« 志 | トップページ | キングダム愛読者うしつぎ特薦アニメの〈秋〉 »

天下の基

#488「秦王の絵図」

 亡国の民が苦しまぬ答えを持っている。 秦王の言葉に斉王は興味を示してその答えを聞こうとする。

゚.+:。(・ω・)b゚.+:。[秦王の答案]

 斉王の言う通り「国」とは人が根付く大地である。大王は斉王の言葉を至言と認めつつ話を勧める。

 国を奪われた時、そこにいた人間達に残るのは耐えがたい屈辱感、喪失感、恐怖心だ。中華統一をする側の王として彼ら旧六国の民達の苦痛を取り除く責任があることは重々承知している。それらを取り除くためにこれまでの征服戦争ではないことを説いて理解してもらう必要があると。 

 斉王はこれは異な、六国制覇は征服戦争ではないかと一蹴する。 しかし、大王は違う、これは新国建国のための戦争なのだと言う。

 中華統一は新国建国の戦争だ。征服戦争とは「支配」、だが六国を西の秦が一手に全て支配しきれると思うか、それを試みればまた中華は年をまたがずして中華は再び混沌の世となるだろう。 六国制覇の秦が支配者の体をとれば中華統一は確実に失敗する。

 秦人は支配者になってはならない。 支配者とならなければ亡国の民達の「恐怖心」はまずはぬぐえよう。 
 そして、新しい国の形を提示できれば、国境無く争乱は消え人と物が自由に動き混ざり合う世界がと大王は新国家のコンセプトを説き始める。⇒ (゚▽゚*)うふ、少し呂相国の中華像も入れてきたかな(笑)。

 だが斉王は机上の空論だと切る。支配無くして中華を一国になぞできるわけがないと。多種多様な文化・風習・信仰、これほど複雑に分かれる中華の全人民を同じ方向に向かせるなど、逆にこれまでにない強烈な支配力を持つ者達が上に立たなければ実現不可能だと激しく否定する。 ⇒bookまあ斉国も多人種国家だったらしいからねぇ。。

 大王は斉王の言をその通りだと否定しない。この中華統一の成功は全中華の民を一手に実効支配するものにかかっている。だが、それは絶対に「人」であってはならないのだと。 
 人ではないとの大王の言葉に昌文君も分からない。斉王も人ではないなら何だと問う。

 「法」だ。 「法」に最大限の力を持たせ、「法」に民を治めさせる。 「法」の下には元斉人も秦人も関係ない。王侯貴族も百姓も皆等しく平等とする。 
 中華統一の下に出現する超大国は五百年の争乱の末に「平和」と「平等」を手にする法治国家だ。
 大王が斉王に自らの新国家の答えを提示する。 昌文君の目に涙があふれ、蔡択も大王の言葉によくぞここまでの境地をと感嘆の鳴動を抑えきれなかった。

 秦も斉も…現七国の民は統一後は上下なく並び共に一丸となって自分たちの新しい国家の形成に勤しむのだと。それが秦王の俺が現六国の民達に対して用意している答えなのだと。

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:               

 秦王の答えを最後まで聞いた斉王はぽつりと問う。 王侯ですら「法」の下と言ったかと。秦王は下だとさらりという。 斉王はそれではもはや「王国」とも呼べぬぞと言ってみるが、秦王は小事だと事もなげに言った。 昌文君ですら驚くほどに…。

 つくづく常識を覆しおると斉王は秦王の大きさを評する。東西南北「平等」の法治国家の新国家像の答えにおおざっぱだが回答としては悪くない、我々の目指すところは、我々の闇が惑い苦しむ場所ではなさそうだと安堵の言葉を紡ぐ。
 そんな道があったか、蔡択の口車に乗せられて遥々咸陽まで足を運んできたかいがあったとまで…。 思わず昌文君がでは合従軍などとはと口に出たほど斉王の顔は晴れやかであった。⇒pen法による統治。そういえば法家の開祖は管仲でしたっけか。だから斉王も納得できたのかな。

 そして、大王は今度は斉王が答える番だと切り返す。 一体、何のために咸陽まで来られた、斉秦同盟とも思えたがどう考えてもつじつまが合わないと。

 だが斉王はほぼ正解だと答える。儂と秦王の口約束でしかないが斉秦同盟のようなものなのだと。 斉秦同盟に昌文君が口にすれば、大王もそれのどこに斉国の「利」があると更に問う。
 秦にとっては三晋を挟むこの上なき「利」を得るのに、三晋を破った秦の刃が突き抜けた時は同盟だけでは守れないことが分かってるのにどうしてだと。

 その時、秦王が今のような目でなく汚濁にまみれていたとしたら斉は死力を尽くして国を守ろうとするかのうと意味深な言葉を告げる。 気づいた昌文君は大王が変わっていなかったらならばと口にする。 大王も斉王の言葉を待った。

 遠い目をして斉王は語る。 およそ五十年前、楽毅の合従軍の攻撃を受けた斉は「莒」「即墨」のみとなった。 儂はその籠城中の「莒」で生まれてから五十年、多くを見てきたのだと。
 そして、ずっと思ってきた。 この中華はもううんざりするほど血を流し続けてきたが、出口も見つからぬまま泥沼の中で血が流れ続けていくのだろうと。出口はないのだと儂もおもっていた。
 だが、今の秦王の答えでどうやら出口の光があるのかもと思った。 そなたならこの全中華の舵取りを任せてもよいかもしれぬ。 斉王は秦王の器量を愛でるかのような驚倒の言葉を発する。

 昌文君が文字通り仰天する。ふ、降る話ではないか。。。今、中華の一雄が間違いなく降服の話をしたのだと。 

 現七雄で最も長く争乱史を見続けてきた王の贈物に大王が心底から拝稽首するのだった。

Photo ;:゙;`(゚∀゚)`;:゙ 遂に理想が現実を超えた!!

|

« 志 | トップページ | キングダム愛読者うしつぎ特薦アニメの〈秋〉 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

おはようございます(笑)。

投稿: うしつぎ | 2016年10月 1日 (土) 09時23分

Hello!

投稿: Pharmd668 | 2016年9月29日 (木) 13時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504963/64225751

この記事へのトラックバック一覧です: 天下の基:

« 志 | トップページ | キングダム愛読者うしつぎ特薦アニメの〈秋〉 »