« 選ぶ | トップページ | 近況 »

切り札

#527「撩陽の牙」

 朱海平原より南西約三百里でもう一つの重要な戦いが同時進行している。

 楊端和軍と撩陽軍の戦い 

ようやく到着した援軍一万の将・壁は山の民の戦いに度肝を抜かれる。  あらゆる局面で山の民の個の武で押し込んでいた。我々の一万の援軍が加わらずとも山の民五万で趙軍九万を圧倒していたのだった。

 楊端和が敵の戦い方がずっと単調だと壁に話す。 何か狙いがあるかもわからない。流れ次第ではすぐに出陣してもらうので準備を頼むぞと山の女王は壁将軍と丁重に言ってくる。 頬を染めつつ、壁が楊端和の言葉を拝手して受ける。

 だが、少数の騎馬隊が楊端和、壁ら山の民軍の前に現れる。その騎馬隊は数人の山の民を手でしばりつけたまま引きずってくる。 山の民達は震えている。 異様な光景に壁は驚愕し、楊端和は仲間の無残な様に顔が怒りに満ちる。その騎馬隊の将があえて端和たちの前で止まる。

 good将は指を鳴らす。 dangerすると縄を落とすと同時に趙兵が串刺しにしたのだった。山の民を殺した後、その将は端和たちの方に指をさし、挑発する。 怒りに燃える山の民軍の一隊が無道の敵に襲い掛かるが、その騎馬隊は難なく山の民の一隊を蹴散らして趙軍の方に戻っていった。

 公孫竜軍の兵達は顔に似合わず派手な登場と言って、直ぐに彼らの迎えの隊を送る。何だったんだ今のはと壁は彼らの行いが理解できなかった。 楊端和は顔をしっかり覚えたぞと仲間への非道な仕打ちをした者共に怒りが渦巻く。

 撩陽軍新総大将・舜水樹。 早速に総大将が下した命令は…全軍退却であった。 兵達がこの戦局の停滞は総大将・舜水樹をお待ちしていたが故のとがごぞって反論する。 舜もそれは分かってると答える。 ではなぜにと重ねて問う兵達。 
 舜はこの戦いで勝つにしても敵を深く引き込んで一人残らず息の根を止めたいと思っている。懸念するのはうち漏らした敵兵が李牧様が戦われている朱海平原に流れることだと。

 兵は何処まで下がりますかと問う。舜は城までとさらりと答えた。 別の兵が撩陽の城までですかと確認すると、総大将の答えは是であった。 その兵がしかし、あそこにはと厄介なと言うが、直ぐにまさかと脳裏に浮かんだ不安が口から洩れる。 舜はそのまさかだと兵の不安を肯定した。 「撩陽の牙」で秦軍の肉を引き裂くと。 やがて趙軍は退却し始める。

 dashdash退却する趙軍。 一人の山の民が不自然な退却、素直に追って大丈夫でしょうかと異論を述べる。端和は追わずに視界から消えられる方が厄介、軍を分けて鄴に行かれる恐れが出てくると全軍で追撃にかかる。
 壁が敵の意図はともかく我等には好都合、この軍の目的は鄴に近づけさせぬことだから、後ろへ追い込むことは鄴から遠く離れることだと言う。 だが、山の民の一人はそれ故に不気味であるといっておると意見を言う。
 端和は敵が下がる理由として考えられるのは二つあると言う。一つはこの先に趙軍に有利な戦場があるか、もう一つは強力な援軍が待っているかだと。 強力な援軍だとしても壁は追って行けば分かるとゆとりをみせる。

 先に退く趙軍。一人が山で吼える狼か犬の姿を目撃する。

兵の一人は本気でこの戦いに撩陽城を巻き込むつもりですかと大将に問う。別の兵はさっきの「撩陽の牙」とは何ですかと問う。 舜水樹は今ここにいるのは撩陽軍であるが兵は撩陽一帯の城から集められた兵達で真の撩陽城の兵ではないと語る。 といいますとと兵がきくが、異変を感じる。 舜はこの撩陽城には趙人とは異なる種族の人間が巣くっていると言う。

 追ってきた楊端和軍。 兵の一人が風景が変わってきたと口にする。次に壁が前方に何かを視認する。 楊端和は全軍停止を命じ、敵の突撃に備えよと言う。

 danger丘の上に異形の集団が現れた。 舜水樹は「犬戎」と答える。撩陽城にはかつて中華の周王朝を滅ぼした大「犬戎」族の末裔が占拠しているのだと。

Photoo( ゚Д゚)y─┛~~さて問題です。「キングダム」で犬戎について最初に語ったのは誰でしょうか??

 人気ブログランキングへ

|

« 選ぶ | トップページ | 近況 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504963/65682656

この記事へのトラックバック一覧です: 切り札:

« 選ぶ | トップページ | 近況 »