« たつ | トップページ | 覚悟 »

雌伏

第九話「江戸のヒー様」

遂に吉之助は江戸へ行く。斉彬の行列に入って歩く吉之助。

途中で籠を止めて小休止をする斉彬。flair一行の中に吉之助がいるのが分かった。

江戸藩邸に入った吉之助は他の皆と共に藩邸の規則について上司から教えられる。上司は吉之助が御前相撲で殿の覚え目出度い男だと言う。その言葉に皆がざわめき、吉之助も殿のために命を懸けると宣言する。

藩邸の部屋に入った吉之助は早速歓迎される。歓迎したのは大山、俊斎だった。二人は吉之助を江戸のお店に誘う。

 ~(°°;)))オロオロ(((;°°)~江戸詰藩士が喜んでいる中、上の者達は厳しい局面に立たされていた。

 江戸に着いた斉彬は早速江戸城に上がり、老中阿部に会う。斉彬はいきなり開国は時期尚早だと厳しく言う。 阿部もそれは分かっているが、将軍の前で会議評議した時に開国に流れてしまったと。 
 その時に水戸の徳川斉昭は攘夷して打ち払うべしと強硬論を出す。が、彦根藩主・井伊直弼が勝算はあるのですかと逆に問われる。 斉昭が黙ると、直弼は上様にと決裁を仰ぐ。将軍家定は奥に引っ込んでしまった。

 事のあらましを聞いた斉彬はとりあえず海防のために時間を稼ぐことを進言する。井伊直弼の名を覚え、自身の秘計を予定より早めることに決める。
 bomb秘計はかつての大河ドラマの主人公! 篤姫は西郷のことを気にするが、斉彬はあれだけ活発な姫で将軍の室が務まるだろうかと心配する。家臣は暫し学問を学ばせてはと言うが、そんな猶予はないと斉彬は言う。

 過去と未来の出会い

 旅籠で酒を飲む吉之助ら。 そこで西郷はかつて身売りを救えなかった少女の成長した姿を見る。 そして、江戸のヒー様という羽振りの良い絵描きと出会う。吉之助の顔を描いてくれた。 
 が、ヒー様がならず者たちにケンカを吹っ掛けられる。その場にいた吉之助に助けを求める。大山、俊斎が駆けつけると早速にケンカになった。その隙にヒー様は小舟に乗ってさっさと立ち去っていった。

 御庭番となった吉之助。国元に手紙を送って報告する。 西郷家のみんなのために吉之助の手紙を読んで聞かせるのは正助。 しかし、薩摩で燻っていると正助は焦りを覚え始めた。

 そして、御庭番を務めて暫くすると、斉彬が現れて吉之助に水戸家に手紙を渡せとお役目を命じる。 命に替えてと言う吉之助。何かあったら剣で守れと斉彬は言うが、吉之助は幼き頃に右の腕の腱が切れて剣は振るえませんと正直に言う。

 それでも今こうしているのは殿さまに救っていただいたおかげだと言う。 民のために尽くす強き侍になれと。 斉彬は遂に思い出して、庭に下りて吉之助の顔を見た。 あの時のやっせんぼがこんなにでかくなったのかと喜色を露わにする。

 剣を振るえない吉之助に斉彬は自らの短刀を授ける。自分の目となり耳となれと。感激で身が震えた吉之助は命を懸けてと改めて誓う。 なんでも命を懸けるな、命は一つしかないのだと斉彬は少し窘める。

 道に困った吉之助だがちゃんと水戸屋敷に着いた。 水戸の斉昭にお目見えする吉之助。書状を読んだ斉昭は吉之助の目の前で手紙を破り捨てた。 主君の手紙をと吉之助は理由を尋ねる。 
 斉昭は手紙の内容は幕府批判だからだと答える。よくわかったからちゃんと手紙を破ったのだと。 

 腑に落ちた吉之助。他に井伊直弼の態度について不満を漏らす。そこに息子が現れて父に坂の名前について切り返す。 吉之助はその顔を見て、江戸のヒー様だと思い出した。 似顔絵を出して会いましたと言うが、息子は人違いをしていると言う。 父・斉昭が旅籠に行っていたのかと問うので、早々にその場を去った。 後の徳川慶喜。

(@Д@;ヒー様が一橋から取ったのかなとドラマの最後でようやく思い当たりましたわ

|

« たつ | トップページ | 覚悟 »

