« 第32 | トップページ | 古記 »

小敵には恐る恐る、大敵には恐れず向かえ。

#570「完璧なる遭遇」

 狂鬼のバジオウが犬戎族達を斬りまくる。 封じていた嘗ての狂鬼を解放したバジオウは犬戎族達を屠っていく。 一人がバジオウを切り倒したが、顔面を蹴り割られる。 更に加速するバジオウ。ガン族はバジオウの戦いに震え始める。西の山界にはこんな奴がいるのか、こいつはまるで野獣そのものじゃねぇかよと。。。
 
 バジオウが殺しまくった犬戎の骸の中で気を失っていた楊端和が目を覚ます。バジオウは尚も狂鬼になって暴れていた。ふと死王は耳を傾けた後に空を見る。 それからバジオウが力尽きて倒れた。監視役がやっと倒れたとほっとした。ガン族はくそ、やっとかと損害甚大に舌打ちをする。 
 
もういい、もう止めろと死王はバジオウに言う。 もう十分だ。お前のおかげで…助けが間に合ったぞ。  
 
犬戎族達の頭上から山民兵たちが舞い降りた!! 犬戎達は猿共が来た、笛は止めていたのに何故と言い合う。
 
お前らの笛の音が止まって焦ったが一帯のお前らの動きから大体の方向はつかめた。それに何故か感じるんだよなぁ…仲間の悲痛の心の叫びってやつはよ  ➡(゚▽゚*)シュンメンさん、台詞増えた
 
 シュンメンがバジオウを見ながら叫ぶ。 犬戎は調子に乗るな死に損ないの猿共が、陣形を組んで返り討ちにすると息巻く。 部下のツダモに山の王は捕らえておけと指示する。
 
 そこに騎馬のタジフが駆け付け、死王を捕らえていた犬戎を石球でふっとばす。 下馬して駆け付けたタジフが死王を抱き寄せて馬の上に乗せた。ボロボロになって倒れているバジオウを見たタジフは、石球をたたき付けるほどに怒りが満ちる。シュンメンもタジフと同じく、こいつらは楊端和族を本気で怒らせやがったぜと猛る。
 
 一人残らずぶっ殺そうとシュンメンの言葉を響いてきた笛の音が遮った。 聞こえた笛の音に犬戎達がようやく来られたようだとほくそ笑む。 犬戎王ロゾの本隊が趙軍と共に迫ってきたのだった。 
 山民兵たちがこの森のすぐ外、数千はいると気配で感じる。兵の一人が焦ると、死王は他の軍もいると言う。犬戎は趙軍だろうと言う。だが山民兵から違うと言う。 その言葉から耳を澄ませると確かにわずかに違う音が聞こえると山民兵達が気づき、死王や一部の兵がその正体を察した。
 
 違う音色の正体、あの趣味の悪い角笛の音は…隣で戦っていたフィゴ族の軍だ。 敵将トアクの首を槍に突き刺して掲げてやってきたフィゴ族の軍は丁度、犬戎族の軍の横に出ていた。
 端和の危機を聞いて戦場を越えて駆け付けてきたが、まさかこれは犬戎王の軍かとフィゴ王は笑いがこみ上げてくる。 完璧ではないかと喜悦したフィゴ王は者共、犬戎王の首を取れと崖を下って突撃をかける。
 
この戦の勝利と共に端和の股を我が物に!! ➡|∀・)欲望丸出しのフィゴ王とロゾ王の二人だがうしつぎがフィゴ王の方に好感を持つのは何故だろう?
 
 dogロゾ軍も右の崖からの敵襲を知る。トアクの軍を破ってきたと舜水樹はやっかいな軍がきたと犬戎王に言う。
 笑わせるなとロゾは一笑に付す。雑魚が何人湧こうがこのロゾの相手ではないと豪語する。ロゾは軍を反転させる。先に見苦しい裸族共の皮を剥ぐと。

 

Photoo(*^▽^*)o この展開だとブネン軍も壁軍&キタリ軍も駆け付けるかもしれないな。

しかし、シュンメンはランカイを何故繰り出さないのだろうか??

 

 

 

 人気ブログランキングへ

|

« 第32 | トップページ | 古記 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504963/67112948

この記事へのトラックバック一覧です: 小敵には恐る恐る、大敵には恐れず向かえ。:

« 第32 | トップページ | 古記 »