« 第35 | トップページ | 後書 »

第36

#36「慶喜の首」
 
 鳥羽・伏見で幕府軍と薩摩藩その他の連合軍で戦が始まった。 始めは幕府軍が押していたが、岩倉卿独断で作らせた錦の御旗を一蔵が持ってこさせたために戦況が逆転してしまう。 退却する幕府軍を大阪まで追撃しろと吉之助が命じる。従道こと信吾がもうそこまでやる必要はなかと止めに入る。
 吉之助はこれは戦だ、甘っちょろいことは言うなと突っぱねる。それでも信吾は敵も味方も大勢死んでいるからと尚も兄の狂気を止めようとする。 その時、流れ弾が信吾の首に当たってしまった。血を吹いて倒れる弟。兄は倒れる弟を必死に呼ぶ。
 幕府軍が崩れる。 錦の御旗で式ががた落ちして、遂に裏切る藩が出る。大阪城に閉じこもった慶喜は幕臣達が最後の一戦をと叫びまくるのに押されて、大阪で戦うと言う。だが、慶喜は大阪城から退去して江戸城に向かってしまった。➡⊂⌒~⊃。Д。)⊃ ピクピク 戦略的撤退という言葉があります。が、戦略上の撤退はあらかじめ計画されている範囲で行うのであって、戦術面で余裕が無ければ使えません。この余裕とは戦場における兵士の信頼度がものをいいます。 ですので明らかに慶喜のこの撤退は大失敗でした。古代ならクレオパトラの撤退に比肩するかも。
 
 さて江戸に逃げた慶喜は勝海舟に戦に負けたのも徳川を地に貶めたのも恥さらしのあんたのせいだとはっきり言います。愛妾もあなたは西郷さんに怯えているだけだと言われる始末。 慶喜は謹慎する。
 
 追撃する大総督府。駿府では慶喜を許そうとする空気が出ますが、西郷は断固として突っぱねる。三路に分けて江戸へ進軍する。 
 
 徳川方は将軍慶喜が恭順の姿勢で変わらないとわかったので勝海舟が山岡鉄太郎を使って交渉に入る。 戦するしか無いと決めている西郷でしたが、侍の忠義と意地を見せた山岡の説得でなんとか江戸進軍が止まる。  
 軍勢を止めた吉之助は中村と川路をつれて江戸に入る。旅籠で薩摩藩士と知られて客が去る。代わりに懐かしの幾島様が吉之助に会いに来た。そして、幾島は江戸城まで吉之助を連れて行き、天璋院様に引き合わせるのだった。

|

« 第35 | トップページ | 後書 »

時代劇」カテゴリの記事

コメント

諸葛鳳雛殿、コメント万歳です。
>慶喜が本気で戦っていたらあるいは勝ったかもしれませんね。
 勝てたとしても戦は続くでしょうね。幕末舞台の大河ドラマでは戦をしましょうと幕臣、新選組が進言しますね。

戦略的にも幕府側から進軍したのはまずかった。江戸まで下がったのも慶喜が戦放棄の何よりの証です。箱根と碓井峠に兵を入れないんだから。

>慶喜は大統領みたいな強大な権力をもつ日本のトップに
なりたかったそうです。

 あの時点からでは無理ですね。どう考えても慶喜は逆シャアです。せめて斉彬が生きている間にきちんと神輿になって将軍になればまだチャンスはあった。

投稿: うしつぎ | 2018年9月27日 (木) 06時24分

うしつぎさん、こんばんは。

鳥羽・伏見の戦い勃発。
錦の御旗キター、また岩倉が汚い手を。

慶喜は部下を見捨てて大阪城から勝手に撤退。
おかげで二心ありとみなされ「二心殿」と呼ばれる
ようになりました。

慶喜が本気で戦っていたらあるいは勝ったかも
しれませんね。
幕府は軍隊をフランス式に変えていましたし、
軍艦も何隻ももってましたし。

慶喜は大統領みたいな強大な権力をもつ日本のトップに
なりたかったそうです。
もしかしたら慶喜が初代総理大臣になっていたのかな。

西郷が赤報隊の相楽総三を偽官軍として処刑して
切って捨てた汚点はカットのようですね。

投稿: 諸葛鳳雛 | 2018年9月24日 (月) 20時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504963/67199679

この記事へのトラックバック一覧です: 第36:

» NHK大河ドラマ「西郷どん」第36回「慶喜の首」 [真田のよもやま話]
いきなりだんごで戦の鬼と化してしまった西郷どん!他のブロガー様も仰ってますけど、いきなりすぎてワケワカメ~。慶喜様が日本国を切り売りしようとしてるってお芳さんから聞いた噂話にのみスポットが当たっているからで、ここはむしろ長州薩摩を潰そうとしている慶喜様に対する反発心とかそっちにも目配りがあったらなああって、そんな風に思ってしまう今日この頃の秋の空~。... [続きを読む]

受信: 2018年9月30日 (日) 20時10分

» 西郷どん 第36話「慶喜の首」 [みはいる・BのB]
大河ドラマ『西郷どん』のお時間です。 BSにて鑑賞。 第36回「慶喜の首」 あらすじ・・・・・・・ [続きを読む]

受信: 2018年10月10日 (水) 14時09分

« 第35 | トップページ | 後書 »