« お隣さんが本音吐きよった | トップページ | 名作から名巧(功)を学ぶ »

智者の慮は必ず利害に雑う

キングダム第516話

#516「陥落の武器」

 李牧が邯鄲に帰還する。救国の英雄を文武官吏が出迎え声をかけあう。 特に異形の鎧に身を固めた武人たちがお帰りをお待ちしておりましたと言葉をかける。 その武者たちが馬呈の目を引き、彼らの素性を知るカイネも驚く。

 shadowshadow彼らは前三大天・藺相如の配下たちであった。李牧に邯鄲軍の出陣は叶いませんでしたら我等私兵は許されましたと述べる。上出来と李牧は答える。

 そして、北の炎城・文城から一万ずつ南下中で、間もなく邯鄲に到着できると報告する。二万を鄴に進めますかと言うが、李牧は却下する。 

 鄴は中華の中でも「最強」部類に入る城、秦軍には攻め落とせない。ここまで秦軍が入ってくるなら逆に秦軍を鄴に集める。そして、趙軍で囲って動かずに「兵糧攻め」にすると戦略を説明する。  李牧の策を聞き、前三大天の精鋭も秦軍の悶え苦しむ顔が目に浮かびますと讃える。

 戦略の説明をした李牧は王の謁見に出ようとする。それから王都圏諸軍の統制に移るつもりだった。そこに胡周が駆けつける。

 彼は李牧の帰還を労う。李牧も私の鳥の伝令を行動に移してくれましたと礼を交わす。胡周が王都圏から続々と鳥が来ていることを伝える。胡周の李牧は王の謁見後はすぐに胡周の下に向かう予定だった李牧はそこで秦軍の動向を問う。

 胡周は秦軍本軍は更に三軍に分かれて途中の城を落としながら鄴に近づいていると述べる。更には許城も落ちたので九城が落ちたと。 李牧は公孫竜軍九万についてきく。
 山民族の軍とにらみ合いを続けているが、東に動いたために王都圏南部に出た難民が北に逃げらなくなったと。難民の言葉に李牧が分からなかった。

 九城を落とした秦軍が城内の民を全て外に追い出した故にと胡周が答える。舜水樹が他の城もですかと問うと、同じくそうだった。傅抵が王都圏南部には難民が彷徨っているのかと言って、カイネを驚かす。
 李牧は彷徨ってはいない、秦軍は西から順に城を落として東進しているからと言う。北は前線の壁、難民の大群は間違いなく「東」に向かっていると推定する。 傅抵はでは難民の行き着く先はと言うと、shock李牧の顔色が一変した!

 sweat02見る間に汗が噴き出た李牧は胡周に一体、いつから鄴は難民を受け入れているのかと尋ねた。

 そう・・・難民の行き先は…、モヒャ━━((゜Д゜Uu))王都圏第二都市・鄴であった━━!!!!!!

 難民たちが涙を浮かべて安堵する。水と食料にあずかれる安心が次々に城内に民の足を進ませる。役人は首長の帳面の確認に忙しくなっていた。辛城民が左に、赤城民は南の区画へ、吾多と丁城民は先へと大量の難民を収容していく。 第二郭どころか第三郭まで流れ込み、役人の黄智も不安が広がっていた。

 たまりかねたのか鄴城の晋利間将軍が一度、城門を占めて難民の流入を止めるように城主に進言した。 

 しかし、城主・趙季伯は民は国の礎だとその意見を斥ける。秦軍が迫っていないからぎりぎりまで門を開けるのだと。 文官はこれ以上はと難色を示す。そこへ穀物蔵の三号があっという間に空になったと報告が入る。城主は構わなずに四・五号の蔵を開けるように命じる。蔵は無数にあるとの城主の言葉に不安を覚える文官。

 意見具申した晋利間将軍は西壁の巨大望楼にいた。門が締まらないので部下に問うと、城主は民全員を城に入れるように決めたと部下は答えた。 晋将軍はとうに城の許容を超えている、城主はこの状況をちゃんと見ているのかと愕然とした。

 鄴ばかりではなく、邯鄲でも同じ衝撃を受けていた。 舜水樹が鳥を飛ばしましょうと言うが、李牧は間に合わないと却下する。どういうことでしょうかとカイネは李牧に説明を求めた。

 王翦は列尾を落とした後に本当に鄴を見に来たのだと思います。鄴を見て力技で落とせないと気づいた。気づいたので王翦は真っすぐに向かわずにわざわざ九城を落として回った。 私にも読めなかったその目的は…、

 鄴を落とす武器を作るために――! 城を落とされた難民が武器。カイネは理解がおいつかず混乱する。

 dangerその鄴に異変が起こる。

 望楼から難民を眺めていた晋将軍はようやく最後尾を見つける。しかし、同時にその遠くから三つの狼煙が上がった。敵襲の鐘を鳴らすように命じる。 遂にこれ程の深部まで迫ったきた秦軍に敵意を燃やす。

 飛信・楽華・玉鳳の合同軍が鄴に向かう。鄴の城を見る信。 その先には桓騎軍が鄴を視界にとらえた。 摩論が私共が一番乗りですねと上機嫌、配下たちは鄴城のでかさに驚く。

 狼煙と横一線が黒く塗りつぶされる光景から秦軍襲来を知った難民と鄴城で門を閉める。想定通りの鄴籠城戦となるが、想定外は城内に九城の民を抱えてしまったと李牧は言う。
 鄴城内では四・五号の穀物蔵が空になってしまう。城主は事態の大きさに気付き始めるが、六号の蔵を開けるのを止めない。

 鄴の桓騎軍黒桜は籠城戦をやるつもりはなく、全部を書く城門前に固めるように命じる。邯鄲で愕然とする馬呈、紀彗、傅抵ら。狼狽える代表のカイネはこの鄴籠城戦はどうなるのかと問う。李牧は…、

 秦の兵糧が先に尽きるか…九城の民が鄴の食糧を食べ尽すかという「兵糧合戦」となりました と答える。 兵糧攻めの掛け合いという途方もない戦に対しカイネは李牧に問うも、私でも聞いたことがないと李牧ですら想定外を自白する。 底知れぬ王翦の智略に李牧が汗をかく。

 horsehorse鄴を包囲した秦軍。 兵糧攻めを受けときながら、相手の民を使って兵糧攻めを返すのかよと桓騎は愉快そうに語る。 横にいる王翦にやっぱ、お前はぶっ飛んでるわと不敵に笑って言う。 
 桓騎の褒め言葉に黙ったままな王翦は、鄴はお前に任せると返す。 総大将の言葉に反応する黒桜に摩論。桓騎は先を見抜き、お前が行くのかと言う。 ああと肯定した王翦は李牧が鄴を解放する前にこちらから先に攻め上らねばならないと動くのだった。

Photo

o(*^▽^*)o 日本漫画アニメにおいても最強仮面戦士の称号を手にするぞ王翦(大笑)!!!

 人気ブログランキングへ

|

« お隣さんが本音吐きよった | トップページ | 名作から名巧(功)を学ぶ »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504963/65305730

この記事へのトラックバック一覧です: 智者の慮は必ず利害に雑う:

« お隣さんが本音吐きよった | トップページ | 名作から名巧(功)を学ぶ »