« 後書 | トップページ | 小敵には恐る恐る、大敵には恐れず向かえ。 »

第32

#32「薩長同盟」

 前振りでいきなりひー様登場。 一橋公は芸子の舞をフランス公使ロッシュに見せてもてなす。ロッシュさんは舞を堪能し、拍手する。 そして、ひー様はロッシュにいきなり兵庫港まで軍艦で押し寄せてもらえないかと誘う。 後はこの私にお任せくださいとひー様は営業スマイルで答える。➡ ( Д) ゚ ゚はああああ!!! 外患招いて内憂処理するのかよ! これ史実論拠あるんですか??   (;´▽`A``フィクションにしてはえらくまあ悪し様に描かれたな今年の大河の慶喜公。。。
                
 兵庫港で外国軍艦を使ってまで長州征伐を推し進めようとしていると大久保は吉之助に怒りを込めて話す。 吉之助もまた異国を介入させるのかと更に失望感を強める。 そして、どうして自分は下関に行かなかったのかと繰り返し嘆く。
 一蔵は吉之助の肩を借りてなんとか愛人宅で一服する。そして、memo吉之助に大久保は檄文を見せる。impact内容はなんと義に背く勅命は勅命に非ず。 朝廷の勅命に正義無しと叫ぶ檄文に吉之助は大いに驚き、一蔵が日本中から目の敵にされるぞと言う。 
 しかし、大久保はおいたちはまちごうとらんと言い放つ。正しいのならばひるみはしないと。一蔵の気迫に参った吉之助はそれならばとその檄文に共に連署する。 檄文はまかれた。
 
 言っていいことと悪いことがある。 angry当然にひー様は芋侍がと激怒する。半次郎ら薩摩の若手達は吉之助達を流石に薩摩隼人の鏡となお一層支持する。 岩倉はなんと無礼なと息巻くが、やりおったわ壮挙だと喝采する。 薩摩では海江田が大山に長州は嫌だちと仲間と共に怒鳴る。大山はまだ長州と組むかどうかわからんと海江田をのらりくらりとかわしている。
 
 sandclock大久保の京の工作でなんとか長州征伐は引き延ばされている。されど、このままでは長州はおろか薩摩もじりどんになると一蔵は危惧する。 あてはあるのかと吉之助に問う。
 
 building亀山社中の龍馬を訪ねる吉之助。 龍馬は桂さんはもうご機嫌斜めじゃとそっけない。吉之助は商談を持ってきたとジャブをかます。 r-mark国父様のお墨付きで長州に銃などの武器を送る。riceball代わりに長州からは薩摩は米を買うと。
 dollarでかい商談をもってきてくれたので龍馬は喜び、吉之助と握手する。そのつてでもう一度、龍馬は桂小五郎と会うことにした。
 
 annoyしかし、へそを曲げている桂はもう薩摩を信用していない。長州は最後まで孤軍となっても戦うと。日本が滅んでしまうぞと怒った龍馬が桂の胸ぐらつかんで止めようとする。だが、商人となっている君には侍の意地は理解できないのだと怒鳴って立ち去ってしまう。 に続こうとする伊藤俊輔を龍馬は引き留める。 memoそして、グラバーから預かってきた長州のイギリス留学生達の写真とその手紙を渡しておく。 いきり立って席を立った桂だったが、若い藩士達が強力な銃を手にして生きて帰れると希望を持つ姿、そして、薩摩からもらう武器と知ってから施しを受けずに死のうと強迫感で誇りを保とうとする姿を見ていたたまれなくなる。 とうとう…、
 
 hotel龍馬を通じて京都で吉之助と会うことになる。 
 
 coldsweats01だがしかし、長州の言い分を全面的に受け入れてくれと言わんばかりの条件が出された。いくらなんでも虫が良すぎると大久保はまた怒気を露わにする。 それでも吉之助は折所と見定めて藩士達と小松家老を説得する。 小松は吉之助の説得をほぼ受け入れる➡できた家老様です。こういう若手に理解ある年寄がいないと物事進みません。 但し、こちらから頭を下げはしない。あちらから譲る言葉が無い限りはこちらも応じられないと。一蔵はこのあたりで折れてくれと吉之助に頼む。 それを吉之助はのんで会談に望む。
 
 impact会談は難航する。薩摩も長州も譲ろうとしない。 cameraそのときに吉之助はかたくなな桂に我らは仲良く出来ると言う。 その証拠として伊藤俊輔にイギリスに留学していた薩摩藩士と長州藩士が手を取り合っていたと写真とその手紙を出させる。
 
 伊藤俊輔はイギリスでは薩長の藩士達が互いに助け合って生活していたのだと。 その写真を見る桂は頭が冷えてくる。 そして、吉之助と一が桂たちに頭を下げる。 ここまでされてしまった。
 桂はもう大声で薩摩と仲良くやると吠えて吉之助と握手を交わす。➡Σ(;・∀・)ううむ、頭を下げはしない訳ね。。。
 
 薩摩と長州は同盟した。
 
( ゚Д゚)y─┛~~あえて言おう。。。 漫画&アニメ「キングダム」の秦人と山の民の同盟締結の方が十倍燃えたわ!

|

« 後書 | トップページ | 小敵には恐る恐る、大敵には恐れず向かえ。 »

時代劇」カテゴリの記事

コメント

諸葛鳳雛殿、コメント万歳です。
>小松さん長生きして首相になってほしかったです。

 この方は「翔ぶが如く」視聴の時は全く知りませんでした。武力倒幕にはあまり乗り気ではなく龍馬の奉還路線を支持してたとか。明治初期で暗殺されてしまった横井小楠も惜しまれます。

>グラバーの名前が今回でてきましたが、
 三菱の顧問になっていたのは「龍馬伝」で見ましたわ。

投稿: うしつぎ | 2018年8月27日 (月) 19時35分

うしつぎさん、こんばんは。

なんか今作ではヒー様が薩長の敵になるからか
ずいぶん狡猾に描かれているような。

大久保さん胃が悪いんですが、お大事に。

薩長同盟が成りました。
英国での写真が鍵になりましたか。
それより吉之助さんが説得してくれたほうが。

本来薩長同盟は小松さんが主体となって動いたそうですね。
小松さん長生きして首相になってほしかったです。

グラバーの名前が今回でてきましたが、
グラバーが属していたジャーディン・マセソン社は
麻薬貿易会社で中国で阿片戦争引き起こした悪名高い
会社です。
そして、グラバーはロスチャイルド傘下のロイズ保険や
香港上海銀行の代理店も務めています。

薩長の藩士を英国に留学させたのも龍馬に武器を提供
したのもグラバーですね。

維新後、グラバー商会は倒産してグラバーは岩崎弥太郎の
ところにいって、三菱の顧問かなんかやってますね。

投稿: 諸葛鳳雛 | 2018年8月26日 (日) 22時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504963/66890007

この記事へのトラックバック一覧です: 第32:

» 西郷どん 第32話「薩長同盟」 [みはいる・BのB]
大河ドラマ『西郷どん』のお時間です。 BSにて鑑賞。 第32回「薩長同盟」 あらすじ・・・・・・・ [続きを読む]

受信: 2018年9月 1日 (土) 14時08分

« 後書 | トップページ | 小敵には恐る恐る、大敵には恐れず向かえ。 »