« 動く | トップページ | なんでみんな撩陽をきちんと書かないの »

切り札

キングダム第528話

#528「犬戎の末裔」

 楊端和率いる秦軍方面軍は撩陽近くまで進んだ。だが、彼らの前に趙軍とも違う敵が待っていた。

 壁は撩陽城が山と一体化して砦になっていることに違和感を持つ。ひとりの山民兵も城よりも崖の上にいる黒い奴等を危険視する。部下の言う通りに端和も奴らから我らと同じ獣の気配がすると警戒レベルを上げていた。

 なぜに犬戎が趙国内にいるの?? 趙軍兵からも中華の定住に失敗し、周王朝を滅ぼした伝説の大騎馬民族・犬戎。それがなぜ趙の撩陽にいるのかと疑問を口にする。

 舜水樹が答える。 中華の定住に失敗し、そのほとんどが北に逃れ、今の我らが戦い続けている「匈奴」に変貌したと言われている。
だが、一部は太行山脈を縄張りとして中華に残った。その後、この地に趙国が生まれてから、連中と争わぬために撩陽を与えて趙国内に取り込んだそうだ。 だが連中は取り込まれたなどと思ってはいない。実際には撩陽には犬戎の自治権があり趙国からは治外法権の領域だ。
 故にこの城には趙の要人ですら誰も近づかぬ。噂では連中は無断で縄張りに入ってきた相手には容赦せぬらしい。

 その言葉を裏付けるように、犬戎たちが崖上から吠えて秦軍に襲い掛かる。 断崖を駆け下りる、その異形の敵に壁が動揺する。 端和は気をつけろ、平地の相手ではないと忠告した上でシュンメンらに迎撃させる。

 ってますよとシュンメンが言って敵に挑む。 山民族シュンメン族長の一隊で蹴散らすはずだったが…。 

 犬戎の騎馬兵はシュンメン達に馬ごと背後に飛んで、たやすく倒してしまった。シュンメン自身も背後から斬りつけられ、壁がシュンメンと絶叫する。 思わぬ敵の力に楊端和も驚きを隠せない。➡ ( ̄○ ̄;)! シュンメンさん、部下のランカイを連れてきていないんですか???

 それは山の民に散々やられた趙兵も同じ思いだった。 山民族を圧倒する程の犬戎の強さに驚いていると、その長がやってきた。

 巨躯の長はロゾと名乗る。ロゾが公孫竜に向いて、片目の貴様がこの軍の大将かときく。舜水樹は何処に目をつけている、大将はこの舜水樹だと名乗る。 ロゾは小柄の大将に振り向くなり、部下のボルフに首を刎ねさせようとする。

 いきなりの斬首に趙兵たちが仰天するが、舜水樹は冷静に話し始める。

早まるな犬戎王。伝えることなく戦に巻き込んだことは詫びるが俺は趙国宰相・李牧様の代理である。この俺を斬るのは李牧様を斬るのに等しい。趙国宰相を斬っては流石のお前たちも明日はないと。

 ロゾは貴様は何故我らの言葉を話すときくが、舜は匈奴の言葉だと返す。それにしても流暢だが、貴様はわけ有りかと言う。 舜はお前には関係ないことだとつっぱねた。

 ロゾは舜を面白い奴だと話せる相手と認めた。李牧の代理との言葉に貴様らの王はクソだが李牧は嫌いではないと言う。 奴だけは毎年一度だけ撩陽に自ら出向いて雁門のうまい羊をふるまってくれるからと。

 その李牧の代理である舜にロゾは聞くだけ聞いてやると言う。ただ面白い話でなければ首を飛ばすと。
 舜は単純な話、ここまで入ってきた秦軍と跡形も無く叩き潰すと戦を要請する。ロゾは見返りを聞く。 

 舜はこの戦いで趙が敗れることがあれば鄴は奪われ、この地にも今の数倍の秦軍が押し寄せて、攻め取られるだろうと言う。
 ロゾは何だ脅しかと拍子抜けするが舜は話を続ける。 見返りは来年以降も李牧様自らがふるまわれる美味い羊の肉だと答える。

 趙兵は、そ、そんな見返りではと不安を抱く。

しかし、ロゾは悪くないと答えて、趙兵を驚かせる。 ロゾはボルフに城内の兵を呼び出せと命じる。久々の大宴だと。

 舜水樹は犬戎王に相手を侮るなと釘をさす。奴らは西の山民族を一手にまとめ上げたと言うも、ロゾは存じていると答える。

我等こそ「西戎の祖」。山の王などとのぼせ上った小娘の生皮をこの手で全てはぎ取ってくれるわとロゾは楊端和らに敵意をむき出しにするのだった。

 

Photo 国内部族最強マッチスタート!!! (・∀・ )っ/凵⌒☆カーン

|

« 動く | トップページ | なんでみんな撩陽をきちんと書かないの »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504963/65797004

この記事へのトラックバック一覧です: 切り札:

« 動く | トップページ | なんでみんな撩陽をきちんと書かないの »