« お休みしてます。 | トップページ | 終幕 »

覚悟

第十二話「運強き姫君」

 安政二年、斉彬が領国に特赦令を出して罪を受けた人たちを赦す。おかげで遠島だった正助の父が戻ってきた。喜ぶ正助一家に西郷一家。

 だが江戸では…、

二年になっても篤姫降嫁が決まらない。 阿部老中の協力であっても彦にゃんが邪魔している。 
 幾島は策を練る。大奥の力を使ってお輿入れ成功に本寿院様に狙いを定める。幾島は西郷にも協力を求める。が、西郷はヒー様から公方様は病気だから子供なんてできないとの一言を思い出し、暗くなる。

 斉彬はさっそく幾島の策を採用する。吉之助を使って金銭工作に走らせる。千、万両もの金も惜しまぬと言われ動揺する。

幾島は吉之助と旅籠に入り、女中と酒を飲む。男は吉之助が受け持ち酒を飲みながら根回しをする。幾島の女中の口から情報を集めまくる。吉之助は驚く。

 薩摩では正助が久光と手紙のやり取りをし始める。

 幾島は大奥にまで足を運ぶ。本寿院に面会する。 幾島は元気な娘で強い運の持ち主だと説得する。本寿院は乗り気になる。

息子・家定は母に問う。 死なない姫はどれじゃと問う。篤姫を推す本寿院。将軍は決める。

_/\○_   ε=\_○ノ イヤッホーゥ遂に十二月に降嫁が決まった!!!! 

つД`)・゚・。・゚゚・*:.。 その後、斉彬と吉之助が公方様に子ができないとの会話を幾島が聞いてしまう。 

 更に篤姫を厳しく鍛える幾島。不憫に思う吉之助。

斉彬から公方様のことを話される篤姫だったが、殿の娘となった時から覚悟はできていると答える。 ただ幸せになるためにだけ殿の娘になったのではないと。 篤姫の覚悟に吉之助の頬に涙が流れた。

 地震に際し吉之助は篤姫の下に向かってかばう。最後に篤姫と吉之助は寄り添う。

 別れの地震であった。

|

« お休みしてます。 | トップページ | 終幕 »

時代劇」カテゴリの記事

コメント

諸葛鳳雛殿、コメント万歳です。
>この地震で藤田東湖も亡くなってますよね。

 なぜか西郷どんなのに彼に多大な影響を与えた藤田東湖がスルーされているのは落胆です。この地震で東湖もそうですが水戸藩の知恵袋たちが倒れてしまい、その後の幕末で最後まで時代の潮流に水戸藩が乗れなくなってしまいました。もう少し維新まで人材出てもよかったのになぁ。

投稿: うしつぎ | 2018年4月 2日 (月) 20時56分

うしつぎさん、こんばんは。

いよいよ篤姫の輿入れが決まりました。
だが将軍家定は障害もちのおおうつけ。
先が思いやられます。

江戸を大地震が襲います。
吉之助が篤姫を身を挺して守ります。
この地震で藤田東湖も亡くなってますよね。

投稿: 諸葛鳳雛 | 2018年3月30日 (金) 21時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504963/66537195

この記事へのトラックバック一覧です: 覚悟:

» 大河ドラマ『西郷どん』第十二回 [レベル999のFC2部屋]
「運の強き姫君」内容ついに、正助(瑛太)の父・次右衛門(平田満)が帰ってきた。西郷家の面々も大喜びする。一方、江戸にやって来て二年の篤姫(北川景子)。未だ将軍家への輿入れが決まらずにいた。幾島(南野陽子)は、輿入れが早く決まって欲しいと斉彬(渡辺謙)に伝える。老中・阿部正弘(藤木直人)は動いているが、彦根藩主・井伊直弼(佐野史郎)が反対していると聞かされる。そこで幾島は、斉彬に大奥への働きか...... [続きを読む]

受信: 2018年3月25日 (日) 20時55分

» NHK大河ドラマ「西郷どん」第12回「運の強か姫君」 [真田のよもやま話]
強敵の井伊直弼様が睨みを利かすという、往年の特撮物のような先週のラスト!だがしかし今週は!それ以上に手ごわそうな方がご登場でごわす!徳川将軍・家定様の母上様が!まさかの泉ピン子御大じゃないですか!本寿院様!敵か?味方か?どげんなっ事やら~。... [続きを読む]

受信: 2018年4月 9日 (月) 06時24分

» 西郷どん 第12話「運の強き姫君」 [みはいる・BのB]
大河ドラマ『西郷どん』のお時間です。 BSにて鑑賞。 第12回「運の強き姫君」 あらすじ・・・・・・・ [続きを読む]

受信: 2018年4月 9日 (月) 13時30分

« お休みしてます。 | トップページ | 終幕 »