« さよならを告げるもの | トップページ | 焦燥 »

上兵は謀を伐つ

#509「矛の継承者」

 王騎将軍の矛で趙兵達をぶった切る信。 古参の尾平達や新兵らは王騎将軍の矛で猛然と戦う信の姿に感動する。 王騎将軍の矛の威力、使いこなしているとの声が出るが、それに副長の羌瘣はあれで使いこなしていると思うかと水を差す。皆の視線が副長に集まるが、羌瘣はよく見てみろと言う。  すると…、

 敵を斬る前に自分が先に斬られていたのだった。矛で相手を仕留めているものの、先に相手の刃が信の体に当たっている。 尾平たちも気づいたのは、明らかに矛が遅れていることだった。 振り遅れているの声に、羌瘣も豪快にとはっきり認める。 鎧の上からだが切り傷が増している信。 苛立った挙句に、このクソ矛重すぎだろと八当たる始末に尾平らがなんてことを流石に非難した。

 振れてない信を尻目に続々と山民兵達が城内に入ってきた。その中にシュンメンの姿も見つける。シュンメンは卒なく趙兵達を斬っていく。 我呂がせっつく。それを見た信も中までやられるわけにいかねえと気を取り直して攻撃を再開する。 中を制圧して城主をとっ捕まえて列尾城を落とすと。

 やがて、王賁と玉鳳隊数騎が到着する頃には列尾城が落城していた。半日とたっていないぞと驚きの声が挙がる。 関常と王賁は望楼の上に秦の旗を立てている者を見る。 あのバカだと毒つくのは当然に信だった。 仲間からはやく傷の手当てをしろと言われる。rock信たちは列尾城を落とした!

 【 列尾城攻略戦第四段階 】

 horsehorsehorse秦連合軍が入場する。

 蒙恬が何もしないで入場して悪いなぁと言えば、陸仙もこちらまで出番があるかと思っていたのですがと予想外の戦果に少々驚く。 桓騎軍は略奪する物が無かったので舌打ちした。

 列尾城を落とした飛信隊は貂が負傷兵達の手当てをしたら動ける兵をすぐに信、羌瘣、楚水に回すように命じていた。部下が今すぐにですかと言うと、貂はそうだと答える。 聞いていた尾平は城は取ったのだからと言う。貂は何言ってんのと咎めるように言うと、列尾はこっから忙しいのだと答える。 そこに貂達を覆う影が差す。

 総大将・王翦将軍が入城する。驚く貂たちに一瞥もせず王翦将軍は城の周囲を見回し、部下たちに素早く命令を下す。

  • 司陸に南の区画を調査
  • 黄楽に四方の城壁の高さと長さを正確に測って報告
  • 田近に城門の作りを細かく解明して報告

 貂たちに気付いた王翦軍の将が声をかける。飛信隊にご苦労だった、後は我等がやるから指示があるまで待機しておれと。 後の言葉に疑問を持った尾平に貂がその問いに答える。 

 列尾城が秦の城となった以上はこの城の全容を把握してクセを早くつかまなければいけないのだと。 王都圏の突破口「列尾」をうまくこじ開けたけれど、今度は「列尾」が秦軍の呼吸口になる、だから確保し続けなkレば兵站線を途切れて鄴攻めどころではなくなる。貂は楽観していなかった。

 horsehorse趙将・公孫竜の軍が列尾まで半日の赤馬丘まで来ていた。そこで趙軍は列尾城陥落の報を聞く。
 半日で陥落したことに驚く者、このまま列尾城を攻めて奪回、まだ秦軍は城を手懐けていない等々と軍中に声が沸き上がる。 部将たちの大半はこのまま進むの意見だった。

 しかし、公孫竜将軍は全軍に停止する後に反転を命じる。陽土まで前線を下げて布陣するとも告げる。 
 将兵たちが列尾城を見捨てるのですかと大将を非難する。 公孫竜は案ずるな、落ちたら落ちたで奴らを術中に嵌めるまでだと答える。 戸惑う兵達に列尾城には李牧様が施した策が秘められていると言い、彼らを驚かせる。

 その頃、列尾城に登った王翦将軍が李牧の罠に気付いていた。王翦将軍は昌平君の鄴攻めが音を立てて崩れていくのを感じるのだった。

Photo(0゜・∀・)ワクワクテカテカ 知恵比べが始まるのか。

 

|

« さよならを告げるもの | トップページ | 焦燥 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504963/65031320

この記事へのトラックバック一覧です: 上兵は謀を伐つ:

« さよならを告げるもの | トップページ | 焦燥 »