« 焦燥 | トップページ | うしつぎ以外に誰も気づいていないのか△ »

動く

#465「掌上の戦場」

慶舎「滅せよ飛信隊」  \(;゚∇゚)/は…腹いせ感が。。。

 趙軍総大将・慶舎が自ら飛信隊を叩きに下りた。 慶舎軍に飛信隊はあっという間に苦境に陥った。 
 貂は分断する気だと直ぐにわかった。渕、楚水隊が既に後方の馬呈軍と交戦中なのも最悪だった。後ろまで貫かれたら崩壊する。貂は食い止めろと命じるが敵の破壊力はそれを許さない勢いだった。 貂の周りが無理だと騒ぎ始めた。 貂が言うよりも早く、信は動き新手の敵を迎撃する。信だけじゃなく、羌瘣隊の岳雷や我呂も迎撃に動いていた。

 だが、我呂がどのみち俺たちだけではそんなに長くは止められないと言う。 数だけでなく、一人ひとりがただ者じゃない武を持っていた。我呂も手こずるが、それでも信は矛で敵を屠っていた。 その信が戦いの最中、ただならぬ気配を感じて、そちらに目を移す。

 信、慶舎を見る! 禍々しい殺気をまとった騎馬武者と慶の旗で信はあいつが趙軍の大将ではと目を凝らす。 その騎馬武者はその矛の若い男が信だと喋る。 慶舎は信を既に見知っていた。

「李牧様が桓騎と並べて名指しであげた標的だ。確実に首を刈り取れ。」

Riboku_1つ… ついに…… あの李牧が信を脅威と認識したのか!! (河了貂)

李牧!! 遅ェくれェだバカヤロオ (信)

慶舎の言葉で逆に信の闘志に火が付く。慶舎軍を更に斬る。が、我呂は貂の名を叫ぶ。貂も我呂の意図に気付き、退却の指揮を取ろうとする。 それまで粘るように言うが…。

 それを待つほど離眼軍は御人好しではなかった。 慶舎軍が飛信隊に襲い掛かったので劉玲は離眼軍を呼応させる。左右に軍を展開、包囲殲滅を図る。

 丘の上にいる紀彗もその動きが分かる。慶舎の主力部隊、劉冷と馬呈軍の包囲では飛信隊が助かる道は一つもない。一溜りもない、そう思う紀彗だが何かが引っ掛かってきた。

 飛信隊でもなく、慶舎様でもない、この急襲で桓騎軍は右翼を失うのだから間違いない急襲の筈であるのに…。 何かがおかしい気がしていた。   

 そして、それは中央左丘に位置していた金毛将軍も同様に感じていたのだった。部下たちは大将の初日と同様の活躍に沸き立つ。 だが、長年、慶舎の側近を務める金毛は桓騎が動いた気配がないはずなのにと不安を覚える。

 愚か者、初日とは全く違う。 部下たちを金毛は叱る。 初日はアミに飛び込んできたから狩りに行った。だが、今のはアミと無関係で目障りな飛信隊を討ちに出られただけだ。 傍目には飛信隊もアミにかかった餌食に見えるかもしれぬが、私にはこれは焦れ、桓騎への報復に見える。 
 やはり、昨日の最大の好機ですら動かずに気配を消していた桓騎に苛立っているのかと金毛は察する。

 こんな慶舎様は始めてかもしれないと思った途端、金毛は戦慄した。この慶舎様をみて今、桓騎が笑っているとしたらと――。

(・∀・)ニヤニヤ やっぱり笑っていたお頭。 リン玉が敵捕虜から慶舎を沈黙の狩人と呼ばれていることをお頭に語る。どの敵も張り巡らされた罠に気付かずに絡め取られる、皆は慶舎の掌の上で踊らされるのだと。

 しかし、桓騎はそういうやつに限って最後は俺の手の平の上でクリクリ踊ってぶっ殺されて大グソ漏らすって話だと片づける。沈黙の狩人、あっさり血相変えて動きやがった雑魚と慶舎の焦りをあざ笑う。 

 その頃、黒桜の横にゼノウが出てきていた。

Photo

((ノ)゚ω(ヾ)) 慶舎、油断を生じさせることが戦場の重点だと李牧様が言っていたのにわすれてしまったか。。。

|

« 焦燥 | トップページ | うしつぎ以外に誰も気づいていないのか△ »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504963/63295504

この記事へのトラックバック一覧です: 動く:

« 焦燥 | トップページ | うしつぎ以外に誰も気づいていないのか△ »