« さよならを告げるもの | トップページ | 決着 »

選ぶ

#482「離眼と趙国」

桓騎が離眼を攻めると知った紀彗たちは…

 紀彗が丘を捨てて離眼に救援に向かうと言う。 

 金毛は激しく拒否する。離眼を攻めても趙軍に包囲されるだけで戦略的意義はない、お前を釣り出す罠だと言う。

 馬呈はそんなことは百も承知だ、だが放っておけば桓騎は離眼を黒羊よりももっとひでぇ方法で血の海にすると言い返す。故郷を荒らされると気が気ではない。
 離眼の兵も桓騎のやつらは人間ではない、下にいって見てくればいいと馬呈に賛同する。兵らは紀彗に一刻も早く戻るように促す。

 金毛は数日待ってくれと言う。砦が完成さえすれば慶舎軍だけで丘を守れると言うが、紀彗は今の離眼では半日も持たないと戻る意思を変えない。 
 たまりかねた岳嬰はここまで来て身勝手が許されると思うのかと槍を突き出す。どうしても戻ると言うなら殺してでも留めると。 
 槍の前に馬呈が立ちふさがる。その前に俺がお前を殺すと言う。岳嬰も下郎と一触即発になりかける。 しかし、金毛がそれを止める。

 もし紀彗を殺せば離眼兵が決死隊となって我らに襲い掛かる。趙軍の中での争いが愚行の極みにつながるのが分からなければ歩兵からやり直せと岳嬰を叱り飛ばす。 そして、桓騎から突き付けられた勝利と敗北の選択を決めるのは、実質総大将たる紀彗なのだと言い切る。  金毛が指揮権を譲渡したので岳嬰が驚く。

 金毛が紀彗に選択を突き付ける。黒羊戦は趙国にとって重大な一戦である、それを捨てることは趙国人の命をどれほど被害をこうむるのか、それを防ぐためにこれまで戦ってきたのだと。それをよく考えて決めろと。 苦悶の色を浮かべる紀彗。⇒ ( ̄◆ ̄;)ええっと…これって慶舎将軍討ち死にした時に紀彗が言ったこと。

 

 紀彗は…、

 離眼に戻ってきた。迎えに来た子供たちを抱きしめる紀彗。 紀彗は家宰たちを集めて、離眼を離れる算段を始める。

Photoオワタ┗(^o^ )┓三 鍋島直茂にはなれなかった紀彗

|

« さよならを告げるもの | トップページ | 決着 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504963/63970595

この記事へのトラックバック一覧です: 選ぶ:

« さよならを告げるもの | トップページ | 決着 »