« 選ぶ | トップページ | 動く »

焦燥

#464「焦れの限界」

 

pout飛信隊本陣で信は憤っていた。 初日にも来た桓騎将軍の伝者がこの場に踏みとどまれとの命令を持ってきたからだった。 昨日の大好機を逃したせいで、今度は俺たちが窮地に陥っているのだと。何で桓騎は動かなかったんだと詰めよる。伝者たちは呼び捨てするなと一言。
 軍師の貂は信の怒りを宥めながら、オレはぎりぎりまでここにとどまっていた方がいいと思うと言う。飛信隊の位置が桓騎軍にとって有利になる位置にあるからだと。しかし、信は後ろの敵はそれを黙って見逃すほど甘くはねえと言う。貂も信の意見に頷いた。

 伝者はそのことでお頭から伝言を受けてきたと明かす。 伝言は援軍を送るとの事だった。貂が援軍について信用していいのと尋ねる。 伝者はさあなと濁したので、信が舌打ちした。仕様がないと貂は踏みとどまると決めるが、昼までが限界だから援軍はそれまでにと注文を付ける。

 

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:* 四 日 目○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

 リン玉がお頭、そろそろ始まるぜと桓騎を呼ぶ。 幕舎で女たちと寝ていた桓騎が起きる。さてと言う桓騎だが…。

 impact四日目に動きがあったのは中央丘の右側、すなわち飛信隊の戦場であった。

 飛信隊の後方にいる離眼軍が飛信隊に襲い掛かる。

 これまでの鬱憤を晴らす勢いで馬呈が斬りまくる。対する楚水隊が馬呈本人を相手にせずに弓兵で巧みにその勢いをそぐ。 馬呈の突破力を削がれるのを見て、劉玲も動く。劉玲軍には渕隊が当たる。 
 貂は後ろの離眼軍を受けつつも、前の中央丘に即座に対応できるように部隊を配置していた。だが、肝心の桓騎軍が丘にも援軍にも全く動く気配がなかった。

 動かぬ桓騎 

 黒桜は部下の焦れに黙ってろと命じる。

 紀彗が部下の楽観、今日も動かないのではの言葉にそれならそれでいいと戦局の有利さからゆとりをみせる。 飛信隊に劉冷、馬呈軍が戦い、趙軍の脅威は半減するからだった。このまま飛信隊を滅するか追い払えば、こちらは晴れて前の敵に集中できる。 紀彗としてはそのまま桓騎に動かないでいる方を願っていた。
 その飛信隊は昼頃になり、楚水・渕隊が削られてきた。 貂は田有・沛狼隊を繰り出して、補填する。 一向に援軍の気配がないので信も焦れてきた。

 ここまでは飛信隊の戦場以外は前日のように膠着状態のままであった。 だが。。

(・_・)エッ....沈黙は金ではなかった?  

モムーリ!o(゚Д゚)っ慶舎将軍が怒ってた。 一向に匂いを嗅ぎつけさせない桓騎に慶舎が焦れてしまっていた。 焦れた挙句に殺気を滲ませ、愛馬を怯えさせてしまう。 
 どうしても動かないつもりなら動かなくしてやる。慶舎は部下の陽炎を呼ぶ。こちらに突き付けている楔、飛信隊を皆殺しにしてやると自軍全部を下の飛信隊の向けて投入する。

 慶舎様が動くのに紀彗が驚く。そして、新手の趙軍の動きに貂や信が驚く。 が、大将の桓騎はなぜか薄く笑うのだった。

Photo

慶舎って、麃公将軍よりゆとり成分がたりなかったのね。。。

|

« 選ぶ | トップページ | 動く »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504963/63295240

この記事へのトラックバック一覧です: 焦燥:

« 選ぶ | トップページ | 動く »