時代劇」カテゴリの記事

コメント

諸葛鳳雛殿、コメント万歳です。
>二心ありとみなされ二心殿とか豚肉が好きだったから
豚一殿とか呼ばれていたそうです。

 豚一様は知ってましたが、二心殿は初めて聞きました。

>家定って人は障害のある人だったみたいですね。

 病気ある人だそうで。確かに国難にあって健康じゃないトップは激務で寿命縮むよなぁ。

投稿: うしつぎ | 2018年3月 7日 (水) 20時10分

うしつぎさん、こんばんは。

ヒー様の正体は一橋慶喜だったんですね。
この人かな~り頭のキレる人だったようですね。
二心ありとみなされ二心殿とか豚肉が好きだったから
豚一殿とか呼ばれていたそうです。

さて江戸に着き御庭番を命じられた吉之助。
斉彬さんからありがたい言葉も頂戴しました。

その頃幕府内では井伊直弼(なんか面構え悪いですが)の
言で開国へと傾いてしまいます。
将軍家定(又吉さんが演じてましたね)はなにも言わず
立ち去ってしまいます。
家定って人は障害のある人だったみたいですね。

投稿: 諸葛鳳雛 | 2018年3月 5日 (月) 20時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504963/66460586

この記事へのトラックバック一覧です: 雌伏:

» 大河ドラマ「西郷どん」 #09 江戸のヒー様 [雨ニモマケズ 風ニモマケズ]
いよいよ江戸編です。 ところで、ヒー様って誰?? [続きを読む]

受信: 2018年3月 4日 (日) 21時34分

» 大河ドラマ『西郷どん』第九回 [レベル999のFC2部屋]
「江戸のヒー様」内容斉彬(渡辺謙)に伴い、江戸へと発った吉之助(鈴木亮平)江戸の薩摩藩邸の到着後、中御小姓組組頭の迫田友之進(浜田学)から様々な注意を受けた後、自分の部屋へと。そこで俊斎(高橋光臣)大山(北村有起哉)と再会する。そのころ、登城した斉彬は、老中・阿部正弘(藤木直人)から現在の幕府の状況を聞く。異国船の打ち払いを訴える水戸の前藩主・徳川斉昭(伊武雅刀)とそれに反対する彦根藩主・井...... [続きを読む]

受信: 2018年3月 4日 (日) 21時41分

» NHK大河ドラマ「西郷どん」第9回「江戸のヒー様」 [真田のよもやま話]
てんてっけてんっの~せっごど~~ん!てんてっけてんっの~せっごど~~ん!・・って聞こえませんか?今作のOP!もうね、いったんそう聞こえちゃうとこれが耳に残っちゃってもう!・・・てんてっけてんっの~せっごど~~ん・・・(汗... [続きを読む]

受信: 2018年3月 4日 (日) 21時55分

» 西郷どん 第9回「江戸のヒー様」 [あしたまにあーな]
いよいよ江戸編の始まりです。薩摩ののどかな雰囲気や桜島もしばらく見られないのかなと思うと、見ている自分の方も少しさみしくなってしまいます。江戸にやって来た吉之助は早々にふきという女性に会います。彼女はその昔薩摩で気にかけていた子供で、どうしてここまでこの女の子とのつながりを描くのかなと思っていたのですが、この場面を描くためだったんですね。 貧しく自分が村を去らなければ家族全員のためにならないと幼心に思ったのですが、それを止めることが出来なかった吉之助はもの凄く後悔すると共に自分の力のなさを嘆いたので... [続きを読む]

受信: 2018年3月 4日 (日) 22時54分

» NHK大河ドラマ「西郷どん」第9回「江戸のヒー様」 [真田のよもやま話]
てんてっけてんっの~せっごど~~ん!てんてっけてんっの~せっごど~~ん!・・って聞こえませんか?今作のOP!もうね、いったんそう聞こえちゃうとこれが耳に残っちゃってもう!・・・てんてっけてんっの~せっごど~~ん・・・(汗... [続きを読む]

受信: 2018年3月 4日 (日) 23時56分

» 西郷どん 第09話「江戸のヒー様」 [みはいる・BのB]
大河ドラマ『西郷どん』のお時間です。 BSにて鑑賞。 第9回「江戸のヒー様」 あらすじ・・・・・・・ [続きを読む]

受信: 2018年3月 5日 (月) 13時01分

« たつ | トップページ | 覚悟 »