« 近況 | トップページ | 大河ドラマ「西郷どん」 »

翻弄の末に

第什話「篤姫はいずこ」

~(°°;)))オロオロ(((;°°)~お庭方になった途端、忙しくなった。

 斉彬様からは一橋様と入魂になれと言われる。 

 ヒー様は西郷に将軍なる気はさらさらないと言う。

Photo\(;゚∇゚)/

最近、「機動戦士●●ダム」シリーズを見ていたせいか、慶喜って幕末のシャ〇だよなぁと思う。

 そこで、吉之助は蘭方医に出会う。西郷をみてほほ笑むその人は…、越前藩の橋本左内! ➡bookφ(・ω・ ) 小中学生の頃、開国派の人物だと勉強したな

 その左内は江戸薩摩藩邸に来て西郷に面会する。西郷が斉彬の懐刀と見ていた。すぐに自分の殿様・松平公の手紙をそちらの殿さまに渡してくれと。 

 江戸に来たばかりで幕府で何が起こっているのか殆ど分からない吉之助。たまらずに左内に質問する。 

 幕政改革運動をしているのだと。

 これまでの徳川幕府の政治を譜第のみでなく優秀な頭脳を持つなら外様も参政させる政治にする。そのためには次期将軍はヒー様(一橋様)になってもらう。薩摩はそのために策を練っているのだと。 

 他藩の左内から自分の殿さまの動きを知らせてようやく納得した吉之助。だが左内は鈍い西郷に少し失望してしまう。

 

 その斉彬の謀略の一環である篤姫輿入れ。 

 その篤姫がどこかに逃げてしまった。 斉彬の命令で篤姫を探す西郷。海辺でようやく見つける。 

 篤姫の実の父が亡くなった。自分の父は今では斉彬公だが、それでも実の父の死に目に会いたかったと篤姫は泣いた。

 その後で篤姫は斉彬公に将軍家定公に嫁ぐように命じる。そのために今日から京から教育係の幾島を招いた。➡coldsweats01貴方は吉之助の背中で死んだやんけと言ってはいけない(笑)。 幾島の厳しい教育が続く。

 だが、斉彬は西郷に篤姫は不幸になると告げた。

 

( ・∀・)つ旦~~時勢が人の人生を決める乱世に入ろうとしている。

|

« 近況 | トップページ | 大河ドラマ「西郷どん」 »

時代劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504963/66493736

この記事へのトラックバック一覧です: 翻弄の末に:

» NHK大河ドラマ「西郷どん」第10回「篤姫はどこへ」 [真田のよもやま話]
もうあれから7年たちますか・・。大震災の時は流石にブログ更新どころではございませんでしたっけ。これまで経験したことの無い大きな揺れ、どんな映画でも見たことの無い津波の映像。そして原発・・ 電車が止まって、行くところもなくて、丘の上から東北の方角を眺めて、あの空が光ったらみんな死ぬんだって、ぼんやり考えていた無気力な日々。 本日の報道を拝見しますに、段々と復興も進んできた由。とは申せその歩みは遅くまだ途中だそうですけど、今宵はひとつ、平和を噛み締めつつ大河ドラマを楽しむ事といたしましょう...... [続きを読む]

受信: 2018年3月13日 (火) 23時49分

» 西郷どん 第10話「篤姫はどこへ」 [みはいる・BのB]
大河ドラマ『西郷どん』のお時間です。 BSにて鑑賞。 第10回「篤姫はどこへ」 あらすじ・・・・・・・ [続きを読む]

受信: 2018年3月14日 (水) 14時06分

« 近況 | トップページ | 大河ドラマ「西郷どん」 »