« 薔薇乙女と楽毅 | トップページ | 勝利は危険の中にこそ存在する »

天下の四奇才(唐以前)

蒼天航路#「天子奉戴」記事で天子を廃さず、誅されずに補佐し続けた天下の奇才のことを書いたので、説明を加えることにしました。。。

( ̄◆ ̄;)多分、この四名でいい。

 

西周・周公旦
蜀漢・諸葛亮
前燕・慕容恪
東晋・王導

西周と蜀漢の二人は知らないはずは無い!!知らん奴はここで直ぐに覚えなさい。

 前燕は多分、マニアックだろうなぁ。coldsweats01。五胡十六国時代の人物ですからねshadow。機略に富み、癖のある人材を纏めて幼帝を補佐し続けました。死ぬ間際に諸葛亮みたいに後任の人物を上げるのですが、諸葛亮が出した人物を全部足しても足元にも届かない傑物だったのに、後の人達は劉禅以下でこの人物を信頼できませんでした。。。

 当然、どうなったかは言うまでもないことで戦乱で有能な人材に仕事を任せなければ滅ぶだけです。

 

 

|

« 薔薇乙女と楽毅 | トップページ | 勝利は危険の中にこそ存在する »

始皇さらば」カテゴリの記事

コメント

諸葛鳳雛殿、コメント万歳です。
>張良はどうでしょうか?
 張良は荀彧の如しですね。上記の4名臣は幼君の補佐まで務めたのでその点において外しました。張良は天下に仕えているのであって血統に仕えていないでしょう。

>二人ともすごい人だったみたいですね。
 燕の宰相は諸葛亮のもっと長生きできたらの文武兼備の名臣でした。この方が亡くなったので秦の諸葛亮が動き出して燕が滅亡し久々に華北が統一されてしまいました。

 晋の王導は司馬の三代の帝を支えた宰相です。東晋では諸葛亮と並んで臣下の模範とされました。

投稿: うしつぎ | 2018年8月27日 (月) 19時27分

うしつぎさん、こんばんは。

私のHNの由来になった諸葛丞相が挙げられていますね。
あの仲達も「天下の奇才なり」と言ってましたしね。
周公旦ももちろん知っていますよ。
張良はどうでしょうか?

後の二人は知りませんでした…すみません。
でもちゃんと調べましたよ。
二人ともすごい人だったみたいですね。

投稿: 諸葛鳳雛 | 2018年8月26日 (日) 21時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504963/59937750

この記事へのトラックバック一覧です: 天下の四奇才(唐以前):

« 薔薇乙女と楽毅 | トップページ | 勝利は危険の中にこそ存在する »