« 兵は基を人に求む | トップページ | 国を人口&労働力の集まりと見做す下愚共を『キングダム』が論破 【後篇】  前篇はとっくに書いたわ(怒)! »

たつ

#493「再出発」

失格組から中華十弓クラスの逸材を発掘した飛信隊は、

sagittariussagittarius弓矢兄弟(仁と淡)の技をさらに目の当たりに…。 淡が的から距離を取る。兄・仁は中華十弓とは趙の武霊王が全土から弓自慢を集めて腕比べをし、上位十位までをそう呼んだのが始まりだと言う。
 優勝した金令は五百歩の所から十射のうち八射までを的に命中させたと。 淡が五百歩の距離を測ると、仁がそこから的へ矢を射ち始めた。

 山の中で昔から二人でとっちが先に的を射抜くかの遊びをずっと繰り返してきました。父は十射中八射を射抜いたと兄は射ながら信たちに話す。 当時の中華十弓と同じ腕前なのかと言われるが、仁は魏国には九射を射抜く達人がいると答える。 

 その名を馬朱離。 誰だと信が問うと、貂が回答する。

神弓の異名を持つ魏の最強弓兵。かつて戦場では百以上の敵将校を射殺した腕前で今では前線を退いているが今でも十弓のうちの三位までには入ると言われていると。 

 更に信が他の二名についてきくと、燕の仙手備と趙の青華雲だと答える。

 仁は父は馬朱離と戦うために俺たちを山に置いて戦場に行ったと言う。信がそして、麃公軍に運悪く入ってすぐに命を落としたと言うと、仁もそう聞いていますと返す。 そこに待てと岳雷が割って入ってきた。

 蒼源様が戦場で何もせずに死んだというのは間違いだと岳雷は言う。岳雷を連れてきた我呂が蒼源様のことについては岳雷の旦那の方が詳しいと言う。 岳雷が蒼源のことを話し始める。

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.: **:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:** :.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

 確かに戦場では決して長い期間ではなかったが、蒼源様の弓は戦場で多くの味方を救い多くの敵将校を倒して戦を勝利に導いた。
 中でもすごかったのは中華十弓と言われていた魏の白公との弓対戦だった。合戦中に乱戦場を挟んで二人は互いに撃ちあい、六射目で敵白公の右目を射抜いたのだ。⇒ catface『男塾』で聞いたような戦いかな。そう言えばあの弓矢の達人の名も蒼だったなぁ。。。 あれで蒼源様は敵味方から中華十弓の腕前と知れ渡った。 それから麃公将軍も蒼源様を抜擢し、特殊部隊を創設したのだ。弓騎兵で構成された遊撃隊だった。

 麃公将軍から好きにやれと裁量自由を与えられたその部隊は凄まじく強かった。あの当時、戦場で「蒼弓隊」の名を聞くだけで敵は震えあがる程だった。 だが、ある戦場で窮地に陥った隊を救いに行った蒼弓隊は敵の大いなる伏兵に逢い敗れた。そこで蒼源様も死んだ。 

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.: **:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:** :.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

 済まぬと岳雷は弓矢兄弟に謝る。そこで救われた隊の中に俺はいた。お前たちの父の死に俺は大きく関わっていたのだと。 仁は…、

 頭を上げてくださいと仁は岳雷に言う。うちの父がお役に立てただけで嬉しいですからと。自分たちは父ちゃんはドジだから普通に馬に踏まれて死んだんだと思ってたと。⇒coldsweats02それはそれで酷い気が…。 仁は岳雷に本当にお気になさらずにとむしろ気が咎めるように慰める。 いい話を聞けたと感謝する兄弟。 仁はますます戦場に行きたくなったと言う。

 我呂は弓矢兄弟にどうして飛信隊に入ろうとしたのかと問う。仁たちは町に下りると飛信隊の噂をよく聞いていたからだと。 信はどんな噂かと問う。飛信隊とその隊長様は飛矢のように真っすぐだと仁が答える。岳雷もそれは間違いないと念を押す。
 あと、河了貂と羌瘣が可愛いとの噂もあったんだよねと淡が言うと、慌てて仁がそれを止めようとする。けれども、兄弟の話を聞いた信たちが腰くだけになってしまう。

