。 羌瘣は見えるかと問う。皆は副長の顔を見るが、羌瘣は指をさしてこっちだと地面の方に向ける。地面に小石と枝で現在の俯瞰図を描かれていた。
 地面の俯瞰図で羌瘣は部下たちに自分らがどこにいるかを示す。 完全に斥候隊の自分らが孤立している。戻ろうとしたら趙軍の背中ばかりが見えていた訳も部下に納得がいく。なんでこんなに本隊が後ろなのかと疑問を持った部下もいる。 部下の孫仁はすぐに戻るべきだと意見する。こうなったら斥候はもう必要がなくなったと。 そこから議論になる。戻り方は横に走り、迂回して戻る。 そんな長い道のりを火もつけず走るのか、闇の中では方向すらわからなくなると短所もある。 
 しかし、羌瘣は迂回はしないと明言する。孫仁の言う通りで明日は戻って隊を率いて戦うが、その前にやることがあると皆に言う。 何を数rのかわからない部下たち。羌瘣は今、私たちは敵の後ろ側にいる、こんな好機はめったにないのだと。自らの小石を趙軍の石にぶつける。 意味が分かった部下たちは顔が真っ青になった。。。

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。. .。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

shock真っ青になっているのは本陣にいる貂たちもであった。
 桓騎将軍の伝者が来て、初日の大失態により‟斬首”に処すと信に告げる。極刑に貂がちょっと待て、いくらなんでもそんな権限はと異見する。が、伝者はある、お頭はこの軍の総大将だからとはねつける。 だが、ここで頸を刎ねれば右側の事態が悪化するからと特別に減刑して右腕だけで済ますと言う。早速に刀を抜く伝者。 待てと尚も言う貂だが、信はしょうがねえと言う。

 信は刀を抜いて伝者の右腕に当てると、この辺でいいかと聞く。⇒ (ノ∀`)・゚・。アヒャ アヒャヒャヒャヒャ信はギャグのセンスも上がったなぁ。(笑)。 何やっとんじゃあと伝者は怒鳴り、渕や那貴も驚いた。 うるせえ、たった初日からガタガタ言ってんじゃねえ!!戦は最後に勝ちゃあいいんだろうがァと信は吼える。 開き直りよったと伝者が思うと、桓騎軍のお目付け役・那貴は一本取られたね馬印、ここの連中はおどしやはったりは通じないみたいだよと言う。 伝者の馬印は尚も右腕は本当にもってこいって愚図ると、信が楚水に穴を掘ってこいと言う。こいつら埋めて伝者は来なかったことにすると事もなげに言う。

 信はやらかしちまった責任の重大さは俺たちが誰より重く受け止めてる、だから二日目以降で必ず敵を撃破して俺たち飛信隊が戦局を覆すきっかけを作ると。そして最後はこの俺が敵将・慶舎の首を取って黒羊の戦いを勝利に導いてやるとまで言ってのける。 次いで那貴が馬印に右腕の件は預かるとお頭に伝える。こちらに送られた以上は少なからず俺の責任も発生しているからとフォローをする。 

 那貴は信の視線が向いているに気づき、隊長が啖呵を切るのはいいと話し出す。だが、今日見た限りでは相対している敵は一筋縄ではいかないぜと今後の不安を言う。 それを聞いた貂は大丈夫と答える。今日一日の苦戦の中でやれることとそうでないこと、樹海地での戦い方が大体分かったと言う。この首にかけて明日は前線を突破して隊を中央丘横までもっていくと那貴に断言する。 だと言いがなと那貴は半信半疑に言う。

 一刻後、貂の読み通りに夜襲があり、飛信隊は迎撃できた。それを見ていた貂と信は戻ってこない羌瘣が気になっていた。 密林、夜と羌瘣にとっては得意な状況下にある、だからこそ無茶しそうで逆に二人は心配していた。⇒ (゚ー゚;その二つの状況が得意な人はもう一人いるよね(笑)。

.。.:**:.。..。.:**:..。二人の予想通りに羌瘣は….:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:..。.:**:.。..。.:**:.。.

fullmoonさっさと帰って来いと心で信は思うが、当本人は趙軍本陣に肉薄してしまっていた。隙のない夜営を見て、部下たちは急襲は無理と一斉に感じる。孫仁は中止しよう、副長の力はわかるがいくらなんでもやりすぎだと意見する。あんな中に入って敵将を討った後で生きて脱出するなんて不可能だと。 しかし、羌瘣はお前たちはここで待機しろ、騒ぎが大きくなったら速やかに離脱しろと言って進もうとする。たまらずに孫仁が羌瘣の服を掴んで止める。こんなことは隊の奴らだって隊長だって望んでいねぇ、なんだってこんな無茶をしようとするのかと食って掛かる。 声が大きくなり、他の部下が孫仁をたしなめる。

 孫仁に止められた羌瘣はしばし考える。副長の動きに戸惑う部下たちに副長は語り始める。 

三千将とかになると流石に敵を討つのにどのくらい味方に犠牲が出るのか少しは考える。そして今、万の軍の敵将の首を犠牲無しで討てる好機がある。 そうだな、つまり…、飛信隊のために無茶をやるんだ。笑みを浮かべて羌瘣は部下たちに告げる。晴れやかな副長の顔に部下たちは暫し見とれる。⇒ (*´д`*)ハァハァ ふつくしい!!!この一言で十分です。 孫仁の手から力が抜ける。

確かに難しくはあるが勝算がないわけではない。仮にも千年前からこういう仕事をやっている一族の出ではあるからなと羌瘣は趙将めがけて敵本陣に踏み込んだ。

Photo

(*゚ー゚*) ようやく飛信隊のターンが出てきました。 信のギャグのセンスも上がったなぁ。羌瘣の一途さがまた一段と美しさに磨きがかかるわ。

|

« 意地 | トップページ | 守るものは »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504963/62601911

この記事へのトラックバック一覧です: 覚悟:

« 意地 | トップページ | 守るものは »