« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »

2018年9月

第37

西郷どん

続きを読む "第37"

| | コメント (2) | トラックバック (3)

再版書

国士無双と天下無双の共通点。

どちらも『史記』参照

続きを読む "再版書"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

生涯初の東北旅行で維新は江戸の遺産で出来た貯金崩しと知った。

Photo
o(*^▽^*)o東北の先人達よ、ありがとう。
 
※この文章はココログ広場で管理人がコメントした事をまとめたものです。

続きを読む "生涯初の東北旅行で維新は江戸の遺産で出来た貯金崩しと知った。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

後書

人生を露とたとえた天下人ご両人。

2014年作

 

続きを読む "後書"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

下手なところがあったらもう一度使う。そうすれば必ず立派に成し遂げるだろう。

#574「解放者」
 
 ;:゙;`(゚∀゚)`;:゙感想タイトルはこの日本の名将の言葉がふさわしい。

続きを読む "下手なところがあったらもう一度使う。そうすれば必ず立派に成し遂げるだろう。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

後書

昌平君の凄さ。

会戦を避けたのは凄い。これはおそらく合従軍の唯一成功戦を参考にしたのだろう。斉軍は合従軍相手に会戦を仕掛けて敗北を喫した。

ナポレオン。各個撃破もできるはずだったが、函谷関という要害があるのでその案も捨てたのだ。

被害者と言いだしっぺが一番前線に出る。これは李牧がやるべきものだった。

ワーテルローでのウェリントン軍、合従軍成功戦の軍神・楽毅軍。

春申君が明らかにでしゃばって過失を犯したのだ。

続きを読む "後書"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

後書

(自説)大河ドラマに、歴史ネタアニメに魅入られようとも、歴史を学んだことにはならない。                 

歴史から学ばねばならないこととは…、

続きを読む "後書"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第36

続きを読む "第36"

| | コメント (2) | トラックバック (2)

第35

続きを読む "第35"

| | コメント (2) | トラックバック (2)

再版書

深読み過剰から歴史を語る

遠交近攻について

続きを読む "再版書"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

男は生涯において一事を成せばいい

#573「立ち向かう者」

続きを読む "男は生涯において一事を成せばいい"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

再版書

深読み過剰から歴史を語る  

本当にそういう異名をもらったかどうか知らないが、趙三大天について語る。彼らの経歴をみて最初に思ったことが…、

続きを読む "再版書"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

後書

 なんとか感想記事のレイアウトはうまくいっていた。coldsweats01  嘗てのお馴染みブログ達がほとんど運営を止めているのはツイッターかライン、スマホを選んでいるのであろうか。 
 そんな環境下、うしつぎはココログ広場にちょくちょく書き込んで、ツイッターやラインの楽しみを代わりに味わっているのであった。

続きを読む "後書"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

再版書

遠交近攻は侵略国家には使えない。

イギリスは遠方を重視する。それにより近隣がこちらに目をむけぬように威嚇するためである。

大陸国家は近隣に遊戯を持ちかけることで遠方を威嚇する。それを使って遠方と外交を結び、近隣を威嚇して領土を奪う。

続きを読む "再版書"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

苦境の折こそ己にある真の力がわかるのだ

#572「カタリの仇」

続きを読む "苦境の折こそ己にある真の力がわかるのだ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

前書

( ・∀・)つ旦~~ 漫画(キングダム)とドラマ(西郷どん)の感想は、訳あって来週以降になります。

続きを読む "前書"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

後書

pen2014年に一度アップしたかも。。。shadow同誌昇熱殿、見たことあった??

三国志が悪いわけじゃない。 天下に軍師や名将はあまた多い。 それなのに軍師と言われると諸葛亮ばかりがクローズアップされるだけでは、ちと不憫だろう??

続きを読む "後書"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

後書

日本人は民営化すると馬鹿が増える。どうも外国と違うらしい。

サッカーと戦争理論は何かと相通じるものがあると思われる。

続きを読む "後書"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

外交

2014年記

昌平君の外交

続きを読む "外交"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

後書

大河ドラマの西郷さんがようやく濃い色合いが出てきた様に思う。だがしかし、ナレーション様の西郷役の迫力には遼遠也。 北海道内の停電原因のブラック・アウトは非常時の保険の役をなしていない悪手だ。 既知のブログがほとんどブラック・アウト状態であるのは寂寥著しいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第34

#「将軍慶喜」

続きを読む "第34"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

父親

2014年記

 あの頃は…懐かしい。

続きを読む "父親"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小心な知恵者は全てを把握しようとして勝ちを失う。

#571「挽回の機」

続きを読む "小心な知恵者は全てを把握しようとして勝ちを失う。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

呂不韋の先輩

2014年記

続きを読む "呂不韋の先輩"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

後書

φ(・ω・ ) ブログの整理をしていたら、こんな下書きを見つけたcute

続きを読む "後書"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

古記

キングダムより中華歴史漫画の陣形史を思う 〈深読み過剰から歴史を思う〉

  • 十六法の陣 〈殷周伝説:周:呂尚〉 ※太公望
  • 流動      〈キングダム:趙:李牧〉
  • 八卦の陣   〈三国志:蜀:諸葛亮〉

 

共通点

続きを読む "古記"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

後悔

呂不韋と宮城谷昌光 (絶望編)

呂不韋。 商人から策と金で成り上がり、遂に秦国の相国に登った傑物。

2014年記

続きを読む "後悔"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

希求

呂不韋と宮城谷昌光 (希望編)

漫画や小説において呂不韋の姦淫に触れていないのは、おそらく

宮城谷昌光さんだけだと思う。

続きを読む "希求"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

後書

どうも最後うどん、「西郷どん」に緩さを感じてならん。( ̄◆ ̄;)やっぱ「翔ぶが如く」のイメージは強いわ。。

続きを読む "後書"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第33

#33「糸の誓い」

続きを読む "第33"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

古記

2014年記事

続きを読む "古記"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »