« 近況 | トップページ | 名実共に手にする刻 »

翻弄の末に

西郷どん第二十四話

 #24「地の果てにて」

寺田屋騒動後、吉之助は徳之島に遠島になる。 村田は鬼界ヶ島に遠島になる。  必ず呼び戻すとの一蔵との約束を信じる吉之助。

 誓った一蔵は京都の鍵屋で書き物をしている。寺田田騒動の一件で自ら謹慎を願い出ていた。 おかみがご飯を持ってきてくれるが見向きもしない。

 二度目の遠島になる吉之助。今度は扶持もなく島で自給自足の生活をしていた。草を刈っていたその時に、愛加那と菊次郎が兄と一緒に島にやってきた。 妻子水入らずのひと時を楽しむのだが…。

 ;:゙;`(゚∀゚)`;:゙その頃、久光は得意絶頂であった。 memocrown無位無官であるのに朝廷から勅書を取り付けて、幕府に自分の要求を突き付けていた。 

down井伊大老亡く幕府の力は衰えており、朝廷の力を無下にできず、要求を幕府は受け入れた。

安政の大獄の赦免。将軍後見職に一橋慶喜公。幕府総裁職に松平春嶽侯。 

 shadow再度登場のヒー様は福井藩藩邸に伺った。そこでヒー様は久光を初めて見る。 春嶽侯はヒー様に久光殿にお礼を申し上げていた所ですと言う。 ヒー様を上座に座らせる。 久光は挨拶後、自分の力で日本に必要なお二人を復活させたと自らの功を誇る。

 だが、ヒー様は大和言葉をしゃべれ、芋、自分の力を誇示するつもりだがそうはいかぬと容赦なく久光をこき下ろす。 侮辱と怒りで久光は顔が真っ赤になるが、ヒー様は取り合わない。 
 言いたいことを並べ座を払うヒー様はそういえばあの牛男はなぜここにいない、死んだというのは虚説だろうと久光そっちのけで切り出した。 後ろに控えていた一蔵が牛男とは西郷のことでございましょうかと問う。 

( ゚д゚)、ペッ ヒー様は儂と話したくばあの男を連れて来い!芋では話にならぬ!! 捨て台詞を残してその場を去った。 自分よりも西郷なのかと屈辱で久光は罵声を出すのを口に手を入れて必死にこらえるのだった。

 その西郷に久光はさらなる追い打ちをする。ヽ(#゚Д゚)ノ┌┛)`Д゚)・;

 dash藩命で沖永良部島に行けと命じる。 死罪一歩手前の重刑に愛加那が青くなる。それでも吉之助は大丈夫、一蔵どんが必ず呼び戻してくれると言う。 別れに妻を抱きしめる吉之助。

 囲って閉じ込めておけ。藩からの吉之助に対する扱いだった。 それでも島役人の土持やその母らが吉之助に情を注いでくれていた。

 牢に閉じ込められている吉之助に流人の川口雪蓬が語り掛けてくる。人は裏切ると言えば、吉之助宛の手紙を勝手に読んでしまったりする。
 手紙は海江田や大山が一蔵は仲間の死を悲しまずに久光の元で出世しまくっている、信用できないと。我らの心はバラバラで早く吉之助に戻ってもらいたいと。  だが、吉之助は一蔵どんの心境が分からんのかと二人の狭器を悲しむのだった。

 土持は役目を越えて吉之助に食事をもってきていたが、実は藩命では粗末な食事のみとされていた。 それを雪蓬とのやり取りで知った吉之助は後難を恐れてそれを返したり、子供に盗まされるままにしていた。 

 酷い扱いにも耐えていく吉之助。座禅を組んでは書の一文を刻んでは学ぶ。雪蓬も面白いものが見れると何かしら心に響き始める。

 やがて大雨大風が沖永良部島に襲い掛かる。 豪雨と大風にさらされつつも吉之助は一蔵の言葉を心に耐え忍ぶ。だが、遂に牢の中で倒れ、意識を失う。

 もう駄目だと思う吉之助。自らの手に握りしめていたのは愛加那との約束の貝殻だった。

 まだ守らねばならんものがある。 薄れゆく意識の中で思い出す吉之助。大島では亭主の無事を祈る妻と子。

 豪雨が上がる。 牢を見に来た雪蓬は吉之助を助けようと牢を破り始める。土持もそこに駆け付けて、鍵を外して吉之助を引っ張り出す。 九死に一生を得ようとしていた吉之助であった。

(;´▽`A``西郷とまでいかぬとも幕末の武士たちは死にさらされているから強いのかね。

|

« 近況 | トップページ | 名実共に手にする刻 »

時代劇」カテゴリの記事

コメント

諸葛鳳雛殿、コメント万歳であります。
>やっぱり無位無官の外様大名(の後見)だからなのでしょうか。

 官位をないがしろにしてますからヒー様たちのような幕閣や譜第大名には全く悪感情しかないでしょう。おまけに政治改革などどの顔でぬかすのかでしょうね。
 将軍の前に列席する諸侯の位置も序列で決まってますからね。

 吉之助が田舎者と言うのも当然です。久光は明らかに幕末でやらかした人物ワースト3には必ず入れる人でしょう。

投稿: うしつぎ | 2018年6月27日 (水) 22時14分

うしつぎさんこんばんは。

久光、ヒー様にコケにされました。
やっぱり無位無官の外様大名(の後見)だから
なのでしょうか。
とにもかくにもヒー様が政治の表舞台に
立つことになりました。

そして、沖永良部島に流され死にそうになる吉之助。
実際、西郷どんすごく痩せてしまったそうですね。

投稿: 諸葛鳳雛 | 2018年6月24日 (日) 22時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504963/66848165

この記事へのトラックバック一覧です: 翻弄の末に:

» NHK大河ドラマ「西郷どん」第24回「地の果てにて」 [真田のよもやま話]
沖永良部島が即ち地の果てですって?いやあ・・それはすこ~し失礼なんジャマイカ?だってだって、ちゃあんと人が住んでますし、その先には沖縄だってあるんですし!それにそもそも、言うんなら「海の果て」と言うべきではないかと思われ!ああまあ・・でもこれ、当時の薩摩っ子たちの感覚であればまあ・・いやいや!吉之助どんは既に地球が丸い事もご存じでしょうし!・・ゴホン、明後日の方角にテンションが上がっちゃって、済みませえんん!... [続きを読む]

受信: 2018年6月24日 (日) 21時01分

» 大河ドラマ「西郷どん」 #24 地の果てにて [雨ニモマケズ 風ニモマケズ]
パソコンの調子が悪く、リアルタイムでの更新ができず。 [続きを読む]

受信: 2018年6月25日 (月) 07時25分

» 西郷どん 第24話「地の果てにて」 [みはいる・BのB]
大河ドラマ『西郷どん』のお時間です。 BSにて鑑賞。 第24回「地の果てにて」 あらすじ・・・・・・・ [続きを読む]

受信: 2018年6月25日 (月) 13時56分

« 近況 | トップページ | 名実共に手にする刻 »