« 後書 | トップページ | 下手なところがあったらもう一度使う。そうすれば必ず立派に成し遂げるだろう。 »

後書

昌平君の凄さ。

会戦を避けたのは凄い。これはおそらく合従軍の唯一成功戦を参考にしたのだろう。斉軍は合従軍相手に会戦を仕掛けて敗北を喫した。

ナポレオン。各個撃破もできるはずだったが、函谷関という要害があるのでその案も捨てたのだ。

被害者と言いだしっぺが一番前線に出る。これは李牧がやるべきものだった。

ワーテルローでのウェリントン軍、合従軍成功戦の軍神・楽毅軍。

春申君が明らかにでしゃばって過失を犯したのだ。

2013年作

|

« 後書 | トップページ | 下手なところがあったらもう一度使う。そうすれば必ず立派に成し遂げるだろう。 »

始皇さらば」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504963/57596655

この記事へのトラックバック一覧です: 後書:

« 後書 | トップページ | 下手なところがあったらもう一度使う。そうすれば必ず立派に成し遂げるだろう。 »