« 信と桓騎  | トップページ | さよならを告げるもの »

正しい感情

#477「矜持の咆哮」

Photo

第一話から「キングダム」を読んで以来、初めて感想モチベ―しょんがガタ落ちました。で、端折って感想。

 

 信、羌瘣が桓騎本陣へ殴り込みヽ(#゚Д゚)ノ┌┛)`Д゚)・; 

 桓騎の村人皆殺しに信と羌瘣がキレた。 二人とも馬で駆ける。 貂が必死の止めようとするが二人の耳には入らない。⇒dangerお約束とも言いたいが、組織の長として失格。。。 

 血の気が引いてる貂が最悪の事態に備えることにする。田有、去亥に二人の後を負わせ、沛狼ら他のみんなには散らばっていた飛信隊の各隊をすぐに集めるように命じる。 貂は桓騎軍と戦争になるかも知れないと言う。

 桓騎と怒鳴って信が本陣にやってきた。 めんどくせえのが生きてやがったかと桓騎将軍は早速ご挨拶する。 弱いやついたぶって何してやがると信が言う。 桓騎将軍は平然とただの凌辱と虐殺だと答える。俺は何でもやると最初に言った筈だと。 
 それに対して信はだが、お前は勝つためにやると言っていたぞと言い返す。 だから、こうやって勝つんだよと奪った指輪をさらしながら桓騎将軍が答える。⇒coldsweats02手段が目的化ですか。。。

 鋭気を養っているとでもいうつもりかと信が桓騎に食って掛かろうとする。 その信を雷土がだからどうしたと拳で横っ面を殴りつけた。 敵は敵、何しようと構わない風で雷土が信を揶揄う。 信は拳で殴る。 雷土も信の顔面に拳を叩き込む。 雷土の拳に信は倒れずに逆に殴り返し、雷土を吹っ飛ばす。 
 それを見た黒桜が矢をつがえて信を射ようとした。摩論は驚く。 それに羌瘣が緑穂で弓を斬る。黒桜は即座に次の矢をつがえようとするも、羌瘣は懐に飛び込んで黒桜を投げ飛ばす。 キレた雷土は刀を抜き、部下たちに切り刻めと命じる。 信が取り囲まれそうになる。

 「全員動くな!」 羌瘣が桓騎将軍の首に緑穂を突き付けた。 黒桜が横にいる摩論にそいつを殺せと叫ぶが、摩論は私では無理と拒否する。 刀を突き付けられた信に雷土がもうただじゃ済まなくなったぞと言う。

 信は昔の乱銅の一件以来凌辱、虐殺は戦争じゃねえと吼える。それでは中華統一は果たせないとも。 

 信の咆哮を聞いて、桓騎将軍は笑い出す。 何がおかしいと信が怒鳴るが、桓騎将軍はお前が一番だと指さして言う。 俺が今まであった悪党でお前が一番の悪党だと言うのだった。

Photo

(il||li _| ̄|○ il||li 信と桓騎についてこれまでの将軍たちのようなやり取りができると思った時もありましたわ。。。

|

« 信と桓騎  | トップページ | さよならを告げるもの »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504963/63828822

この記事へのトラックバック一覧です: 正しい感情:

« 信と桓騎  | トップページ | さよならを告げるもの »