 改めて弓矢兄弟は体力試験に落ちてしまったけれど自らの弓にかけて一生懸命に戦います、飛信隊に入れてくださいと直立姿勢から頭を下げる。弟も遅れて頭を下げる。 我呂がどうするんだと軍師に判定を問う。 貂の判定は…、

 二人共戦場に出るまでにはきっちり体力をつけてもらうよと言う。 喜ぶ兄弟。信は特例合格を出しちまったなと笑う。 貂は信だってわかってるだろ、あの的が見えているのだからと言い返す。 信も同様だった。 五百歩離れているその的には外れ矢が一本もなかった。
          

 信たちの騒ぎを見ていた崇源は、早くも合格者が出たかなと言う。 馬鹿いうな、あっちは落ちた組だと言う者がいた。

 剣の試験を望んでぶちのめされた威勢のいい志願者「干斗」。 石を持ち上げ剛力試験を受けている最中のその男に崇源が気を散らすと失格するぞ、もう息があがっているようだがと揶揄う。干斗がこっちはあんたに鼻をやられて息が苦しいんだと強がる。 崇源は何でお前は飛信隊に入りたいのかと失格する前に聞いてやるとまた揶揄いながら問う。 向こう行ってろと言う干斗。 
 再度、なんで入りたいのかと問う崇源。 干斗は元下僕から這い上がってきた隊長、その脇を固めるあんたらも平民出身で、そんな部隊が活躍していて憧れねえ奴はいねえと答える。絶対に合格してやると。 せいぜい頑張れと崇源が言う。 彼の仲間たちも俺たちも残ると呼応する。 ただ、他の奴等には落ちろと言っていたが(笑)。

 (・_・)エッ....?だが、二百人と見積もっていた体力試験が全行程終了後には三百五十人がクリアしてしまった。 予想外の結果に貂は動揺する。 信はここの募集は三百だぞと言うと、貂はその三百五十人を合格にしてしまう。 他と帳尻を合わせるつもりでいた。

 ところが、羌瘣の受け持った会場では信たちと同じ試験内容の体力試験を四百人が通過してしまうのだった。 ( ゚д゚)( ゚д゚)(゚0゚)ポカーンポカーン  

高台で試験を見る羌瘣。その横にいる去蓋は志願者たちの光景に仰天する。 猛然と走り、体力試験を踏破する受験者たち。 去蓋はこいつら絶対に羌瘣目当てで頑張ってやがると考えていた。 事実、その通りで羌瘣の挙動で反応する事しきりであった。。。⇒Σ(`0´*)随分と体力余っている〇タ〇ですなぁ。。。
 もう一つの試験会場では楚水がきっちり四百人と予定通りで選抜してきた。 予定枠を超えてしまっている貂と羌瘣に楚水はどうして人数を越えてしまったのですかと問われる。二人は答えに窮してしまう。 

 ヤレヤレ ┐(´(エ)`)┌クマッタネ で、結局は…余っていた人数を整理するために、また体力試験をさらに重くして再試験をする羽目になってしまうのだった。
 文句を言う志願者。 ごめんとばつの悪そうな河了貂。 早めに合格して良かったと淡。 不用意な弟の発言をたしなめる仁。

 新戦力1000名決定! 合格者千人を前に隊長の信が演説する。

 よくあんな苦しい試験を残ったお前らは大したもんだと千人に向かって信がまず褒める。有名な信の言葉を聞けて喜ぶ合格者たち。 だがと信は前置きして、本当に苦しいのはこっからだと話す。
 調練・練兵で血反吐を吐いてもらう。体力試験が子供の遊びに思えるほどの過酷な訓練であると。 不安になる淡とそれを励ます仁。
 だが、ここまで来たら絶対にやり遂げて一人前の兵士になれ!お前らももう全員が大武功めがけて走り続ける飛信隊なんだ。わかったら気合を入れろと檄を入れる信。

 千人が震える程痺れ、そして、喚声を上げた!!!

Photo(*^ー゚)b新戦力補充!! 

|

« 兵は基を人に求む | トップページ | 国を人口&労働力の集まりと見做す下愚共を『キングダム』が論破 【後篇】  前篇はとっくに書いたわ(怒)! »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504963/64411119

この記事へのトラックバック一覧です: たつ:

« 兵は基を人に求む | トップページ | 国を人口&労働力の集まりと見做す下愚共を『キングダム』が論破 【後篇】  前篇はとっくに書いたわ(怒)! »